【グラブル】キャラクターはどうやって産まれて追加されるの?そして十二神将が金髪なのはFKHRの好みなの?キャットフード3万個事件【インタビュー翻訳】

AnimeExpo2019派生の海外での木村P、福原Dに対するインタビュー翻訳、前回からの続き!

インタビュワーはTwitterの海外グラブル勢では有名なGranblue_ENさんによるものとなっています。日頃のTweetからかなり熱心なファンであることは伺えるお方なのですが、質問についても非常に鋭い質問が連発。KMR、FKHRも結構突っ込んだ内容の回答をしており、非常に充実した内容となっておりました。

今回はキャラクターが出来るまでや、海外勢ならではのグラブルについての質問など、こちらも興味深い内容となっております。

★最初に言い訳と補足

木村プロデューサー=KMR

福原ディレクター=FKHR

なお元記事も同じ表記の模様。

インタビューを通して、KMRは結構ネイティブに口語を連発してるのでニュアンス的にどう拾っていいのかよぐわがんにゃい部分も多かったです。

大体こんな感じの事を言ってたのかも程度に読んでくださると助かります。もしくはツッコミコメント下さい。

作成にあたり、mimumedonでも多数のご協力を頂きました。ありがとうございます

引用元:Granblue_EN

引用元:part1:Interview with the producer and director of Granblue Fantasy part 1 – Anime Expo 7/4/2019

引用元:part2:Interview with the producer and director of Granblue Fantasy part 2 – Anime Expo 7/4/2019

キャラクターが出来上がるまで

Granblue_en: Could you walk us through the process of creating and designing new characters for the game?

FKHR: It all starts with the schedule for the year. To decide whether we’re going to release a new character, make a new version of an existing character, or add a skin, we take the entire year into consideration and start concepting as early as possible. The gender ratio of characters for the year, what characters are going to appear in an event, those factors also play a part in the process.

Q:新規キャラクターを作成したりデザインするにあたってのプロセスを教えてください

★回答部分の概要

・(シナリオイベントと同様)こちらも年間スケジュールを決める所から始まる

・新キャラを追加するのか、既存キャラの新verを追加するのか、それともスキンにするのかなどなど

1年全体を考えてできるだけ早い内に着想を始める。

その年に追加されるキャラについては性別の割合、イベントに登場するキャラの種類などの要素も考慮される。

★デザインについて

・まず、みんなで最初にいろんなアイデアを出し合って、こういうの最近流行ってるよね、こういうの試すのどう?といった感じでスケッチを作っていく

・それを踏まえて皆葉英夫さんが衣装やキャラデザをA案B案C案D案とコンセプトを作ってFKHRが選ぶ

元記事でも紹介されていたヴィーラのアイドル衣装デザイン案のイラスト

引用元:Cygamesインスタグラム


Granblue_en: Who comes up with the initial character concept, you or Minaba?

FKHR: The character concept starts with me, usually.

Q:新キャラを作るに当たって最初のコンセプトは誰が作るのですか?

A(FKHR):私です

パズルのように組み上がっていくキャラ追加スケジュール

Granblue_en: How do you balance between adding a new character versus making a variation of an existing character?

FKHR: Once again, it starts with the event schedule for the year. We know what events we’re going to do, so we base our decisions on those events, like with Summer Sandalphon and Summer Halluel and Malluel this month. There are a lot of little factors that go into the decision-making process, too. We look at the theme of the event, the element of the upcoming Unite and Fight, what kind of weapon we want to release, and many more considerations before we even think about the character.

KMR: It’s like putting a puzzle together. You say “Well, here we have this, so over there we have to have this.” When you look at it that way, with all the requirements we have, a lot of the pieces fall into place on their own.

FKHR: True. As for the characters who get released outside of the event cycle, they kind of fill in the gaps. We’ll fit them in if we think players want a new version, or if we think the players would like to see the character in a new element so they can be teamed up with a different set of characters.

 

Q:新キャラを追加する事と、既存キャラの新verを追加する事のバランスはどの様に調整していますか?

A(FKHR):やっぱり年間スケジュールから始まります。どんなイベントをやるのか、今月なら水着サンダルフォン、水着ハールート・マールートといった様にイベントに基づいて決まったりします。

他にもたくさんの要因があって、イベントだったり、その後開催される古戦場だったり、どんな種類の武器を追加したいかだったりと、キャラについて決める前にももっと多くの考える事があったりします。

A(KMR):これはもうパズルを組み立てるようなもので、まぁここにはあって、あっちにはこれで・・・ここはこうだよな、これがなければダメだよなといった感じで、大体のピースは自然に組み上がって出来ていく感じです。

A(FKHR):そんな感じです。シナリオイベントと無関係なキャラはその隙間に入っていきます(グランデフェスのタイミングか)

キャラの新verを出す時はユーザー人気はもちろん、いい感じのペアや相方が組めそうだなと思う時は、属性を合わせにいったりしています。


Granblue_en: When you make those alternate element versions of characters, is recording new in-battle chatter between related characters part of the planning process?

FKHR: We do it on a case-by-case basis. There’s no hard rule on when we’ll do it and when we won’t. The new Light version of Silva from last year (September 2018) is a good example. That version of her specifically took place after Tweyen’s fate episodes, where the two of them were reunited after a long time apart. The Water version of Silva doesn’t have any lines with Tweyen, but after their relationship developed further, we decided to go out of our way and add lines for the two of them.

Q:新ver作成する時点でもう掛け合いボイス追加するとかも決まってるの?

A(FKHR):その辺はケースバイケースです、厳密なルールはありません。

光シルヴァ追加のなんかはいい例で、ソーンとシルヴァはソーンの最終上限解放エピソードで久しぶりに再会を果たします。

水シルヴァverでは掛け合いは発生しませんが、エピソードで二人の関係が深まったと思ったので、光シルヴァに合わせて掛け合いボイスが追加されています。

※ソーンのエピソードの下りの部分の時系列、ご指摘頂いて翻訳一部訂正しました、ありがとうございます。

※実際に掛け合いボイスの発動条件はLv100ソーン×光シルヴァの組み合わせでのみ発生する設定になってたり

ペアキャラ、トリオキャラの追加について

Granblue_en: How did you decide that the game needed more duo and trio units, such as Lancelot and Vane or the Levin Sisters?

FKHR: It was an elemental consideration. There are a lot of characters who are related to each other in their stories, but because they’re different elements, they can’t be put on the same party. Fans of those characters often complain to us about that, so we started putting them together in new elements so that you could see new aspects of each character in a single unit. Last year, we released team characters like The Lowain Bros, Lancelot and Vane, and Arthur and Mordred. The fans received them favorably, and we were happy with how they worked out visually and story-wise. There were a lot of ability combinations that worked well and added unique touches to the characters that made the team concept work. I don’t think they’ll be common, but if we have a good idea for another team unit, we’ll do it.

Q:ラン&ヴェ、レヴィオン姉妹などデュオキャラ、トリオキャラを追加した理由について

A(FKHR):キャラ設定、ストーリー的に関係が深いキャラ達はたくさんいますが、属性が違ったりで同じパーティに組めないキャラもいます。

同じ編成で連れていけないといった不満はしばしば届いていたので、単体キャラではなくユニットのキャラとしてまとめる形をやってみました。

去年はチームローアイン、ラン&ヴェ、アサ&モルなどをリリースしましたが、ペアを組んでる見た目もそうですし、フェイトエピソード、ユニットキャラならではの性能など、反応も好評で良かったと思っています。

こういうユニットキャラが一般的になるとは思いませんが、他にユニットが組めそうないいアイデアが出てくれば追加すると思います。

ホワイトデー限定キャラって追加の予定ありませんか!

Granblue_en: As for limited characters – are there plans to add White Day limited characters? Does White Day’s proximity to the anniversary celebration cause issues?

KMR: Well… (laughs) yes. I don’t know if we’ll add White Day characters next year, but it’s hard to find room when it’s right on top of the game’s anniversary.

 

Q:限定キャラなんですけど!ホワイトデー限定キャラ追加の計画ってありませんか?●周年記念日(3/10)が近いのは問題がありますか?

A(KMR):んんー(笑)。はい。

来年やらないとは言い切りませんが、周年記念日迎えたばっかりで余裕ないです。

十二神将キャラクターコンペについて、みんな金髪なのはFKHRの好みですか?

Granblue_en: In the Graphic Archive Extra Works artbooks, you’ve included unused designs for the Divine Generals (Zodiac characters) from the Cygames internal character design competition. Who judges the competition? Are they all blonde because you prefer blondes, Fukuhara-san?

FKHR: (laughs) No, no, that’s not it. The judges are myself, Minaba-san, and Watanabe [Koichi]-san, the president of Cygames. The three of us look at all of the designs and pick the design for the year. No single one of us has more of a say than the others. We come to a consensus on some elements of the design, and we also pick out certain parts that we like from other designs. We might like the weapon concept of one submission and like the skirt of another, and spend a lot of time trying to mix and match elements of the submitted designs.

As for the part where they’re all blonde (laughs), we based that on the first Divine General, Anila. We wanted the character series to have the same overall color scheme from year to year, so their general color schemes have stayed the same as Anila’s since.

A look at some unused Kumbhira designs from Cygames’ panel at Anime Expo 2019
アニメエキスポのパネルディスカッションイベントで展示されたサイゲ社内クビラデザインコンペ(GraphicArchive5EXworksに収録)
ここには写ってないけど黒髪ロングデカ乳メガネクビラちゃん案は必見

Q:GraphicArchive 5 Extra Worksに収録されていた、サイゲーム内クビラちゃんキャラクターデザインコンペの多数の未使用デザインを見ました。

誰がこのコンペの審査をしているのですか?

みんなが金髪なのはFKHRさんの好みですか?

A(FKHR):いやいやいや(笑)そうじゃないです。

審査員は私(FKHR)、皆葉英夫さん、そして渡邉社長です。3人で選んでいます。

1人のデザインを選ぶのではなく、いくつかの案の中から好きな部分(この武器のアイデアいいねとか、このスカートえちえちだね(誤訳)とか)を選び出したりと、複数のデザインから要素を組み合わせて出来上がっています。

十二神将が金髪で共通してるのは、最初に追加されたアニラに合わせて十二神将シリーズとして統一感を出したかったからです。

髪の毛だけではなく、衣装の配色についても基本的にはアニラと同じになっています。


Granblue_en: So should we expect a blonde rat with the same color scheme for 2020?

KMR: (laughs) I don’t know yet.

FKHR: (laughs) In last year’s Kumbhira design contest, the illustrators submitted more varied color schemes, so maybe we’ll see some changes in the coming year.

KMR: GBF’s players can be fickle, so before they get tired of it, there’s a chance we’ll change it up.

Q:ということは来年のネズミちゃんも同じ感じを期待するべきですか?

A(KMR):どうでしょうかね(笑)

(FKHR):去年のコンペではみんないろんな配色を出して来たので、来年は変更があるかもです。

(KMR):きくうしさまは気まぐれなこともあるので、飽きる前に変更する可能性もあります。

※元記事はここでpart1が終了。そしてpart2に続きます!

どうしても翻訳を挟む部分で箇所箇所でお固くなってる部分もありますが、実際はもっと和気あいあいと話している感じみたいです。脳内補完されたし。

ワールドワイドグラブル

ここからpart2部分の翻訳になります。

引用元:Interview with the producer and director of Granblue Fantasy part 2 – Anime Expo 7/4/2019

Granblue_en: Are there plans for creating localizations for GBF in other languages, like Chinese or Korean?

KMR: For now, no. It’s unbelievably hard just to keep the English version running (FKHR laughs), so I don’t think we’ll add any more languages to that list right now.

(Omori Dai, Localization Coordinator at Cygames, is in the room and thanks KMR for this statement)

Q:中国語、韓国語といった他の言語に対応する計画はありますか?

A(KMR):今のところですがありません。英語版を動かし続けているだけで信じられないほど難しいのですが(これにFKHR笑う)、これ以上対応言語を追加するつもりはないと思います。

(同席していたCygamesの翻訳コーディネーターのomoriさん(大森さん?)はこれを聞いて安堵する)

※ついでに推測ですが「omoriさん」が福原Dの通訳も担当していたのかも?


Granblue_en: International fans are also learning about Granblue Fantasy through anime, console games, and other multimedia projects – does Cygames see itself trying to make the main game more accessible to them?

KMR: I’d definitely like to take the opportunity to get those people into the game.

Granblue_en: Do you have any plans on how you’ll do that?

KMR: We’re still in the idea stages.

Granblue_en: Can Granblue Fantasy support international servers, to reduce ping to those players outside of Japan?

KMR: We’re not sure yet. But we’ll look into it now that the game is gaining more international notice.

Granblue_en: Granblue Fantasy Versus (GBVS) is also introducing new audiences to GBF’s music. Are there plans for Granblue Fantasy soundtracks to be available internationally via streaming services like Apple Music or Spotify?

FKHR: Wait, I thought they were. Are they not? Apple Music and Spotify have them in Japan, do they not have them here? (Omori-san checks on his phone and confirms that they’re not on Spotify)

KMR: When we get back, we’ll talk to the right people and ask them if that’s something we can do.

Q:海外ファンもアニメ、リリンク、その他のマルチメディアプロジェクトを通じてグラブルを学んでいます。Cygamesはグラブル本家をもっと海外ファン向けに親しみやすくすることを目指していますか?

A(KMR):もちろんです、もっとゲームを遊んでもらえる機会を得たいと思ってます。

Q:具体的な次の計画はありますか?

A(KMR):まだアイデア段階です。

Q:今後海外プレイヤー向けの為に国際サーバーをサポートするような事は出来ますか?

A(KMR):まだわかりませんが、国際的に注目されて来ている事ですし、その可能性もあります。

Q:グラブルVSリリースで益々グラブルの曲を聞く人も増えると思います。グラブルのサントラを海外のAppleMusicやSpotifyで利用出来るようにする予定はありませんか?

A(FKHR):あれちょっとまって?どうなんでしょう、AppleMusicやSpotifyも日本版であれば配信されていると思うんですが(omoriさんが確認しようとするもスマホにはSpotifyが未登録だった)

A(KMR):出来るかどうかまた聞いてみます


Granblue_en: The Cystore USA Tour is one of the first official Cygames events outside of Asia – has it been performing up to your expectations?

KMR: The tour as a whole has been going extremely well. It’s been very popular, and I’m glad that we did it.

Granblue_en: If the Cystore USA Tour goes well overall, will there be a chance at more overseas events? Like, say, a Granblue Fantasy Fest outside of Japan?

KMR: I don’t know if we can do something on as large of a scale as Granblue Fantasy Fest, but we can definitely expand on the scale of the Cystore Tour.

 

Q:今回行っているCystore USA Tourはアジア地域以外でははじめて開催されているCygamesの公式イベントの一つです、手応えはどうですか?

A(KMR):ツアー全体としては順調に進んでいて、とても人気もあります。やって良かったです。

Q:今回のツアーが全体的にうまくいったら、もっと海外イベントのチャンスはありますか?例えばグラブルフェスinUSAとか

A(KMR):グラブルフェスほどの規模の何かが出来るかはわかんないですが、少なくとも次のツアーの規模は確実に大きく出来ますね。

グラブルVSの大会企画について

Granblue_en: You’ve said in previous interviews that Granblue Fantasy Versus (GBVS) tournaments and events will start out smaller in scale than those of Shadowverse esports. Do you plan on primarily running your own independent events for a potential GBVS pro circuit?

KMR: I think both will work. I said in interviews that GBVS events would be smaller than Shadowverse tournaments, but I think that only applies to how it will come out of the gate. I believe that it will grow in scale – Shadowverse tournaments are some of the biggest esports events in Japan, so when I said that, I meant that we wouldn’t aim to be that big from the very beginning.

Q:以前のインタビューでグラブルVSのイベントや大会は、シャドバよりも小規模なものから始まると読みました、グラブルVSが将来的にプロツアーなど注目してもらえる存在になれるようにCygames自身で独立したイベントを運営するつもりですか?

A(KMR):そうですね。規模についてなんですがシャドバのトーナメントは今は国内最大規模になっているので、それよりは小規模になるという意味合いで答えました。もちろん、その後盛り上がって大きくなってくれるとは思っています。

※追記:質問文の翻訳の表現を改善しました

ファンの反応で予想外だった事、キャットフード3万個事件

Granblue_en: Besides Sandalphon and Belial, has there been any times where the fan reaction for something has turned out differently from what you expected?

FKHR: Hmm… Bonito, maybe?

KMR: I think the Young Cat counts. We didn’t expect the Young Cat would create as much buzz as he did.

Granblue_en: How much chocolate – sorry, how much cat food was purchased for the Young Cat during the Valentine’s and White Day campaigns?

KMR: 30,000, I think? (checks with the staff) 30,000.

Q:サンちゃんとベリアル(主にベリアル登場)の一件以外で、何かファンの反応が予想外だった事はありますか?

A(FKHR):んー…カツオですかね…

A(KMR):ボクは猫ちゃんですね。あんな話題になると思ってなかった。

Q:バレンタイン、ホワイトデー合わせたサイストアCPで猫ちゃんのキャットフードはどれくらいになったんですか?

A(KMR):3万くらいだったと思うんですけど・・・?(確認)

3万個です。

なおキャットフードはアニマルドネーションさんを通じて寄付され、全国の猫ちゃんにお届けされたとのこと。

グラブルのスキル名とメタルの関係

Granblue_en: Who is in charge of naming the skills? How many of them are heavy metal fans, sneaking all these references to metal songs and albums onto characters?

FKHR: Up through the third anniversary, I was in charge of all of the skill names. Now, we leave that to the combat designer. But that current combat designer still keeps the metal references in the names for me.

Granblue_en: Is that because he wants to, or because you pushed it onto him?

FKHR: The combat designer saw the pattern, and turned out to be a metal fan himself. So he kept it going.

Q:キャラのスキル名は誰が担当しているんですか?その内の何人かは絶対相当なメビメタファンでネタを混ぜ込んでると思うんですけど

※参考リンクとして元ネタ集が貼られています。references to metal songs and albums (英語)

A(FKHR):3周年まで全部ボクが付けていました。

それ以降は戦闘デザイナーさんに任せています。でもその戦闘デザイナーさんがボクの為にまだメタル由来の命名パターンも残してくれています。

Q:それは彼が望んでやってるの?FKHRの方針でやらせてるの?

A(FKHR):ボクがつけてきた名前を見て、彼自身もメタルが好きだからこそ元ネタに気がついた。だから続けてる感じですね。

その他質問「シエテさんはシスたそ以外にも衣装作ってるの?」

Granblue_en: Does Seofon make all the outfits for the Eternals like he made Seox’s skin?

FKHR: As a wise man once said, “I leave that to your imagination.”

Q:シエテさんってシスたその服みたいに十天衆みんなのお洋服夜なべして縫ってるの!?

A(FKHR):昔の人はいいました「あなたのご想像にお任せします」

「シエテ渾身の力作」


Granblue_en: If money was not a concern, what GBF prop or piece of merchandise would you love to see made or sold?

KMR: We’ve pretty much made everything we wanted for Granblue Fest. We don’t want to make anything just for our own satisfaction, we want to make things that people will buy and enjoy.

Q:もし予算を気にしないでいいなら、どんなグラブルの展示物とかグッズを作ったり販売したりしたいですか?

A(KMR):グラブルフェスに必要なものは全て揃いました。展示物もグッズもみんなに楽しんでもらえるようなものを作りたいんです。


Granblue_en: Earlier at Anime Expo, you took part in our Granblue Fantasy cosplay gathering, taking pictures with fans. Could you tell us about your experience with the American fans?

KMR: I’m surprised that people love Granblue Fantasy so much that they actually want to take their picture with a guy like me.

FKHR: I heard that everyone at that gathering made their own costumes. I was very impressed – the quality was very high, just as good as the costumes we see in Japan at events like Comiket. They must have spent a lot of time studying our designs. That thought makes me very happy.

Q:お二人ともアニメエキスポ開幕前に、現地で開催されたコスプレ集会に参加してファンと集合写真を取りました、アメリカのファンとの交流の感想をお聞かせください。

A(KMR):みんなグラブルをとても愛してくれていると思いました。そして実際に私と写真取りたいと思ってくれてるのは驚きでした。

A(FKHR):コスプレ衣装について聞いてみるとみんな自作と言っていて、すごく感動しました。すごい出来もよくて、日本のコミケで見るようなクオリティだった。みんな衣装のデザインを調べたり勉強したり…制作に多くの時間を使ってくれたんだろうなって考えると本当に幸せに思います。


Granblue_en: Do you have any parting words for the international fans?

FKHR: It’s amazing to me that there are so many people playing this game in regions where we haven’t been officially released yet, like North America. It’s both surprising and rewarding to see that as part of the team behind the game. GBVSGranblue Fantasy the Animation, and Relink are all contributing to the international reach of Granblue Fantasy, and I hope that people who play and watch those will go back to the mobile game and experience all of the content we’ve made.

KMR: From the second season of the anime to GBVS, we’re releasing a lot of content in multiple languages this year. We’re going to keep giving you more as time goes on, so I hope you’ll enjoy it. I think that GBVS will be especially fun for players who are already GBF fans, so please play it when it comes out.

Granblue_en: Thank you for your time, and apologies if our questions were too specific or nitpicky!

KMR: Oh, we expected that from you.

Q:最後に海外ファンに向けて一言お願いします

A(FKHR):北米のようにまだ正式にリリースされてない地域で、これだけプレイしてくれてる人がいるのは本当に驚きもあり、やりがいも感じています。グラブルVS、Relink、アニメ2期などがグラブル自体の海外展開にもつながって、それをきっかけに本家も楽しんでくれる人が増えることを願っています。

A(KMR):アニメの2期やグラブルVSなど今年は多言語対応でたくさんのコンテンツをリリースしています。将来的にはもっと海外ファンに向けての対応も増えていきます。楽しんでくれると嬉しいです。中でもグラブルVSについては本家遊んでる人には特に楽しいと思うのでぜひ遊んでください

Q:お時間頂き、ありがとうございました。変に込み入った質問もしてごめんね!

A(KMR):いやいや、こんな感じで来ると思ってましたよ!(熱心なファンでいてくれてるのは最初からすごくわかってたよ的な意)