【ぐらぶるTVちゃんねるっ!】えみりん、なおぼうがCygames本社に突撃!大晦日1時間特番が放送!

TOKYO MXにて放送されている「ぐらぶるTVちゃんねるっ!」今回は大晦日特番として1時間の内容で放送されました。

加藤英美里さん(えみりん)、東山奈央さん(なおぼう)がCygames本社に突撃取材!

番組後半にはKMR、FKHRの今年1年を振り返るスペシャルインタビューなどが放送されました

冒頭には今年1年を振り返るムービーも放送されています。

キュウタくん映ってないので後で反省文100枚です。

Cygames本社突撃取材

今回はえみりん、なおぼうのたっての要望だったグラブル開発現場の作業風景を見てみたい!を実現するべくCygames本社に突撃取材。(このへん騎空士の夢叶えますを一応意識してたんだなってあとになって気がついた)

特番ということで今回のナレーションはビィくん役、釘宮理恵さんが担当。

そして社内の案内はご存知、グラブルディレクターのFKHRさんが担当。

★セクション毎のお仕事内容が公開!

放送内ではバトルプランナーセクションからはじまりイベントプランナーセクションまで全11セクションのお仕事の模様が公開。

随所に開発中画像ということでモザイク交えつつ、FKHRディレクターのデスクなどまで公開されていました。

KMR&FKHRスペシャルインタビュー

★スペシャル対談(えみりん&なおぼう&KMR&FKHR)ハイライト

なおぼう「コウくんの上限解放後の字コンテ(FKHRのディレクション)が知りたい」

特に出したわけじゃなく上がってきた案から選んだのがあの添い寝だった模様。

えみりん「推しキャラを他属性でも使いたい!」

KMR「それ大変なやつですね」

対談というより平常運転なえみりん。

★6周年イベント「シスたそ、十天衆やめるってよ(仮)」は単発で完結するストーリーに

周年イベントは3年続いた「どうして空は蒼いのか」でしたが、次回の十天衆のイベントは単発で終わるストーリーになるとのこと。

すでに7周年のイベントも考え始めているとのこと。

●FKHRディレクターインタビューハイライト

★1年を振り返って

「2019年のグラブルはお約束になっていたイベントのパターンなどを変えていくというものがあった」

「来年大きな変化が起こるかなと思っているので、その準備として必要だった」

※なおお約束変わったと感じた騎空士様少ないと思うんです

★今年行ったアップデートについて

・4年目もそうだったが、便利に遊べるようにっていうのが軸にあってそこを重点的に改修してきた

・コンテンツの消費ってゲームに限らず世の中早い、前の年通用していた事が通用しなくなることもある

・それを踏まえて無くすものは無くしましょう、これは絶対にやらないといけないというのを明確に区切ってやっている感じです

★来年のイベントもほぼ固まってきている

今年のイベントの主役はファスティバとかメドゥーサとか、おーこの人が主役なんだ、という人選は狙ってやったところはある。

来年も現時点でだいたい固まってはいるけど、そこの見せ方というのは考えたい

新しいキャラしかでないイベントもやりたいといった要望も。

★メインシナリオは本当に佳境に向かっているんです

割と今年後半からいきなり言い始めた感じがするこの話。

本当に長い長い長い旅を経てようやく3つ目の空域についたばっかりだったりするのでやってる側からすると結構ポカーンとするのです。

★来年のグラブルはゲームそのものが大きく変わる

最後に2020年のグラブルとしては、グラブルフェス2019でも発表のあった「バトルシステム2.0」について改めて豊富が。

●KMRプロデューサーインタビューハイライト

★現在RANK175

今年はどのくらいグラブルをプレイしましたか?について

各イベントは一通りクリアまでやっていて、古戦場も10億行くまで遊んだりしてたとのこと。

RANKについては全然上がらなくて、逆にみんなどうやって上げてるんだといったコメントも。

★今年の古戦場についてはいかがでしたか?

「結構遊び方が洗練されていて、普通の人が普通にやっているというよりは皆が試行錯誤をすごくしているので、そこなかでどこを触ったらいいのかというのはセンシティブ※なところだと思っている」※雑には扱えないとか慎重にやらなきゃとかの意

「そこをちょっとずつ、ときには大きくアップデートをかけつつ調整してきた(SPバトル、EX+、新HELLなど)」

★新生アーカルムはだいぶ変わる内容に

関連記事:アーカルムの転世「レプリカルド・サンドボックス」

★今後のスピンオフについて

(最初にRelinkがまだ残っているという大前提があって)

舞台、オーケストラ、アニメ(続編、イベント)、映画もやりたい

昔はともかく今言われるとどれも実現しそうなもんだから6年目ってやっぱすごいわ(小並感)

新年放送は2020年1月12日からスタート

2020年のぐらぶるTVちゃんねるっ!については1月12日の放送になるとのこと。

★ぐらぶるTVちゃんねるっ!は二種類の方法でWEB視聴も可能

ネットではTOKYO MX配信サイト「エムキャス」にて同時配信と、放送終了後に一週間の見逃し配信が可能になっています。

また、放送翌日の月曜18時からはyoutubeのぐらぶるTVちゃんねるっ!アカウントでも一週間の見逃し配信が可能になっています。