【グラブル】海外でも人気だったモブおじさんとジョブババァ、古くなった季節限定キャラの入手機会は増える可能性も…?【グランブルーENさんインタビュー翻訳】

グランブルーENさんによる、KMR&FKHRインタビューの続き!

おまたせしたけどpart2の後半をお届け!今回で完結するよ!

★補足

Q(インタビュアー)=グランブルーENさん

木村プロデューサー=KMR

福原ディレクター=FKHR

わたしえいごにがてです。

大体こんな感じの事を言ってたのかも程度に読んでくださると助かります。

今回は特にそんな要素強めです

もしくはツッコミコメント下さい。

作成にあたり、mimumedonでも多数のご協力を頂きました。ありがとうございます

引用元:Granblue_EN

★Part1はこちら

★part2前半はこちら

2019年の初心者向けのアップデートについて

Q:2019年はプレイヤーによりよいチュートリアルを提供する年だと言ってました
この部分の施策は考えている最終目的に向けてどれくらい進捗があったと思いますか?

KMR:初心者ガイドはずっと実装したいと思っていた内容でした。
まだまだ完璧ではないので、さらに拡張を行いたいと考えています。
来年もやるべきことが沢山ありますが、多くの事を実現出来たと思っています。

Q:初心者から中間層への移行(編成サンプルでいう今のステップから次のステップへ)を今より簡単にするような計画はありますか?

KMR:えーと…そうですね
これまでにも色んな形での緩和、支援はしてきましたが
「グラブルで強くなるのには何を理解すればいいのか」が難しいという課題があると思っています。
新しいガイド機能がこの部分に役立つ事を願っています(もっとゲームにすんなり入っていけるものになれば?)

Q:初心者の人はLv100武器(マグナ武器などか)の配布に感謝していましたよ

KMR:そうですね、強い武器を一つ持っていれば、次のステップの武器の入手も簡単になるので
ああいった感じで強力な武器をより簡単に入手出来る機会と言うのは意識的に取り組んでやっています。

2020年のグラブルとかフルオートの話

Q:RANK150以上専用の上位フィルター機能みたいな実装予定ありませんか

KMR:今はないですね

Q:フォロワーさんたちだと「RANK180以上」のフィルターが欲しいとコメントがあります

KMR:あー、そういうのなら悪くはないかもしれませんね。

※KMR的には最初の質問を(~以下禁止みたいな機能だと思ったのかもしれない)


Q:フルオート機能の目標は何でしたか?実装して今のところ成功だと思いますか?

※2019年12月時点でのインタビューです

FKHR回答(※大分要約)

まず通常のオート機能は本当に攻撃をするだけです。これはゼノとかコラボイベなどの難易度MANIACといったクエストでは時間がかかりすぎてしまったり、そもそも一部のプレイヤーにはクリアの手助けになっていませんでした。なので、フルオートの実装目的は、アビリティを使えばそういった高難易度のクエストのクリアも出来るようにする。という部分でした。

ですがアビリティの仕様順など、最適な行動をするフルオートという機能はロジック的に実装するのが難しいと考えていました。

ただ、他のゲームではもっと単純なフルオートシステムが実装されていて、それが受け入れられている感じでした。
なので、グラブルでも実装したような形のフルオートで、いいんじゃないかと思うようになりました。


Q:古戦場にはどの様な影響がありましたか?
機能を作る時に、古戦場での使用も念頭にありましたか?

KMR:古戦場は考慮した上で設計してます、期待通りの機能はしたと思います。
また、他の興味深い用途にも繋がっていたので、実際には期待を超えるものがありました。


Q:フルオート機能をさらに調整、改善する予定はありますか?

KMR:細かい調整も行いますが、大きな変更を加える時は様々な機能を一緒に変える形になるんだと思います。


Q:フルオート機能の実装で編成画面いじったりすることが増えると思うんですが、UIを更新して編成の手間をもっと少なくするような予定はありませんか?

KMR
そうですかね?
要望があれば考えます、入れ替え機能見たいなものですよね?

※その後2020年1月に投稿されたディレクターレターでキャラクター入れ替え機能などの構想が言及されています

コンビキャラにスキンの反映は難しい?

Q(Twitterで募集した質問):コンビキャラにスキンの反映って出来ませんか?

FKHR:したいですけど、システム的な話で言ってしまうと非常に難しいですね。
将来的に実現出来るような方法が発見出来たらいいんですけど、今の所ちょっと現実的ではない感じです。

ミニゲームのキーボードサポートについて

Q:プラチナスカイ2のミニゲームではPCサポート(キーボードサポート)がありましたが、ゲーム全体でキーボードサポートを増やす予定はありますか?

KMR:次回以降のイベントミニゲームでもキーボードで出来るように考えています

FKHR:もちろんミニゲームの内容に依存はしちゃうんですが…

KMR:PCでしか遊ばないユーザーもいる可能性は高いので、ミニゲームでもその事は念頭に置いてます

Q:なかさん※はキーボードでしかミニゲームやったことないと言ってました

KMR:そうですね、彼見たいな人は念頭においていました、PC専門ユーザーですね

※グラブルフェス2019のステージ上でミニゲームに挑戦するもキーボードでしかやったことないよ!と意気消沈するグラブルおじさんこと中村悠一

Q、クラス4ジョブって再調整の予定無いんですか?

Q、クラス4ジョブって再調整の予定無いんですか?

FKHR:使用されてないジョブについては、調整の為に調査を行ってるよ

KMR:ほんとやで

モブおじさんとジョブババァ

サメハンターおじさんことマーティン

Q:NPCの中で本当に人気があるのはモブおじさんです(the human man)
モブおじさんはレフェリーだったり、レースアナウンサーだったり、色んな姿で登場します。
実はみんな同一人物だったりするんですか?

KMHR:笑

KMR:いやあれはみんな違う人です

FKHR:毎回あれは別おじさんです


Q:天上征伐戦クラスのボスとして、いつかババァは登場しますか?

KMHR:笑

KMR:わかりません、いつか出てくるんですかね…ホントに知らないですけど。今の所、ボスについては真面目な敵だけになってます。

ENさん:彼女はすごい人気あるんですよ

FKHR:そうみたいですね

海外の人が思ったガチャピンの謎

Q:ガチャピンコラボイベントはメインクエ序盤のダイジェストのような内容でした、理由を詳しく解説してくれませんか?

KMR:ストーリー読んでいただければ分かると思います。書いてあるとおりです。

Q:どうしてガチャピンはあんなに強力な存在なんですか?

KMR:笑、それはガチャピンが何でも出来るからです。

ガチャピンは何でも出来るので、ゲームでもそれを再現する形にしました。

FKHR:「Exactly」

Q:過去数年間、毎年2回しれっとガチャピンがルーレットを回すようになっていました、何故ガチャピンだったんですか?

KMHR:笑

KMR:ストーリーを読んでいただければ、そこの理由も分かるようになるかと思います

Q:最初のルーレットでガチャピンが出てきた時は多くの海外勢は「誰だお前は!?!?」ってなりました。彼らはなんでガチャピンが選ばれたのかを疑問に思っています。

KMR:笑

ガチャピンについては海外では知らない人が多いと思います。ただ日本人にはお馴染みのキャラではあるものの、どうしてガチャピンが?という部分については日本の人であっても気にしたら負けという感じでした(超意訳)

グラブル的にどうしてガチャピンがルーレットを回しているか、については今回のイベントを読んでいただければ明らかになります。

Q:ガチャピンコラボは12/7に開幕しました。そしてガチャピンのスキルは十天衆の
ウーノ(1)
ソーン(2)
シエテ(7)
に似ている性能でした。これは意図的なものだったんですか

KMR:あっ、それはたまたまなんです。

FKMR:そこはたまたまでした。

ENさん:ほんまに?

KMR:いやほんまに。でもうまいこといったなぁと思いました。(FKHR相槌)
アビリティは十天衆の中で特に印象的だと思う3つを選択した感じです。

Q:海外勢はあれはきぐるみに入った十天衆がアビリティを使う度に入れ替わってるんじゃないかって・・・

KMR:ガチャピンに中の人なんていません!!!!

ビカラちゃんと丑子ちゃん

Q:闇にビカラちゃんが追加されたことで6属性が揃いました。
そしてビカラちゃんの配色は今までの十二神将とは違う感じになりました。
次の丑子ちゃんを作るためのルールにどういう変化がありますか?

KMR:ビカラのデザインはまずネズ耳って新しい要素が入りました

FKHR:そうですね

KMR:これがきっかけでデザインルールも色々変わったので、次はまたどうなるかはわからないですね。

※質問には属性一巡部分で次の属性どうすんの?という意味もあるような感じですがそこは触れてない感じです

声優さんの交代についてなど

Q:最近エルバハの声優さんが交代するという発表がありました、お亡くなりになられた声優さんをについても変更を考える事はありますか?

KMR:イベント追加など必要に応じて、その時々で考慮します。これに関しては具体的なルールはありません。

Q:Cystore USAツアーは今年もあります?

KMR:やるやる

Q:二人はリアル脱出ゲームどうでした?

KMR:私はクリアしたけど、半分くらいは内容を知ってました。
私は今回の企画チームの一員で、謎解き部分もいくつか手伝ったりしていました。

ENさん:脱出ゲーム運営のSCRAPさんはアメリカにもオフィスがあるので、GBFについても海外でやる計画があるのではないかと期待してるんですが

KMR:今の所予定はありませんが、みんなが求めてくれればチャンスはあるかな

古い季節限定はサプで取れるようになるとか出来たらいいかもしれんね!

Q(Twitterで募集した質問):リミテッドSSRとか恒常SSRの種類が増えたことを受けてドロープールを調整することって考えたことありますか?

KMR:季節限定キャラのことですか?

FKHR:水着とかクリスマスキャラのこと?

EN:ですです

KMR:古いキャラの取り扱いについての事ですかね?

EN:それもあるとは思うんですけど…

KMR:最近リリースされたキャラについても?

EN:そうです、キャラを入手出来る期間が1~2週間しかなくて、それが終わると来年まで待つしかありません

KMR:半年に1回程度は季節限定キャラの一部は復刻するようにしています。

前に限定キャラも取れるチケットを出したことがありましたが(※アニバチケの事か)ああいう感じでやるのはいいかもしれませんね。
古い季節限定キャラクターについては、サプチケでも交換出来るようにする、とかいった風にするのはいいかもしれませんね。

※するとは言ってない

※本来の質問はリミキャラとか恒常キャラが増えた事に対する質問(恒常、リミのガチャのラインナップを今より分割するような感じ?の事を考えた事はありますか?的な)だと思ったのですが、季節限定キャラの話に変わった感じもあります

Q:最後に海外勢に向けたメッセージをお願いします

KMR:まずグラブルVSが発売されます。これはグラブル最初の全世界に向けのタイトルです。みんなが遊んで楽しんでくれる事を願っています。

2020年のグラブルに関しても新しいアーカルムなど様々なものがあります。沢山新しいものが実装されるので楽しみにしていてください。

FKHR:私も大体同じ感じなのですが、VSは英語以外でも多言語対応する予定なので、色んな国のプレイヤーと遊べる形になります。

本家は今年もさらに多くの事を行う予定です。そして海外でも何か出来るかもしれません。

なのでプレイヤーのみなさんはゲーム内でもゲーム外でも、何が来るのか楽しみにしていて貰えると嬉しいです。


ENさんの終わりの挨拶:このインタビューを支援してくれたGranblue_en Tokyoに感謝します。

非公式でグラブル関連のNEWS、翻訳もしているTwitterの@granblue_enアカウントの方もよろしくね!