【グラブル】2019年11月版「ゼノ・ディアボロス撃滅戦」周回情報&六道武器「アドヴォケイト」の必要素材個数などイベント立ち回り解説/はじめての撃滅戦情報まとめ

2019年11月開催ゼノ・ディアボロス撃滅戦イベント情報まとめ

【開催期間】
2019年11月7日(木)17:00~11月13日(水)19:00
※前回開催:2018年12月

【イベント属性】
闇属性ボス光属性有利イベント

【イベント報酬武器】
六道武器「六道・普天幻魔」(ディア刀)が入手可能

【イベント特記事項】
3回目の開催に伴い新六道武器「デモン・アドヴォケイト」が追加

「撃滅戦」イベント内容まとめ

・「討滅戦の上位難易度」イベント

・イベント報酬の目玉はEX攻刃(特大)スキルなどを持つ「六道武器」

●基本的に中級~上級者向け高難易度イベント

公式ページのお知らせにも討滅戦のEXや、MANIACがクリア出来る人が入り口くらいの難易度だよという表記あり。

元は上級者イベントとしての位置づけでしたが今では中級~と言った位置付けか。

撃滅戦の初開催は2017年2月、マグナ2武器はおろかまだマグナ召喚石の4凸もなかった時代の「上級」なので最近のシナリオイベントのPROUDなどに比べればまだ工夫次第でなんとかなる。

マグナ3凸十分に集まっていない段階の人でも、汁チェインなども駆使すれば無理くり武器を集める事も可能です(後で詳しく解説)

闇属性六道武器「普天幻魔」「アドヴォケイト」入手方法と性能情報

六道武器の特徴と入手方法

★第一スキルのEX攻刃スキルはゲーム中トップクラス

六道武器の特徴は第一スキルのEX攻刃(特大)

Slv15時のEX攻刃効果は「23%」と高く、EX武器としてはゲーム中最高の攻撃力となっています。

※コラボ武器などのSlv15EX攻刃(大)は18.0%、Slv20のEX攻刃(大)は21.0%、虚空武器シリーズは20.0%

撃滅戦の第二スキルはメイン装備時限定で発動するといった特殊な条件のあるタイプになっているのも特徴です。

★入手方法

・シングルバトルからのレアドロップorマルチバトルの「赤箱」からの限定ドロップ

・各武器5本の交換在庫が存在

ドロップチャンスはマルチ赤箱orHELLからの限定と自力ドロップのハードルは高い。

真・普天幻魔性能情報

奥義効果:睡眠効果/幻影効果(2回)

第二スキル「普天の怨鎖」:連続攻撃確率UP/回避率UP ◆メイン装備時/主人公のみ

奥義効果の睡眠はその後の攻撃で即座に起こしてしまうものの、睡眠状態はほぼ防御下限扱い(訂正:睡眠は25%でした、昏睡が50%扱い)

そのターン中は行動も封じる事が出来るので、効く敵には便利な武器。

★剣神解放強化も強力

剣神解放:味方全体のDA確率(約30%)/TA確率UP(約10%)(3T)

剣神共鳴:自分が即座に奥義発動可能(ウェポンバーストと同一効果)

グローリー(剣聖)でメイン装備した時の効果も優秀。

「デモン・アドヴォケイト」性能情報、主人公依存の非常に強力な背水武器

奥義効果:味方全体に与ダメージ上昇効果(最大3万加算)/高揚効果(10%)(奥義含む4T)

第二スキル「普天の呼び声怨鎖」:主人公依存背水スキル(全体に適用)、効果値はHP1時点のMAXで約45%の背水(別枠)、通常背水、方陣枠とは異なる別枠

Slv15のグラシの背水性能がMAX30%、セレ拳がMAXで22.5%、加護の乗る、乗らないの違いはあるものの、第一スキルがEX特大な事を考えると思った以上に強力な効果。

高揚効果についても奥義回しが重要なボスバトルなどでは輝く。

特にマグナでは高難易度バトル用途で装備出来るスパルタ、セージ向けの装備が少なかった事からありがたい。

撃滅戦の武器追加はこれが最後かもしれませんが、最後の最後でとてもいいものが来た印象。

ゼロからならどっちを集める?

どっちも1本作って損はないですがゼロからどちらか1本選ぶなら…今回追加された槍の方か。

武器種のステータスの影響で攻撃力が高いのは普天幻魔(刀)ですが、メイン武器の使用用途を考えると圧倒的にデモン・アドヴォケイト(槍)の方が用途は多くなりそう。

闇の剣と槍のメイン武器装備候補は本当に恵まれていない状態。

課金武器をのぞけば剣なら虚空剣(アーカーシャ)、麒麟剣(四象降臨)などは存在、困ると属性変更の七星剣に手が伸びるレベル。槍は…セレ槍くらいか…?本当になんにもねぇな!

という事情もあるのでスパルタ、セージのメイン用途なら、そんなに極端な背水をしなくても十分活躍してくれると思います。

ショップ交換レート

交換在庫 暗玉の破片
ディアボロスのマグナアニマ ゼノ・ディアボロスの真なるアニマ 妖魔の枷鎖
1 30 20 3 10
2 60 30 5 15
3 100 40 10 20
4 150 70 20 35
5 300 150 50 70

真化(4凸)必要素材 ※2本とも必要素材は同じ

・ショップ>特殊武器強化>六道武器の真化より4凸が可能

4凸本作成に必要になるイベント素材まとめ

※普天幻魔/アドヴォケイト共通

交換 真化 合計 入手先
暗玉の破片 340 340 討伐戦
幻魔の破片 40 40 討伐戦
ディアボロスのマグナアニマ 160 160 討伐戦
ゼノ・ディアボロスの真なるアニマ 38 5 43 マルチ限定
妖魔の枷鎖 80 80 HELL/マルチ
栄光の証 20 20 汎用
黒霧の結晶 30 30 セレマグ
ディアボロスのアニマ 100 100 討伐戦
玉鋼 2 2 カジノなど

幻魔の破片=共闘EXでもドロップ
※妖魔の枷鎖はHELLで固定ドロップ枠あり(Lv70=1/Lv100=2/Lv120=3+全Lvでランダム枠1個)

六道武器は難易度EXからもドロップ、マルチは「赤箱」限定

撃滅戦からドロップするSSR装備は4種類

・討滅戦SSR「ディアボロスボウ」
・SSR召喚石「ディアボロス」
・六道武器SSR「普天幻魔」
・六道武器SSR「アドヴォケイト」

六道武器のドロップはシングルバトルならEX、MANIAC、HELL全てからドロップチャンスが存在。

マルチバトルについては赤箱(自発/MVP)限定のドロップとなっています。

撃滅戦の順位箱チャンスは3位まで。割と獲得するのにはハードルが高い条件になっています。

シングルバトルのドロップ率はかなーーーーーーーり低い。落ちる時はポロッと落ちるものの過度な期待は禁物。

ディアボロスボウはディスペアー剣聖装備で使う事も

討滅戦武器の「ディアボロス」はディスペアー剣聖(HP依存の無属性ダメージ)用の編成で使う場合があります。

この他グラゼロをコピーしたルナールにも効いてきます。

通常守護なので比較的ハデス向けの装備ですが、いつか使う事になるかもと残して置くのもあり。3~5本くらいは使ったりもする。

古戦場前には最後の闇属性エレメント入手チャンス

討伐戦に比べれば落ちない事もないですが、狙って集めるのはちょっとしんどい確率(体感)

★小技

他の素材が大量に犠牲にはなるものの、4凸を行うことでエレメント20個の水増しは可能。

バレットに必要になるアニマは素アニマの方なので安心して大丈夫。

オマケ:バレット素材適正はありますか?

ソルジャーのバレット「ハデスポイントⅢ」の作成に必要になる「ディアボロスのアニマ」が入手可能。

ハデスポイントⅢ一つに「600個」必要。

さらにジョン・ドゥ用なら最大2つ必要なので合計で「1200個」が必要、こりゃゲーム内でも屈指の苦行ですわ(経験済み)

ドロップ個数ですが難易度EXで2~6個。平均すると多分3~4個といった所。

討滅戦EXの方が大体2~3個といった感じなので個数的には撃滅戦の方が上回りそう。

ただし周回の快適性は落ちるはずなので割とどっこいどっこいになりそう

 

ゼノ・ディアボロス撃滅戦、各種難易度ボスの攻略情報まとめ

ゼノ・ディアボロス、各種難易度基本情報

EX:ゼノ・ディアボロス
HP:約880万 CT:◆◆ 無効:※麻痺(HP50%~20%区間のみ有効)

睡眠(HP100%~50%/HP20%以降有効)

備考:3ステージ構成
MANIAC:ゼノ・ディアボロス
HP:約1150万
CT:◆◆ 無効:麻痺(HP50%~20%区間のみ有効) 備考:4ステージ構成
HELL:LV70ゼノ・ディアボロス
HP:約550万
CT:◆◆ 無効:麻痺(HP50%~20%有効)グラビディ(HP20%以降無効)
HELL:LV100ゼノ・ディアボロス
HP:約1790万
CT:◆◆ 無効:麻痺(HP50%~20%有効)グラビディ(HP20%以降無効)
HELL:LV120ゼノ・ディアボロス
HP:約2285万
CT:◆◆ 無効:麻痺(HP50%~20%有効)グラビディ(HP20%以降無効)
マルチバトル:ゼノ・ディアボロス
HP:約1億1000万
CT:◆◆ 無効:ブレキ/麻痺(HP50%~20%有効)/グラビディ(HP20%以降無効)

ゼノ・ディアボロス、特殊技情報

特殊技情報
「ナイトメア・フォール」(通常) ダメージ無し/全体に睡眠(2T)/奥義ゲージ-20%
「ヤウスの脈動」(OD) 全体闇属性ダメージ/DAUP(2T)
「エニグマ」(通常※HP50%~20%) ランダム闇属性多段攻撃/1体に防御ダウン(3T)
「ゴアブライト」(OD※HP50%以下) 全体闇属性ダメージ/味方全体のCT+1
「葬咎の歌」(通常/OD※HP20%以下) 全体無属性ダメージ(最大HPの30%ダメージ)
「ディスペイン」(HPトリガー/汚染デバフ反応行動) 単体闇属性攻撃/汚染デバフを闇の侵食(1T)に上書き

※CTを消費しない

※闇の侵食=毎ターンHPが減少する状態(消去不可/マウント貫通/最大HPの20%ダメージ)

行動トリガー情報
EX
HP50%「変身」 ODゲージリセット/CTMAX
HP25%「ディスペイン」 CTを消費せずに発動
HP20% 「変身」 ODゲージリセット/通常攻撃が全体化
HP20%以下のOD時点に発動 CTMAX
MANIAC
HP75%「ナイトメア・フォール」 全体に睡眠(2T)/奥義ゲージ-20%
HP50%「変身」 ODゲージリセット/CTMAX
HP25%「ディスペイン」 CTを消費せずに発動
HP20%「変身」 ODゲージリセット/通常攻撃が全体化
HP20%以下のOD時点に発動 CTMAX
HELL
HP75%「ヤウスの脈動」 全体闇属性ダメージ/DAUP(2T)※Lv70は未使用
HP50%「変身」 ODゲージリセット/CTMAX
HP25%「ディスペイン」 CTを消費せずに発動
HP20%「変身」 ODゲージリセット/通常攻撃が全体化
HP20%以下のOD時点に発動 CTMAX
マルチバトル
HP50%「変身」 ODゲージリセット/CTMAX
HP25%「ディスペイン」 CTを消費せずに発動
HP20%「変身」 ODゲージリセット/通常攻撃が全体化
HP20%以下のOD時点に発動 CTMAX
HP10% CTMAX

睡眠デバフに味方のアビリティ使用間隔+1ターンと好き勝手にさせると非常に嫌らしいボス。

ただし撃滅戦ボスの中では一番弱いのでは・・・?とも言われてたりする。演出の重さは最凶だけどな!

難易度HELLのHPはLv120でも2285万。手慣れてきた人なら光古戦場の2000万選手権のいい練習台にもなったりする。

重たい人はAndApp版などで回避出来る事も ※コメント情報追記

ゼノ・ディアボロス、ゼノ・コキュートスなどは演出になにか使っているのか、非常に重たい(という声が多い)マルチになっています。

前記事のコメントで、Chromeブラウザ版で重い人もAndApp版試してみればというものがあったのですが、実際有効っぽいです。

困っている人はお試しあれ。

ゼノ・ディアボロス撃滅戦攻略注目ポイント

・討滅戦と違い単体ボス

・CTが短いので特殊技ラッシュに注意

・マウント貫通のデバフあり

討滅戦では2体構成のボスですが撃滅戦では単体構成。

一見めんどくさそうな性能だが、睡眠以外に致命的な事もしてこない(ただしCTは短い)

形態変化はするけどマグナ2などにあるデバフのリセット等はなし、安心してボコって大丈夫。

マウント貫通の汚染効果はやっかいに見えますがアビリティの使用だけで解除が可能。

ナイトメアフォール対策にマウントがあれば怖さは殆どない、マウントはセルエルの他、μ’s2年生チームが持っている。

汚染デバフ反応トリガーのディスペインですが優先順位はHPトリガー>ディスペイン>CTMAXの順。

ただ全体的な特殊技の構成を見ても、強い人ほど雑魚に感じる反面、ギリギリの人ほど力負けしやすいボスでもある。

後ちょっとで倒せそうだけどゴリ押されて負けてしまう場合は、この手のタイプは耐久方面でテコ入れするよりも何とか力押しする手段を選ぶと割とさっくりいけたりする。

撃滅戦のバトル種類について

基本的にトレジャー交換形式のイベント(コラボイベント)と同様の形式になっています。

●シングルバトル

・EXTREME

・MANIAC(1日2回制限)

●シングルバトル(HELL)

・HELL(Lv70)/HELL(Lv100)/HELL(Lv120)

★難易度HELLについて

初期はLv70のみ解放、撃破毎にLv120まで段階的に解放。

EX撃破時に確率で出現(3回連続しなかった場合は4回目で確定出現(天井要素))、MANIAC撃破時は確定で出現、

Lvに応じてHELLトレジャーがドロップが固定ドロップ。

※Lv70=1個/Lv100=2個/Lv120=3個+共通で1個のランダムドロップ枠が存在(Lv120なら最大で4つ出るケースあり)

●マルチバトル

・マルチバトル(Lv100)

●シングルとマルチバトルについて

ドロップするものはほぼ共通ですが、「ゼノ・ディアボロスの真なるアニマ」はマルチバトル限定ドロップ。

「妖魔の枷鎖」はマルチバトルからドロップする事もありますが、難易度HELLで確定ドロップ枠が存在します。

※元はHELL限定トレジャー→救済的にマルチに追加されたという経緯が存在

★シングルバトルメインの周回時は雫の恩恵が大

シングルEX周回の場合は倒す敵(道中雑魚)も含めて落ちる宝箱の個数が多くSSRなどのレアドロップ箱も低確率で存在すると見られています。

したがって雫などによるドロップアイテムアップの恩恵はマルチバトルと比べると格段に高いです。

普段使ってない人も周回中はなるべく雫入れたほうが吉。

はじめての撃滅戦周回考察

イベント中に集めないと行けないのは二種類だけ

武器の交換と真化に複数のトレジャーが必要になりますが、撃滅戦限定のトレジャーであるのは「ゼノディアの真なるアニマ」と「妖魔の枷鎖」の2種類だけ。

真化はイベント終了後でも出来るので、ギリギリの人はここの数だけ見ておけばOK。

なお自発しすぎると幻魔の破片が足りなくなるのはご愛嬌。

周回先考察

引用元:ドロップ検証部スプレッドシート

★検証報告の重要ポイント

・武器は難易度EXからでも落ちる

・マルチからの六道武器ドロップは赤箱のみ

・マルチから赤箱が取れなくても限定トレジャーは落ちる

武器の直ドロは正直宗教。EXでも落ちる時は落ちる。HELLどれだけ回っても落ちない時は落ちない運ですよ運。

初心者でも種を犠牲に作れば無理やり作る事は一応可能

・MANIACとマルチバトルの自発条件はEXTREMEを「自発クリア」

・EXTREMEは汁復活が可能

・マルチバトル救援でも必須トレジャーは全て集める事は可能

★HELLは最低難易度でもいいのよ

HELLは3段階存在。妖魔の枷鎖の個数は異なるものの、周回回数でカバーが可能。

★EX周回、HELL周回が厳しい人向け

EXの撃破自体が難しい、非常に時間がかかるという人も汁復活をすればマルチの自発自体は解禁される。

これで無理くりマルチバトルの自発条件を満たして、後はひたすら自発するorマルチロビー募集に参加するという手法も。

※撃滅戦開催時はマルチロビーの自発に「EVENT」タブが出現。

※追記訂正:ロビーの撃滅戦募集は連戦ルームは作成不可能

★本当にマルチ救援だけで集める事は出来るのか

上記のドロップ検証にもある通り交換に必要なトレジャーはマルチバトルで入手出来ることからBP使いまくれば理論上は可能。

ただしかなり膨大なBPと労力は必要。

仮にEXの撃破を諦めてマルチ救援勝負だけで行くならネックになるのは妖魔の枷鎖の「80個」

過去の皮算用(本当にざっくり皮算用)では赤箱のドロップを一切期待しない場合では大体1戦当たりのドロップ期待数は0.15~0.20個。

大体5戦で1個ドロップすると仮定すると丼勘定では400戦=1200BPとなる。