【グラブル】シナリオイベの作成の裏側に存在する膨大な設定をまとめたマスターファイル/年内にさらなるマルチが追加される計画も?【インタビュー翻訳】

AnimeExpo2019派生の海外での木村P、福原Dに対するインタビュー翻訳回。

今回の記事はTwitterの海外グラブル勢では有名なGranblue_ENさんによるものとなっています。日頃のTweetからかなり熱心なファンであることは伺えるお方なのですが、質問についても非常に鋭い質問が連発。KMR、FKHRも結構突っ込んだ内容の回答をしており、非常に充実した内容となっておりました。

それだけに微妙なニュアンスが多く私の処理限界能力を超えていたので、分割してお届け。

引用元:Granblue_EN

シナリオイベントが出来るまで

Writing and Planning Granblue Fantasy

KMR and FKHR enjoying themselves at Cygames’ booth on the Anime Expo floor
Granblue_en: Fukuhara-san, you’ve talked about the inner workings of the Granblue Fantasy writer’s room before, with pitch competitions for “What Makes the Sky Blue” and other events. How does the writer’s room normally divide work, from fate episodes to events?

FKHR: The plots and the concepts are mine, but we have multiple writers to keep up with the game’s monthly release schedule. We do have chief writers for certain events that are part of a series, but most of the time, we work in a rotation. I write the plot outline, assign it to a writer, and most story events are done by that single writer.

★シナリオイベントが出来るまでの流れを教えてくださいといった質問に対する回答(概要)

・シナリオイベントの大まかなプロットは福原Dが作成

・複数人いるライターチームに割り当てられて執筆される

・一部のシリーズ物のイベントにはチーフライター(専属の担当?)が存在、それ以外は基本的にはローテーションで担当

・基本的に一つのイベントはそのイベントを担当をするライターさんが一人で書き上げている

グラブルのシナリオは複数人のライターチームによるものなのは周知の事実でしたが、基本的に1つのイベントは1人のライターさんで書いているという事で、「このイベントはさてはあのイベント書いたライターさんだな!」といった感想があがるのはあながち間違いでもなかったというになるでしょうか。

膨大なキャラクター、設定をまとめたマスターファイルが存在する

Granblue_en: How big is your lore bible? How do you track the connections between several hundred characters, their variations, and even their summon versions?

FKHR: We keep a master file, which anyone can open and use to grasp the characters and their relationships. Every time anything changes, we update it.

数百人に及ぶキャラクター間のつながり、キャラ毎のバリエーション(最終エピの時系列などか?)、星晶獣などの設定をどの様に把握、共有しているのか?といった質問

★回答部分の概要

・マスターファイル(原文ママ)を保管している

・スタッフは誰でも閲覧、確認が可能

・何かが変更される度に都度都度更新されている

裏死海文書的なロマンのあるファイルですこと。

ミムルメモルの上着をプレゼントしてくれた謎の団員さんの名前も書いてあるのかしら、とても見てみたい。

コンテンツの準備期間、どうして夏はサメなのか

Granblue_en: How far in advance is the content schedule for the game planned? Has fan feedback ever affected that schedule?

FKHR: We plan the game’s event schedule out roughly six months ahead. At the bare minimum, we have to have things planned three months out or we won’t be able to develop everything in time. I don’t think there have been many cases where fan feedback changed that.

The event that broke the schedule

The best example would be the fourth anniversary event, “Paradise Lost”. The fan response was so overwhelmingly positive that we extended the run for the event, which then meant that it was running at the same time as Xeno Corow Clash and Rise of the Beasts. We had to change how the raid backup request system worked on short notice, straining our development resources to support simultaneous events. That’s the kind of strain it puts on our team to change the schedule on short notice, so we try to avoid working on anything without at least 3-4 months of lead time.

Granblue_en: We have to know: why did you decide on sharks as the theme for this year’s summer event?

FKHR: Every summer, we run a seasonal story event, but the stories started falling into a predictable pattern. The main difference from year to year was an increasing number of characters. It’s not a bad thing in and of itself, but this year, we wanted to shake things up and challenge ourselves. When we were thinking of beach-themed enemies to fight, my love of shark movies came up, and so we decided on the shark story.

★質問概要

・ゲームのコンテンツはどのくらい前から計画してるの?

・ユーザーからの意見がスケジュールに影響を与えた事はある?

★回答概要

・基本はおおよそ6ヶ月前から準備、最低でも3ヶ月

・長いスパンでやってるから、ユーザーからの意見で影響が合ったケースはそんなに多くないが、影響があった一番の例は失楽園のイベント期間延長。大変だった(意訳)

★どうして夏はサメなのか

・季節イベがだいぶマンネリ化しはじめて、お約束ごとが増えてきていた

・その事自体はそこまで悪くはないんだけど今年は挑戦したいと思った

・サメ映画とか大好きだから

昨年、今年のディレクターレターで書いていた内容と大体共通する感じのものでもありますなぁ。

半年~年間といった長いスパンでの計画というのは、この後の部分でも出てくるお話でもあります。

コラボイベント関連、復刻の可能性とコラボが決まるまで

Granblue_en: How many older collab events, such as Slayers and Cinderella Girls, are you planning to add to Side Stories? Do they require the approval of the rights holder to be in Side Stories?

Kimura Yuito (KMR): We do require approval from the rights holder, so we have to go to each rights holder individually and make the request. We’ll put in all the collabs we get approval for.

★コラボ復刻の可能性についての質問

・スレイヤーズやデレマスコラボといった古いコラボイベのサイド復活の可能性は?

・やっぱりコラボ元の許可が必要ですか?

★回答概要(KMR)

・許可は必要。やりたい場合はコラボ元に個別にいって許可を取りに行く必要がある。

・承認が貰えたものがサイドに追加されていく

※補足

・・・とはいうものの、シャドバとかプリコネの許可はKMRが申請してKMRが許可してるみたいなもの。

ラブライブはコラボ決定時にもうサイド入りまで既定路線だった可能性もある。

テイルズはちょうど向こうさんのイベントがあって…という事もあるのでタイミングとかも重要かもしれない。


Granblue_en: How do you choose which brands and franchises to run crossover events with?

KMR: The whole team has input on collab events. Some come from suggestions, like a member of the team saying “this would be a good fit”, or the producer’s and director’s suggestions. Sometimes they come about because the other party wants to time the event to promote a big release, or sometimes it just comes from the thought “you know what, this character would be really cool to have in Granblue Fantasy.”

Granblue_en: Is it customary for Cygames to approach the other party, or vice versa?

KMR: It goes both ways, but I feel like Cygames approaches the other party more often than not.

★コラボイベントが決まるまで

・コラボイベント先はどういう形で決まるの?

・コラボは持ちかけるのと持ちかけられるのとどっちが多いの?

★回答概要

・チーム全員で意見を出し合ってる。メンバーの誰かによるプッシュもあったり、中にはDやPの提案もある。

・コラボのお相手がイベントや映画などを予定していて、宣伝での提案もある(すごく真っ当なコラボ)

・グランブルーファンタジーではこのキャラクターが本当にクールだと思うという理由で決まる事もある

・コラボの提案は両方向あるけど、持ちかける側が多い

今後のアプデ予定、新たなマルチバトルの追加予定あり

Granblue_en: You spent the early part of 2019 adding endgame content, from Akasha and the Four Primarchs to the Dark Rapture raid. Are there plans for more content for advanced players in 2019?

KMR: If you had to give it a label, I would say the things we have planned are high level, but not endgame-level.

Q:今年のアプデはここまでアーカーシャ、マリス、ダーク・ラプチャーとエンドコンテンツの追加が多かったですが、年内にさらなる上級者向けコンテンツ追加の予定はありますか?

A(KMR):計画しているのは「ハイレベル」ではあるが「終盤レベルではない」※直訳


Granblue_en: Do you have any examples?

FKHR: Hmm… I wonder how much I can say. Our current raids have definite tiers or categories that you can place them into, and we plan on making more tools for players to get past their content blocks and progress to the next level. For example, we’re going to be adding more weapons to the game [like the new Rise of the Beasts Omega weapons this July]. While we are planning on adding new raids, I don’t know if we’ll be able to implement them before the end of the year.

Q:例えるとどういう・・・?

A(福原):うーん、どこまで言っていいのかな…

今のマルチバトルは明確に難易度・カテゴリー(ドロップ武器という意味で)が分かれています。

そして私達は、プレイヤーが今挑戦しているレべルを卒業して、次のレベルに進むためにもっと手段を増やそうと考えています

例えば、その為の新しい武器を追加する予定です(今回の四象降臨で追加された四象方陣武器もその内の1つ)

新しい武器の為の新しいマルチバトルも追加する計画がありますが、年末までに間に合うかどうかはわかりません。


Q:新規ユーザーのニーズを理解するために何をやってますか?

Granblue_en: Kimura-san, you’ve said before that you play the game in order to understand the needs and bottlenecks of the player in events like Unite and Fight. What’s your process for understanding the needs of the new player, in terms of tutorials, onboarding, and other functions?

KMR: Every once in a while, I start a new account and go through the beginning of the game again to get a feel for the process. We talk to new users and take their feedback into consideration when trying to improve the experience, and we also collect in-game data to find out where large numbers of users have become stuck or stopped playing.

★回答の概要

・時々自分で新しいアカウントを作って、感覚をつかむためにゲームの最序盤部分をプレイしてるよ

・新規ユーザーと直接話し合って、彼らのフィードバックも考慮に入れてる。

・ゲーム内のデータから多くのユーザーが詰まった箇所、ゲームをやめてしまったかを調査しているよ

P復帰時にも3年前にスタートしたプレイヤーと、最近の新規プレイヤーの体験は同じものではなくなってるので、そこをしっかりとフォローしたいといっていたKMRですが、現在もそこら辺は特に気をつけてる模様。

体験が同じものではなくなっているというのは本当によくわかる、アドバイスしようにももう道の形が変わりすぎてるんですよね。

そんなわけで今のユーザーの体験を共有したい人はRTAがオススメです。

古戦場に対するKMRのビジョン

Granblue_en: Going back to Unite and Fight, it keeps changing each time it runs. What’s your vision for the ideal Unite and Fight?

KMR: I don’t think it will end up being too different from how it is now. I want it to be an event that rewards you appropriately for the effort you put into it, and gives everyone from new players to top players a concrete goal to work toward. I don’t think there’s an ideal vision for it, either. I think the definition of what makes the best event in an online game like ours is a constantly moving target. As a team, we have to keep making adjustments so that the largest cluster of players can enjoy themselves, rather than trying to measure how much time it takes for a player to achieve a certain goal.

Q:古戦場は開催の度に変更を加えていますが、理想的な古戦場についてのビジョンはどの様なものでしょうか

A(KMR):今の形からそう大きく変わるものではないとは思っています。

プレイヤーの努力に見合った報酬があり、新規層からトップ層まで、それぞれに具体的な目標となるようなイベントにしたいです。

この様なオンライゲームでは「一番良い形」というのは定形ではなく動き続けるものだと思います。

チームとして、特定の目標達成にどれぐらい時間がかかったかを測るよりも、プレイヤーの大半が楽しめるよう調整を続ける必要があります。

※最後の部分はニュアンス難しくて特に自信ないです…

「騎空団」用のコンテンツについて

Granblue_en: Are there any plans for crew-only content, like old interviews suggested Defense Order could have become?

KMR: Not in particular. In Defense Order’s case specifically, we’re still trying out ideas that would make it different from what we can do in Arcarum.

Q:以前の発表でDOの案(※)として出ていたような、団員専用のコンテンツ追加の計画はありますか?

※補足 団員専用イベントとしてのDO
DOの終了後、春田Pが騎空団内で遊べるコンテンツとしての作り直し計画を発表→P交代により企画は白紙化

A(KMR):特にないよ。ただ、DOに似たコンテンツ(いわゆる大規模レイドバトル)を、アーカルム等とは違ったスタイルで出せるように、取り組み自体は続けているよ。

Q:サメイベントで騎空団ランキングがありましたがああいうのは?

A(FKHR):ああいうのはもっとやりたいです。

団員同士で話すきっかけ作りって試みだったんだけど、かなり上手くいったと思ってる。そういう感じで将来的にも作って行きたい。

Q:視覚障害(色弱も含めた)プレイヤーへの配慮について、グラブル内のUIは画像ベースのものが大半でスクリーンリーダー(読み上げ機能)が使えないが、将来的な開発計画に考慮するべきものでしょうか?

Q:もちろん、彼らもゲームをプレイ出来るようにしたい。問題がある部分についてはもっと話をしたり、何が出来るかを知りたい(要望たくさん送って欲しい的なニュアンスだと思います)

●インタビューはまだまだ続くんじゃよ!

この後も

・1つのキャラクターが登場するまでのプロセスのお話

・ネズミ神将の話

・グラブルグローバル化のお話

・グラブルVSのお話

・バレンタインCPでキャットフードの注文は3万件あったお話

などなどなどなど、かなり見どころのある記事となっておりますので興味ある人は原文も是非是非。

続きは鋭意作成しながら協力募集中です。