【グラブル】ケルベロス、フェンリル討滅戦攻略、周回情報まとめ、8本目のフィンブル、ケル銃在庫が追加/通常イベント開催としてはこれがラスト開催

2019年7月開催 ケルベロス/フェンリル討滅戦イベント情報まとめ

【イベント開催期間】2019年7月04日(木)19:00 ~ 7月17日(木)20:59

【イベント属性】

ケルベロス討滅戦(闇ボス/光有利)

フェンリル討滅戦(水ボス/土有利)の同時開催

【イベント特記事項】

・今回よりフィンブル、ケルベロス・オーダーの交換在庫が1本追加(合計8本目)

・第二世代武器は難易度HELLからの限定ドロップ

・今回の開催が通常イベント開催としてはラスト

一定期間後に恒常エクストラクエストに追加の予定がこれグラ7月号に掲載。

ただし今回2週間も期間を設けることから、恒常入りは相当先になる可能性もあります(長いと来春、6周年くらいになるかも)

ケルベロス/フェンリル討滅戦、はじめての人向け情報

「ケルベロス討滅戦」「フェンリル討滅戦」でそれぞれ独立したイベント

イベント自体は「ケルベロス討滅戦」「フェンリル討滅戦」2つの討滅戦イベントの同時開催といった形式になっています。

ケルベロス、フェンリルそれぞれに個別の報酬装備が設定されており、それぞれ別個に周回してトレジャーを集める必要があります。

イベント形式は恒常化された討滅戦イベントと同じ形式。ストーリー要素はほぼないエクストラクエスト形式のイベントとなっております。

●元はクリスマスイベントだったフェンリル討滅戦

地味にフェンリル討滅戦はクリスマスイベントとして開催されたのが初回。

という事で周回要素とは関係なく限定ストーリーが存在していたりします。ロキくんも出るよ!

それぞれ貴重な「神石編成」向け装備が手に入るイベント

ケルベロス、フェンリル共に報酬装備は「SSR召喚石」と「二種類のSSR武器」が存在。

SSR武器は実装当初からある第一世代(ケル短剣、フェンリル斧)と後に追加された第二世代(フィンブル、ケル銃)の二種類が存在。

全ての報酬が最終上限解放(4凸)可能になっているのが特徴ですが、特にフィンブル、ケル銃の性能が優秀。

リミ武器が増えた今では理想編成に入らない説も徐々に出てきた感じありますが、どちらもまだまだ現役で採用する人も多い装備になっています。

第一世代武器「グレイプニル」「ヘルウォードダガー」

※ヘルウォードダガーの4凸素材

第ニ世代武器「フィンブル」「ケルベロス・オーダー」

※ケルベロス・オーダーの4凸素材

イベント召喚石「ケルベロス」「フェンリル」

どちらも4凸可能な召喚石。

今となっては特筆するべき性能ではありませんが、4凸可能な分、イベント召喚石としてはステータスが高め。

フェンリルは水属性召喚石という事で、カツウォヌス編成の水属性召喚石の穴埋め枠としては活用可能。

第二世代装備は難易度HELLからの限定ドロップ

ケルフェンイベントの大きな特徴として、フィンブル、ケル銃のいわゆる当たり武器は難易度HELL限定のドロップとなっています。この辺は難易度EXからでも落ちることのある撃滅戦イベントに比べても厳しい条件。

ケルベロス/フェンリルボス情報、報酬情報おさらい

ケルベロス/フェンリル各難易度のHP情報

撃滅戦イベントに比べるとまだ初級~中級者でも何とかなるHPではあったりする。

一方でLv100、Lv120HELLについては結構強敵。

特にフェンリルは麻痺を使ったトリガー行動があるので、奥義で吹っ飛ばせる猛者を除けば対策必須なボスとなっています。

フェンリルのトリガーがかなり特殊

◆フェンリルの特殊技

・ルナークライ:全体水属性ダメージ/自身に攻撃、DA、TAUP

・ヴァナルガンド:全体水属性ダメージ/アビ封印、防御ダウン、奥義ゲージ-50%

・フロストラウド[OD/HP50%トリガー]:全体水属性ダメージ/自身に攻撃UP/麻痺

・フローズヴィトニル[特殊]:水属性ランダム多段攻撃/全体ディスペル/自身の弱体効果を全て回復
 ★フローズヴィトニルの発動条件:フロストラウドで麻痺が「命中」した次のターンに発動

いわゆるコンボアタック的な行動をしてくる為に、未対策だとあっという間に壊滅するのが特徴。

●マウントではダメな理由

「フロストラウド」→「フローズヴィトニル」をしてくる条件は「麻痺が命中した場合」となっているようなのですが

マウントで防いだ場合:麻痺は無効化するけど麻痺の命中判定は当たってるよ→フローズヴィトニルは打ってくるよ

弱体耐性を上げてmissさせる:命中してないので麻痺はかからないよ→フローズヴィトニルも打ってこないよ

とかいう屁理屈をこねてくるのでマウントで防いだ場合は次のターンに特殊技が発動する。

●ジャスミンちゃん大活躍の巻

まさしくフェンリル特攻の性能をしている。

ケル銃/フィンブル交換素材数まとめ

※他に最終上限解放素材が必要

どこを回るかHELL周回

かつては三段クルーンと言われたケル銃、フィンブル掘り。

難易度はLv60/Lv100/Lv120の三段階が存在していますが、Lv60で数をこなすか、Lv120で質を狙うかは毎回意見の分かれる所。

★フェンリル/ケルベロス討滅戦、難易度HELLの特徴

・HELL限定トレジャーの固定ドロップ個数に違いあり

・武器のドロップ率は大差なし?

・ヒヒイロカネドロップが存在

★HELL限定トレジャーの固定ドロップ個数に違いあり

HELL限定トレジャー(マジックヘイロー/クレセントシャックル)のドロップ量は決まっており

Lv60=1(固定)+1(ランダム)

Lv100=2(固定)+1(ランダム)

Lv120=3(固定)+1(ランダム)

となっています。

トレジャー交換頼りで周回する場合は如実に入手量に違いは出る。

8本フル交換を見据えるとLv120でも100周は覚悟が必要なだけに高難易度回れるかどうかは重要。

★武器のドロップ率は大差なし?

一方で元々低確率ドロップだけに細かい数値を検証するのは難しいものの、Lv60でもLv120でも武器のドロップ率には大差がないのでは?と言われています。

そしてソロバトル特有の大当り箱が存在している関係で、トレハンによるアイテムドロップ率アップが非常に有効。

Lv60でしっかりトレハンをかけたほうが、ノートレハンでLv120周回よりも結果、武器が落ちやすいという宗派の人も数多くいます。かくいう私もその信者でね

★過去の周回談義

★ヒヒイロカネドロップが存在

今となっては希少になってきた、HELLからうっかりヒヒイロカネドロップも存在。

惑わせることばっかりいいますが、こちらは体感Lv120からのドロップ報告が多い印象。