【風属性古戦場特集】目指せ風有利古戦場!メインはやっぱりティア銃本数か、マグナ編成をメインに風装備完成までの道のりを考えてみた

前回の土古戦場特集に引き続き、今回も9月下旬より開催予定の風属性有利古戦場の装備編成特集をお届け!

風属性のマグナ編成はティア銃染めというのが長らく安定しているので、今回はティア銃が何本必要になるか?を中心にお届け。各種編成例とそれぞれのティア銃必要本数を中心に、風パの編成例を考えていきます。ゼピュロス編成については現状出来る編成案の紹介をちょこっとだけ。


●2017年9月開催古戦場情報

【開催期間】9月22日(金)19:00~9月29日(金)23:59

【イベント属性】土属性ボス/風属性有利古戦場

◆変更点、特記事項

予選枠が13000位まで拡大、Bクラス、Cクラスの本戦通過ラインが変更に

属性一巡に伴い、難易度HELLに新たなボスが登場

その他変更点はこれグラ9月号にて告知が出ています

関連記事:【グラブル】これグラ9月号が登場!コラボは新たに骨喰藤四郎の登場が発表!古戦場は新HELLボスが登場!


●コラボイベント期間がまるまる半額期間に!

【イベント開催期間】

実施期間:9月9日(土)17:00 ~ 9月21日(木)20:59

イベントストーリー後編は9月14日(木)より解禁

【全体開催期間】
2017年9月9日(土)5:00 ~ 2017年9月22日(金)16:59

【半額CP関連開催期間】

開催期間:2017年9月9日(土)17:00 ~ 2017年9月22日(金)16:59

※マグナの消費APは調整されてさらにお得に!

関連記事:【グラブル】一部マルチの消費AP&BPが調整、新召喚石マルチBPが5→3/マグナはAP50→30/マグナHLは80→50に!


⬛風属性装備編成目次

●マグナ編成編

まずはティア銃VSティア拳をおさらい

HP75%ラインの各種編成比較

大まかなマグナ武器の目安まとめ

マグナ武器の4凸について

風のプシュケーの集めどころ

エレメント化問題まとめ

●ゼピュロス編成編

ゼピュロス編成の紹介

※前提

掲載している画像については、「グラブル装備シミュレータ様」をお借りして作成しています。

各装備編成例で採用する召喚石についてはマグナ100%(ティアマグ石)x属性80%(アナト)で想定して計算しています。

参考サイト:グラブル装備シミュレータ


●まずはティア銃VSティア拳をおさらい

まずはマグナ武器の中でも壊れ武器として有名な「ティアマトボルト・マグナ」(通称ティア銃)について軽くおさらい。

方陣攻刃(中)+方陣背水(小)と全てのマグナ武器の中でも破格のスキル構成。

この武器の影響が大きいために風マグナ編成では基本的にHPが減った状態を考慮した「背水編成」での考え方がベースになってきます。


◆ティア拳染め(HP100%時点)

◆ティア銃染め(HP100%時点)

◆ティア銃染め(HP87%時点)

ティア銃の攻撃力の高さも相まって、上記編成の場合はHP87%の時点でティア銃編成が上回ります(採用するティア銃の本数、召喚石などでひっくり返るラインについては変動あり)

このような事情もあるので、ひとまず編成例としてはHPは75%の想定にして、ティア銃の本数をメインに比較してみます。


●HP75%ラインの各種編成比較

まずは前回の土古戦場の際にも紹介したベースとなるマグナ編成のテンプレ表、今回も一応この表をベースとして考えていきます。

◆テンプレ通り

◆通常攻刃枠→ティア銃に差し替え

テンプレ通りに紹介するとはいったものの、見ての通りティア銃の背水効果が大きく、風パではメイン装備以外の通常攻刃武器が入りにくくなっています。

古戦場バフや追加スキル(主に青龍邪)次第では攻撃力以上に優先される可能性はあるが、基本的にはティア銃増やした方が攻撃力は上がりやすい。また四天刃以外を装備するエリュシオン、槍装備ジョブでは、メイン武器がEX枠かどうかで通常攻刃枠を採用するかは考慮が必要になります。

※青竜牙矛に追加できるスキル比較

「王」=技巧(クリティカル中)

「覇」=自分のHPが半分以下の場合に風属性追撃効果/主人公、メイン装備時のみ

「邪」=ダメージ上限上昇(7%)

古戦場バフを含めて通常ダメージが減衰ラインまで届く場合は邪スキルを目的に入れる可能性は残っている。王スキル目的は加護的にはちょっと微妙。


◆ゼノサジ槍2本目はHP70%程度までリード

この辺も本数次第ではあるが、HP70%程度まではゼノサジ槍2本編成がリードする傾向。


◆ティア銃染めコスモス銃編成

一昔はティア銃コスモス染めは流行していましたが、天司武器やゼノ武器で、染められる本数が減って来たこともありそこまで恩恵は感じなくなってきている。一応ティア銃をサボれるという点では考慮に入れてもいい気はするが、バハ銃の作成の手間、キャラ編成の制約などがかなり厳しくもなる。コスモス武器の恩恵を受けたいならまだしも、戦力的にはピニャ扇突っ込んだ方が楽。


◆無垢/オメガ武器編成

※無垢スキルの攻撃力アップは計算機上では適用されていません。

無垢/オメガ武器の第一スキルは得意武器の縛りを受ける事から、PT編成から考えることが重要になる。無垢武器の場合はDA/TAアップがメインになる事から、得意武器剣キャラの編成人数によって、攻撃力だけではなく「ターンの平均期待ダメージ」を計算する必要が出て来る。

こちらについてはちょっと入力が高度になりますが、DPS計算も出来る元カレ計算機様で個々にチェックして、どうぞ。

※参考サイト:元カレ計算機(グラブル攻撃力計算機)

オメガ武器の場合はガフスキーα(殴りダメージ上限10%UP)、ガフスキーβ(アビリティダメージ上限+50%UP)といった第二スキルに大きな恩恵があるので、こちらについてはもうオメガ武器ありきというか、こっちの方を軸にして考え始めた方がよろしい。


●大まかなマグナ武器の目安まとめ

◆ティア銃の必要本数

無垢/オメガ、コスモス採用を含めると最低は5本からか、無垢武器の採用の可否や、手持ちの武器次第では6本あると融通は効く。

◆ゼノサジ槍が2本に入るかどうか

HP70%が大体のライン。HP70%↑以上の編成なら2本入ってくる。

◆HPの想定ラインは敵とキャラ編成も重要

ここまでHP75%での想定で見てきたが、風パでHP調整が出来るのは主人公他心陣の他は、メリッサベル、スカーサハなど非常に限られているのが現状。

ボスの行動は新HELLが来るという事で未知数。仮に前回のゴラアイアスのような単体攻撃がメインの敵の場合、ロゼッタ運用、シエテ運用といった攻撃のターゲットが偏る編成ではHPが全く減らなくて困ると行った事情も出てくる可能性はある。といった感じに背水がメインなのに、風属性でHP調整というのは非常に難しい問題だったりする。

スカーサハとメリッサベルがおらん人はワイと一緒に悶ましょう。

◆3凸勢の装備の埋め方について

無凸銃で埋めるよりかは、3凸ティア拳使ったほうがもちろん強い。


※ちょっと古いイベント武器ですがEX枠の西風の竪琴がある場合の編成。

まだマグナ武器3凸が染め終わってない時点での目標ですが、この場合は背水の恩恵を一先ず忘れて、各スキル枠を埋めていく感じでOK。

EX武器もマグナ3凸との比較であれば3凸状態で3本程度までは妥協で入れられそうな感じ。ティア銃が足りない分はティア拳、もしくはぴにゃ3凸でカバーは可能。ティア拳とEX武器をどこまで使うかは個人差ありますが、最終的にバハ武器強化などにも突っ込めると考えれスキル10近くまで育ててもOK。

とりあえず半額期間という事もあるので、一先ず銃5本集まるまでは突っ走ってOK。


◆ル・フェイの存在

今回は装備編成例からばっさりカットされてしまった、新ハイグレード武器「ル・フェイ」(バイブカハ新武器)

マグナ編成に入ってこない理由としては、三手スキルに対して召喚石の加護の効果が大きく影響している事が挙げられます。この辺はガンバンテイン実装時にちょこっと書いた補足が役に立つかもしれない

参考:【グラブル】ガンバンテインが最終上限解放!追加スキルは三手(小)/オメガ武器軸ならゼウスマンは2本から楽しめそうな感じ


●マグナ武器の4凸について

●ティア銃最終上限解放素材まとめ

4凸には、対応属性のマグナHLを自発クリアする必要あり(ティアマグHL)

ティア銃が足りなきゃティア拳を作ればいいじゃない、言うのは簡単だがマグナ武器の4凸にはかなりのトレジャーが必要。

~の輝きのティアマグHLは栄誉稼ぎがしやすい事から18人HLの中でも一番人気で、時期を問わず非常に参戦しやすい。必要個数は多いものの、難易度としてはかなり簡単な分類だろう。

問題になりそうなのはやはりプシュケー、エレメントがネックになってくる。


●風のプシュケーの集めどころ

風のプシュケーは基本的に6人HLからのドロップが主体。現在、風の6人HLはナタクHL/バイヴカハHLの2択。

各属性6人HLは、鞄武器が実装された関係でかなり高級鞄HLに人気が移ってしまっておりかつバイヴカハは高級鞄HLでもかなり難易度が高め。マグナ武器4凸勢が気軽に参加する分には敷居がかなり高くなってしまっている。

が、敷居が高くなってしまっているのがかえって幸いしたか、時期的な後押しもあるのか、ロビーではナタクHLの募集がそこそこの頻度で出ています。ナタクHLはかつては6人HLの登竜門とも言われた存在で、HP50%の特殊行動(通称縄跳び)だけ気をつけれていればマグナ3凸が完成している6人でも撃破は十分可能。

プシュケー集めるなら古戦場目前の今の時期は大チャンスと思っていいかもしれない。


●エレメント入手方法まとめ

◆エレメント化レート一覧

・ガチャ産SSR武器=200個

・ガチャ産SR武器=15個

・ドロップ産SSR武器=20個

・ドロップ産SR武器=1個

基本的にはこまめにエレメントするしかなし。大事なもの効果で、マグナSR武器でもこまめに砕くと2個ずつ入手は可能。

ドロップ入手が出来るSSR銃としては

・コロッサス銃

・シュヴァマグ銃

・ウォフマナフ銃

などが存在することから恒常的にエサにしやすいSSR銃ドロップはある。ただしシュヴァ銃、ウォフ銃は編成次第では採用候補に上がる事に注意。


◆カジノで片付く銃エレメント

カジノの交換報酬に、クリスティーナ解放武器「ジュエルリゾートモデル」が存在。

・一本目は交換に7777万7777枚必要

・2本目からは777万7777枚

ジュエルリゾートモデルのエレメント化はガチャ産SSR扱いとなっておりこれ1本で200エレメント。4本交換すれば800エレメントと大方のエレメント問題は片付いてしまう。

現状、スキル的にも魅力はないといってしまってもいいので・・・エレメント欲しさに砕いてしまうのもありと言えばあり(自己責任でお願いします)

ただこれだけの為にメダル頑張るのはちょっと無理ゲー。スーパービンゴ引いて余裕のある人ならって感じでしょうか。


◆悩ましいガチャ産SSRのエレメント化

最終上限解放の強化度合いによっては神石編成に割り込んでくる事もあるSSRキャラ解放武器のエレメント化の取捨選択。代表的なエレメント化するともったいないSSR銃としてはストラトゥムバンカーが存在する。

・ストラトゥムバンカー

ユーステス解放武器、銃が目玉と言われる位ティターン編成なら軸になる武器。来年には最終上限解放が来る可能性も大。他の銃ではメテオラ(イングヴェイ解放武器)がアルバハHLで採用される事もあるそうな。

他の武器種まで話を広げると神石編成の繋ぎ装備(カラドボルグ/光/ジャンヌ解放武器)、HP確保用にアルバハHL編成用に入り込んでくる武器(輝剣クラウ・ソラス/水/シャルロッテ解放武器、氷晶杖/水/リリィ解放武器)といったものも存在。

いつかはガンスリンガーが必須になるかもしれない、いつかメイン銃装備が重要になるかもしれないといった「もったいない」のラインをどこまで広げるかは、もう個々でラインを引くしかないとは思う。

・神石編成の予定がある

・最終上限解放が来てるかどうか

・なんかスキル構成が優秀に見えるかどうか

・将来的にその編成でアルバハHL編成に行く可能性がある

とりあえず、この辺考慮に入れてエレメント化するのがよろしかろう。個人的にはヴリスラグナとファラウェイはいっちゃって大丈夫だと思います。


◆栄誉、蒼光の輝石で交換も出来るが・・・

一応ショップで交換入手も可能だが、個人的にはクソレート(断言)

ただ、蒼光の輝石は碧空の結晶以外は頑張れば集められるアイテムが多いので、どうしても優先して欲しいのであれば効果も手。


◆属性エレメントについて

こちらもレートは武器のエレメントと同じ。ティアマグさんからブロマイド拾ってくるのが一番お手軽だが、ゼノサジイベ、サジイベそれぞれで召喚石サジタリウスが交換出来るので足しにも出来る

ガチャ産SSR石についてもセイレーン、ケツァルカトルといった割りと最終上限解放が来てもどうしようもなさそうなSSR召喚石も多い。こちらも後悔しないならゴーだ。


ゼピュロス編成の紹介

鞄武器に新ハイグレード武器「ル・フェイ」などが追加された事から、ゼピュロス編成の運用が一応可能にはなってきている。

◆ル・フェイ

◆インドラリム

◆セレストホーン・マグナ

意外!第二スキルが風の属性背水!ということで無課金軸でも最低限の編成は揃えられるようになった。


◆編成案

思い浮かんだところを組んではみたものの何書いてもエアプになりそう。うーん、わからん。

三手スキルとインドラリムの技巧が乗ってくるので、単純な戦力だけではマグナ編成との比較は不可能。

ここではルフェイ2本(暴君)の影響も、インドラリムで何とかなるんじゃね?って軽くはぶいてしまったが、インドラリムではなくサジ弓といった守護を採用する必要も出てくる可能性もある。

背水運用の場合は、さっくり低HPに持っていく方法が上手いことあれば・・・って感じはする。


◆ぶっ壊れるには足りない課金武器

神石編成でぶっ壊れるためには、キャラなし武器、リミテッド最終上限解放武器といったものが必要になってくるが、風には今のところ殆どないのが現状。

背水&神石編成という事で既にあるアグニス編成、ハデス編成を参考にしてみると「クリムゾンフィンガー」「グラーシーザー」いった攻刃+背水のキャラなし背水武器がありません。

また、ミュルグレス、ガンバンテインで化けた水と光の神石編成を参考にしようにもリミテッドロゼッタ武器が古戦場までに間に合わない事が濃厚。ということでこちらも未知数。

既存の風属性のキャラなし武器を採用する場合はいっそ背水を捨てる所から始める必要がありそうな感じです。

個人的には時期尚早という事にしてしまいたい。


◆ゼピュロス編成でお寄せいただいた編成

完全に行き尽くしたお方からですが、ゼピュロス編成を掲載いただいたので紹介。

オメガに渾身採用と、かなり風を極められたお方からいただきました。はえー・・・

ちなみにこんな感じの運用も出来るらしい

※動画です

はえー・・・