【風属性古戦場特集】古戦場に備えたキャラ編成準備/防御デバフの組み合わせ、重要アビリティ所持キャラまとめ

前回の古戦場特集でもやりました、風有利古戦場特集のキャラ編成編をお届け!

土属性とは違い防御デバフ、マウント、クリアなどについてはかなり選択肢の少ない風属性キャラですが、バフの兼ね合い、敵の特殊行動次第で編成に悩みそうな要素はたくさん。

現状の手持ちで作れる編成、敵の行動次第での編成などチャートの準備をちゃんとする作業にお役に立てれば幸い。

◆風属性装備の入手方、装備編成の基本の考え方はこちらで

関連記事:【風属性古戦場特集】目指せ風有利古戦場!メインはやっぱりティア銃本数か、マグナ編成をメインに風装備完成までの道のりを考えてみた


■風古戦場、キャラ編成準備

・防御デバフ準備編

・代表的な一芸班まとめ

・背水、オメガ武器武器など特定条件の編成事情


■防御デバフ準備編

●風属性の防御デバフまとめ

※Rキャラは割愛

※リミリーシャの弱体号令は、片面でも両面とも異なる別枠。


●防御デバフのおさらい

◆デバフ枠について

大きく分けてアビ片面枠/アビ両面枠/アビ属性枠/アビ累積枠/奥義枠/召喚枠が存在

デバフ枠が違えばそれぞれ効果は加算されていきます。

例:片面15%+両面25%=40%

※片面枠、両面枠についてのうんちく

昔のデバフの種類が少なかったころはアマブレ=片面、ミスト=両面とわかりやすかった事から、ユーザー間で便宜上つけられたのが名前の由来。

その後どんどんデバフが増えたり、最終上限解放をはじめとした調整でアビリティに追加効果が増えたりした結果

現在では「攻撃&防御デバフ効果を持つアビリティ」だが、効果枠は「片面+片面」といった由来を知らないと意味不明なキャラも中には存在します(代表例:ヴィーラ)

公式名称がなかったり、ユーザー間で定着しちゃったことから、ややこしい部分があるのはわかっちゃいるが未だに使われているというのが現状。

由来はともかくそういうデバフの区分があるとわかってもらえればOK。

◆デバフ下限について

合計で50%が最大

※例外的に最終カトルのみ下限突破可能(喪失効果)


◆同枠アビリティを使用した際の処理

・効果が高いもので上書き

・同値の場合は相互上書き

※一部例外的な存在もあり

主な例外:主人公の奥義効果はデバフ効果量に関わらず、他のキャラクターの奥義効果で必ず上書きされる。(三寅斧など)


◆防御デバフ下限の組み合わせ例

基本主人公で打つしかないじゃない!

土パでは強力なデバフを持つマキラや同じく開幕から打ちやすいテスカトリポカという召喚石が存在したことから選択肢はいくつかあったのですが風ではあまり選択肢はなし。

防御デバフを2つのアビリティ(2人まで)で担当しようとすると下限に持っていけるのはエリュシオンかベルセルク。

ここに「安定して」という前提を加えるとベルセルクの場合はカルメリーナの3アビなど、デバフ成功率も考慮する必要が出て来る。

◆基本は45%運用?

下限にこだわらず-45%運用なら、キャラに担当してもらえるケースも増えてくる。

ただし唯一片面25%が打てるセレフィラさんはかなり古いイベントSR。SSRフィーナちゃんは肝心の効果時間が60秒と制約も強い。

ジークフリート(浴衣)なら属性20%、効果時間180秒と、代役の中では一番安定しそうではある。

ただしジークさんも属性デバフの基礎成功率がそこまで高くはなさそう。奥義効果で2連発しちゃう特性については2回入る抽選チャンスがあるとポジティブにも取れるが、後半になるつれ累積のデバフ耐性があっという間に上がって入りにくくなるといった問題点も抱えている。


◆問題は成功率よ

効果値だけで見るともうベルセでいいじゃないって気にもなったりしますが、ここにさらに防御デバフ成功率を考慮にいれると話がさらにややこしくなる、逃げたい。

アマブレ(Ⅱ)の成功率は80%、セレフィラも80%(LB込で90%)といった具合で不安定。

カオスルーダー(ダクフェ)、エリュシオンジョブでない場合はデバフの安定性も考慮する必要が出てくる。


◆ニオたそ出番よ!

防御デバフという事で開幕時だけに限ると

・ニオのサポートアビリティで味方全体のアビリティ命中確率UP(+10%)

・アンチラ3アビで命中確率UP(1T目は+5%)

・カルメリーナの3アビで敵の弱体体制ダウン(15%)

などの方法でデバフの成功率を上げる事が可能。なお確実に入るとは言ってない。

他にもロゼッタ、コルワも中盤以降になればあるのですが、こちらはエンジン温まるまで時間がかかるのがネック。ただしHELL95以降など、エンジン温まるまではある程度火力無視してすっ飛ばすなどの検討の余地はありそう。


◆弱体成功率について詳しく知りたい人は

ポキールさんがTwitterで公開されておられる、グラブル弱体耐性効果量一覧のスプレッドシートが非常に参考になります。

100%入る状態を調べてみたい!といった細かい前提を知りたい人は必見の内容となっております。

※風キャラデバフの成功率詳細が登場

風属性の詳細版を書いてくださってました。やったぜ。

90%のデバフもニオたそがいれば100%!(敵のデバフ耐性が0なら)やったぜニオたそ役割あったよ!


◆長期戦なら召喚効果も

風属性でいい感じに防御デバフに使える石こそ存在しないが召喚石のデバフ次第はかなり入りやすい分類。

弱点属性でないリヴァマグ石、オーディン、テスカトリポカなどの防御デバフ効果のある石を積んで行くことで長期戦でも防御デバフを入れる事は可能にはなる。


●敵の行動対策準備編

◆今回もHELLボスの情報は不明

今回の古戦場で新HELLボスが追加されてから全属性が一巡しましたが、前回のHELLボスとして登場した「ゴライアス」くんはクビが宣告済み。

古戦場予告ページに新HELLボスモンスターとして「パイア・ソー」のシルエットが登場。「鳥型」モンスターであることだけが判明しています。

鳥型、ロック鳥、フロントふっ飛ばし・・・と嫌な記憶が蘇りそうな鳥型モンスター。

そして古戦場直前に最終上限解放が実装されたレナさんに2つ目のクリア効果が追加。

という事で、ふっ飛ばしといった何かわからないけど嫌らしい事してくるんじゃなかろうか、デバフも打ってくるんじゃなかろうかという予想も多い。実際怖い。


⬛代表的な一芸班まとめ

◆マウント班

・リーシャ(リミテッドSSR)

・アポロン(SSR/召喚石/4凸)

ぜんぜんいません。

リーシャは回復号令Lv5でマウント効果の他にも、強化号令Lv5で2ターンの疑似マウントも可能(ジャスミン風)

ただしリーシャの号令発動にはキャラ編成を号令用に組む必要もあり、簡単に打てるかと言ったら打てないハズ(※持ってません)

弱体耐性まで広げるとロゼッタ(リミテッドSSR)の薔薇の結界にもついてたりはする(LV5時=30%)、つまり賢者と合わせて80%だ。

仮に主人公にマウントが必要になる場合は前述してきたデバフの枠問題、成功率の問題がダブルでのしかかって来る。クソみたいな戦いはごめんだぜ!(ウリエル談)


◆クリア班

 +

・リーシャ(リミテッドSSR)

・レナ(SSR)

・クリスティーナ(SSR)

・柏木翼(SR)

・バアル(SSR/召喚石)

クリアが必須なボスになったらもうレナさん入れたらいいじゃない。


◆行動阻害班

・ニオ(SSR/十天衆/未解放/最終):昏睡、魅了(奥義)

・メーテラ(SSR):魅了

・アンリエット(SSR):睡眠(※奥義時)

SRは多数いるので割愛。

昏睡効果は確率で継続する睡眠効果といった効果。

マルチならみんなが殴ってあっという間に解除されるが、ソロなら運がいいとボコすか一方的に殴り続けられる。耐性がなければ。

アンリエットの奥義効果は後ろのキャラの行動や、もしくはチェインバーストが発生するとそのダメージで起こしてしまう事に注意が必要、狙っていれるものでもないが。


◆ディスペル班

  

・リーシャ(リミテッドSSR)※奥義効果

・サジ槍(奥義効果)

・ゼピュロス(SSR/召喚石)

無機物とリア充に頼るしか無いのか・・・(※追記 リーシャの奥義がありました)

主人公に入れる必要がある場合は・・(以下略)


●盾要員

◆カット班

・ガウェイン(SSR) 70%(最終上限解放時)

・シャルロッテ(SR) 40%

・柏木翼(SR) 20%※土属性カット

高倍率全体カットになるともうガウェインさん一択、最終上限解放の強化で5ターン/70%とかちょっとおかしい性能になってたりする。

シャルロッテもイベントSRにしてはも十分使える性能、剣も得意。

柏木君はとにかく便利だが、配布時期が古いのがネック。


◆かばう班

 

・ユイシス(SSR)

・セン(SR/クリスマス)

・ファラ(SR)

・ヘイゼン(SR)

全体多段攻撃はEX+の名物特殊攻撃なので、撃破がギリギリな戦力層の人にとっては心強い味方に。

ユイシスちゃんは70%のカット効果もあり。


◆ポンバ班

・メリッサベル(SSR)

メリッサベルだけ!という事で否AT時の開幕奥義は相当厳しい。

一応斧アプサラス/ルリア/メリッサベル/アンリエットといった超限られた編成で打つだけなら可能。(古戦場での)実用性はちょっとなさそう。

逆にAT中であればシエテさん効果をはじめとして、装備を極めた人ならかなりの高火力は出せそうというフォローも。


●大乱闘風のバッファー班

◆攻撃UP&連続攻撃バフが可能

・ロゼッタ(リミテッドSSR)

・ニオ(SSR/十天衆/未解放)

・ニオ(SSR/十天衆/最終)

・コルワ(SSR)

・コルワ(水着)(SSR)

・アンチラ(SSR)


◆連続攻撃バフなし

・リーシャ(リミテッドSSR)

・ペトラ(SSR)

・アンリエット(SSR)

ミッドフィルダーだらけの日本代表かよ!といいたくなるほどバッファーなら余り余るほどいるのが風属性。

個々の評価を書いてると朝でかかりそうなので、編成の組み合わせに絞ってちょっとだけ


◆鍵を握るのは敵の特殊行動

コルワエンジン、ロゼッタエンジンと言われることがあるようにバフ発動に準備がかかるキャラも多い。

そんな関係もあり、ディスペル効果がある特殊行動をしてくる場合は非常に相性がよろしくない。ただしHPトリガー発動であれば対策が出来る可能性もあるので、敵の行動情報把握も重要になる。


◆組み合わせの際の注意点

別にバッファー枠は1人と決まったわけでもなく、アンチラxコルワなどは一時期はテンプレPTの代表格になっていたほど。ただしバフの種類としては攻撃バフ、属性バフといった効果の種類の他、デバフと同じように通常枠、特殊強化枠、完全独自枠といった枠の種類も存在。

また、キャラの特性で相性の悪い組み合わせも存在する。

★主な相性の悪い組み合わせ

・ロゼッタxコルワ

・ロゼッタorコルワxニオ

ロゼッタ、コルワの組み合わせは双方ダメージ被弾が重要だが敵対心を食い合ってしまう、ニオに関しては行動阻害のアビリティが裏目に出てしまうといった感じ。


◆全く別の手段が出て来る可能性もある

ロゼッタxコルワは相性が悪いと書いたばかりですがロゼッタがLB効果で結界展開が簡単になったこと、無垢/オメガ武器やル・フェイといった新武器で装備で連続攻撃が期待出来るようになってきたことから、これまでのバッファーの常識は変わる可能性もある。

コルワを1アビ運用だけにする事で維持を簡単にして、連撃は他で稼ぐといった組み合わせは出てくる可能性は残ってる。それ水着コルワでいいんじゃねとか言わない。


◆コルワさんのお供

風属性では効果延長が難しいと言われるコルワさん。連続攻撃手段に乏しく、奥義ゲージも稼ぎにくいというのが主な理由。

延長には殴ってもらってフィルを稼いで、奥義ゲージも稼いで奥義を打つ必要があるが、普通に戦う場合は2回目の延長は厳しい事が多い。

・ブルーオービット

3凸で奥義ゲージ+20の性能。2016-2017年の年始年末イベントの報酬SSR召喚石。倉庫に眠ってたら掘り返してこよう。

・アップリフト

カオスルーダーのリミットアビリティ。

高揚効果は3ターンの間、ターン終了時に奥義ゲージ+20%。

・バニッシュ

こちらはアサシンのEXアビリティ自分の敵対心をなすりつけが可能。ちょっと殴られてきて。

・シエテさん

3アビは使用間隔的には一発芸だが、敵対心ダウンのLBも持っている。相対的に周りが殴られやすくなる点でコルワさん被弾が期待できる。


⬛背水、オメガ武器武器など特定条件の編成事情

●背水編成

・他心陣(主人公)

・メリッサベル(SSR)

・スカーサハ(SSR)

・ミムルメモル&切り株(SR)※オーバーヒート(毎ターンスリップダメージ)

背水運用が多い風属性なので、HPを減らせるアビリティは貴重。ここミムメモ要素。

★古戦場名物ゾンビアタック

蘇生薬の効果はHP25%での蘇生。

背水で低HP維持して戦うのが難しい?逆に考えるだ。死んじゃってもいいさと


●オメガウェポン編成

前回はまだまだ所持者の少なかった無垢/オメガ武器ですが、今回からはオメガも含めて運用を開始する人も増えてきそうな感じです。

簡単に染められるのはやはり大正義剣。風に限ると他には杖が対抗馬か。

ニッチな所ではニオ軸の琴編成、スカーサハ軸の拳編成(SRに拳得意が多い)もあるにはある。愛さえあれば。

◆無垢/オメガの作成制限について

・無垢武器の作成に必要な「オメガの器」はアルバハN、アルバハHLの初回自発報酬としてそれぞれ1個ずつ入手が可能=現状は1人2本までが所持上限

・武器をエレメント化する事で、オメガの器が返却されるので作り直しは可能

・ガフスキー/ガフスキーΩは上書きで差し替えが可能

といった感じで、追加スキル部分は気に入らなければ後から差し替えが可能、ガフスキーΩの方は周回勢は状況に応じて差し替えも出来そうな感じ。

ただし属性や武器種を変えたい場合は作り直しが必要。

オメガウェポンの作成には武器と属性エレメントがそれぞれ500個、プシュケー30個などかなり重い事から作り直しについては容易ではなく、それなりに覚悟は必要。

汎用性も大事ですが、属性で迷った時は愛着で決めた方が後々後悔しないと思います。相談したきゃmimumedonおいで(宣伝)


◆ティアマグxティアマグ編成と属性バフの可能性

実質スカーサハ様ダイマになりそうな項目。

ティア銃の背水スキルは方陣スキルなので、低HP状況下なら属性xマグナを上回る可能性もあるティアマグxティアマグ編成

属性石がアナトであれば、HP70%付近でマグナx2編成が上回る。シャインホークガルラ、セト編成相手ならHP20%付近に行くまでは追いつけない。

ここに大きな変化をもたらせるのが「属性バフ」

バフ効果は召喚石の加護効果の種類で相性の良し悪しが大きいが、マグナxマグナ編成の場合は属性バフの恩恵が大きい。

属性バフを打てる手段としては

・スカーサハ1アビ

・風カーバンクル召喚

・バイヴカハ召喚

などがある。

特に4凸バイヴカハは風属性なら開幕から召喚も可能という事もあり短期戦であれば机上の空論でなく実用出来そうな気はしてる。なおどっちも持ってません。

メイン装備する必要あるから机上の空論でした。