【グラブル】闇バザラガのサポアビ「痛覚なき肉体」が調整に、不死身効果に20T目までの制限が追加、代わりにHP状態を問わずに発動可能に/実はルシHのバザラガソロが達成されていたというお話

闇バザラガのサポアビ「痛覚なき肉体」が調整

2020年3月25日(水)21:55のグラブルアップデートにてバザラガ(闇/SSR)のバランス調整が導入されています。

【調整前】瀕死状態ではない時、不死身状態/弱体効果無効/強化効果が無効化されない

【調整後】20T目まで不死身状態/瀕死状態ではない時、弱体効果無効/強化効果が無効化されない

想定にないプレイが確認された為というのが理由とのこと。

調整後は20Tまでは問答無用で不死身状態という事で、ルシNとかギルベルト相手に突っ立たせてみましたが、HP条件問わずに不死身状態を維持しておりました。

これはこれでまだ逆に利用価値残った感じはある。

アンチラの2アビ、トーメンターのディヴォーションなどは敵対心100%の実質かばう(※かばわせる)効果があるので、バザラガさんに押し付ける感じでの攻略見たいなのは残りそう。

ただし20Tまでなのでそこまで極端な事は出来ない。

調整自体は2ヶ月ぶり2度目(※最大HP絡みでは3回目)の調整

2ヶ月前にもバザラガさんの痛覚なき肉体での調整は行われていたり。

この時はドクターの「マッドバイタリティ」を使うことでバザラガさんの最大HPを「1」にして常時「瀕死ではない」状態を作り出す事が可能になっていました。

なおとばっちりでガイゼンボーガさんの不死身戦法もこの時潰された模様。

これでおもしろ攻略の道は閉ざされた・・・と思いきやまだバザラガさんは生きていた。

じゃあ何すか

戦車おじさんは無駄死にだったって事すか

★バザラガさんのサポアビ実装以前にも敵対心、最大HP問題は調整された過去あり

さらに昔には暴君スキルによるHP減少量に上限設定がされたり、キャラLBの敵対心減少により敵対心0にする状態対策なども行われたことがあったりする。

毎回ユーザーの攻略が運営の想定を簡単に上回るのがよく分かる歴史。

それでもうまい具合に活かしてルシHソロが達成されていた模様

最初見ても何やってるのか全く理解出来なかったんだぜ・・・

どうもニーアの正位置「恋人の正位置」の渇望バフで永続の被ダメージ15%吸収を付与して、バザラガのHPを序盤の通常攻撃とか終盤のダメージとかモロモロのダメージで瀕死にならなかったり、逆に吸収効果でうまい具合に瀕死ライン以上には回復出来る本当に絶妙なラインに調整する…(※バザラガのHPを約21400~21700に調整&さらに指輪で回復効果を引くなど)

をやった上でさらに時間以内で倒し切る火力を用意するなど、ほんとかなり色んなギリギリの条件を成立させてやっと出来る攻略ではあった模様です。

と、攻略法思いついて実践した人にはほんと心から尊敬するのですが、多分これバザラガのHP調整さえ出来ればルシH以外にも色んなボスに応用が効いちゃう無限の可能性があった、というのが調整になった理由でしょうか。