【グラブル】古戦場、共闘などの「機能制限」を受けているユーザーが可視化予告、団長、副団長のみ確認が可能/武器の所持本数確認方法が拡大、ケル銃、フィンブル8本目の在庫が追加

■2019年7月3日グラブルアプデ情報、アプデ予告まとめ

[7/9実装予定]団長、副団長が確認可能、不正ツール使用による「機能制限」状態が可視化

グラブルゲーム内、2019年7月9日(火)のアップデート予告として「機能制限情報の通知」についてのお知らせが登場しています。

★機能制限ってなんだ

2019年6月21日の告知にて「ツール利用が確認された全てのアカウントには、プレイ停止期間が解除された後も”永久的に”古戦場での貢献度獲得、共闘の参加、救援ID入力を停止、の処分が発表。

このペナルティ食らってる状態がいわゆる「機能制限」という表記になるみたいです。

思い切った厳罰化が話題になるとともに、団長ちゃんの胃薬案件にもなりそうだった該当ユーザーの見分け方でしたが、可視化のアップデートが行われるとの予告が登場しています。

★表示箇所と確認出来るページについて

・既存の団員、スカウトを飛ばしたい騎空士を対象に確認が可能

・機能制限状態を確認出来るのは「団長」「副団長」のみ

既存の団員と、団員をスカウト画面から加入したい騎空士に対して確認可能。

確認が可能なのは「団長」「副団長」の役職のみに限られるとのこと。

武器の所持数がリスト、倉庫からでも確認可能に

あの武器どこやったっけ・・・?まさか砕いた?

というケースが稀によくあるグラブル装備。

情報画面でリストに何本、倉庫に何本という表示が出るようになったので、これでなくした装備が見つけやすく。なおプレボについては引き続きカウント外なので注意されたし。

4日開幕のイベント開催に先立ちフィンブル、ケル銃の交換在庫が1個追加(8本目)

7月4日19時からのイベントに先立ちフィンブル、ケル銃の交換在庫追加アプデが実装。

それぞれ8本目の在庫となっています。レートについては今回も変更無し。

フィンブル、ケル銃はドロップとしてはHELLボス限定ドロップ、そして既存コンテンツの中でも屈指の低ドロップ率。

これでドロップ無しでも4凸2本は作成可能(理論上)にはなりますが、HELL限定素材はLv120でもドロップは3個+1個(ランダムドロップ枠)

最終上限解放素材も含めると少なくとも100周以上は周回不可避な必要量となっています。

まぁだいぶ覚悟はしておけ。