【グラブル】ゼノ・コキュートス撃滅戦、ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦イベント情報まとめ、コキュートスには新六道武器(コキュ琴)が追加!

撃滅戦「ゼノ・コキュートス(3回目)」「ゼノ・ウォフマナフ(4回目)」

【イベント期間】2019年5月10日(金)19:00~5月17日(金)20:59

【イベント属性】

「ゼノ・コキュートス撃滅戦(4回目)」:水属性ボス/土属性有利イベント

「ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦(3回目)」:土属性ボス/風属性有利イベント

【イベント特記事項】

・EX特大スキルを持つ六道武器が入手可能

・六道武器はイベントトレジャーなどで真化(4凸)が可能

・ゼノ・コキュートス撃滅戦は3回目の開催にともない、新六道武器(楽器)が追加

コキュ琴(仮)だけどビジュアル的にリヴァ琴とかうな琴とか言われちゃいそう。

撃滅戦イベントについて

・「討滅戦の上位難易度」となる上級者向けイベント

・イベント報酬の目玉はEX攻刃(特大)スキルなどを持つ「六道武器」

●基本的に上級者向け高難易度イベント

※前回開催時のお知らせより

公式のお知らせにも「討滅戦MANIACをクリアしてから」挑戦とあるように、最低難易度のEXでも討滅戦MANIAC以上の難易度となっております。

●目玉はEX特大スキルを持つ「六道武器」

イベントの目玉報酬はEX特大スキルを持つ「六道武器」、イベントトレジャーを通じて真化(4凸)も可能。

スキル性能はもちろん、メイン武器としても優秀な武器が多いのが特徴。

●難易度HELLは天井出現あり

ソロでの武器集めに重要となる難易度HELLは天井出現あり。

MANIAC撃破時に確定出現、EXは3回連続で出なかった場合は4回目に確定出現となっています。それまでに出た場合は天井カウントもリセット。

ゼノ・コキュートス新六道武器「ダンテの竪琴」が追加

撃滅戦3回目で追加される新六道武器。今回はゼノコキュが3回目の開催。

追加されたのはダンテの竪琴。

第二スキルは特殊技反応の攻防デバフ(メイン装備時)、奥義効果は弱体成功率UPと渾身バフ。

渾身バフ部分はウーノととは共存出来ず。

非常に優秀な武器に見えますが、問題は最近エリュシオンを第一線では使わなくなっているところか。楽器の強いEX2ジョブはよ。

半額期間中は雫ブーストを特にお忘れなく!

【半額関連期間】
2019年4月27日(土)17:00 ~ 2019年5月12日(日)16:59

日曜17時までは半額キャンペーンが開催中。

討滅戦、撃滅戦といったシングルバトルコンテンツは特にトレハンの影響が大きい傾向があるので、雫ブーストはしっかりかけていきましょう。序盤が勝負。

ゼノ・コキュートス撃滅戦、報酬情報、ボス情報まとめ

ゼノ・コキュートス各種難易度基本情報

シングルバトルはEXは3ステージ、MANIACは4ステージ構成。

マルチバトルの自発には「氷獄の結晶」が3個必要

氷獄の結晶は撃滅戦イベントの他、討滅戦、共闘パンデモニウムで入手が可能。

ゼノ・コキュートス、特殊技情報

ゼノ・コキュートス撃滅戦攻略注目ポイント

・HPトリガー多め

・氷結デバフは対処推奨

・ブリザード、敵対心UPによる即落ちに注意

・HELLは古戦場演習にはもってこいのHP

上級者イベントと銘打たれているが、HPを見ての通り、低難易度なら十分撃破チャンスはある。

六道武器「真・氷逆天の戦棍」

奥義効果はクリアヒールと優秀。水のEX武器はマグナなら鉄板、神石でも意外に末永く1本は入ってくるので、コキュ琴(仮)といずれか1本は持っておきたい所。

ゼノ・コキュートス撃滅戦、必要トレジャーまとめ

※5周年で共闘トレジャーは討滅戦EXでもドロップするように変更

現在の交換在庫は5本ずつ。交換のみで4凸1本ずつ作成は可能。

ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦、報酬情報、ボス情報まとめ

ゼノ・ウォフマナフ、各種難易度基本情報

マルチバトルの自発には「裁考の水晶」が3個必要

裁考の水晶は撃滅戦イベントの他、討滅戦、共闘パンデモニウムで入手が可能。

ゼノ・ウォフマナフ、特殊技情報

ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦攻略注目ポイント

・3体構成

・王道攻略は中→右→本体の順に撃破(ソロ/マルチ共通)

・アパスタークの絶命には要注意

王道の倒し方は中→右→本体の順。

だがHP量や最近のきくうしさまサイドのインフレっぷりから見ても、恐らくマルチでは本体からボコボコ撃破されそうな予感。

3体構成ということで本体のHPも低い。古戦場で1550万犬が倒せるならHELL周回は余裕。

六道武器「ラスト・シャフレワル」

奥義の属性バフは20%/3Tとそこそこ優秀。土属性はメイン用の剣が乏しいのでイベント入手出来る武器としてはありがたい存在。

剣神解放効果も連続攻撃UP、CT8、効果3Tとおまけ程度だが使い道はある。

ダメージの変転効果は古戦場では微妙だが、アーカーシャ、ルシファーHLといった高難易度ボスには頼りになる事も。将来を考えても1本はキープしておきたい性能。

六道武器「真・裁考天の鳴弦」

九界琴と違い、弱体成功率は持たないが回復性能はこちらが上回る。

エリュシオンには優秀なメイン武器だが、エリュシオン自体がちょっと下火なのが悲しい所。

優先度としては剣優先でOK

ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦、必要トレジャーまとめ

初心者でも何とか六道武器を手に入れる方法【再録】

・六道武器は全ての難易度から直ドロップあり

・マルチバトルの六道武器は赤箱(自発箱/MVP箱)にのみ存在

・マルチバトルの自発にはシングルバトルEXクリアが必要

・シングルバトルEXはエリクシール復活が可能

・撃滅戦限定トレジャーは二種類だけ

・基本的には最低難易度でも難易度HELLを撃破出来ないと真化は大変

・ひたすらにマルチバトル参加すれば集められない事もないが・・・?

洗礼となるシングルバトルEX撃破

上級者イベントという事で、初心者帯には洗礼となるシングルバトルEX攻略。これをクリアしないとマルチバトルの自発が出来ない。

逆に言うとどうにかこうにかEXをクリアしてしまえば、マルチ自発が可能になる。

マルチ自発救援でひたすら赤箱を集めるorひたすら救援に入り続けてトレジャーを集めれば、凄まじい量の汁と粉は必要になるものの1本入手は不可能ではない。

幸い、シングルバトルEXはエリクシール復活も可能。ぶっちゃけヨダ爺で汁山さんすればゴリ押しは可能。

ボスのHPもイベントEXよりも低い程度なのでフルチェインを叩き込み続ければ何とか勝てる相手・・・ではあるかもしれない。なお道中雑魚もそこそこ強敵のなのでご注意ください。

後はイベント限定トレジャーさえ集めてしまえば、イベント終了後からでも真化は可能。

マルチバトル周回考察

開催直後はマルチロビーも賑わう

撃滅戦開催時はマルチロビーにも撃滅戦ルームの設置が可能。

マルチロビーでは「連戦ルーム」「全主張りルーム」の両方が立つ。

連戦ルームの場合は自発は1回だけになりますが、野良流しより安定した消化が望める。

全主張りルームの場合は、初心者帯では赤箱の入手が絶対に不可能になってしますが、自発トリガーが不要。潜り込みやすいというメリットもある。

ひたすら救援に突っ込んだ場合の皮算用

武器の交換、真化で必要な、撃滅戦の限定トレジャーはそれぞれ2種類。

4凸に80個必要な撃滅戦トレジャー(ソロ)は本来はHELLからのドロップが中心だがマルチバトルの金箱からも低確率で入手が可能。

各種報告などではおおよそ1戦当たり0.15~0.2個程度。400戦程度(1200BP)を使えば1本分の素材を集める事は可能。よほどやる気がある人でもない限りはオススメしません。

一方、最低難易度でもHELLが撃破出来れば、こちらは固定ドロップ枠が存在するので交換難易度的には大幅に楽にはなる。

Lv70周回か、それともLv120周回か

もうちょっとレベル帯上がってHELL周回も出来るようになった人向け。

撃滅戦開催時に定期的にネタになる話題。HELLの直接ドロップはかなりの低確率でさらに六道武器は2択の抽選。

Lv70HELLはHPだけ見ればシナリオイベントのEX+、マグナボスより弱い。

周回速度ももちろんだが、トレハン編成などでLv70を撃破出来るなら個人的にはLv70周回の方がハマりにくい印象はある。割と最後は好みの問題。

ウォフもコキュもどっちも回らないといけないのがつらいところよ

古戦場に向けては5月に土属性有利古戦場、続いて7月には水有利古戦場が到来予定。

どちらの装備も取っておきたいというのが忙しいところ。

なお5周年記念武器チケットを残していたら最悪どちらかのカバーは可能にはなる。

共闘なしで行くクラス4取得コース

ここ忖度。

2019/4/26の調整で、クラス4ジョブの取得に必要になる英雄武器の作成素材が緩和。

人馬の円盤といった共闘トレジャーは討滅戦でも、もうひとつの●●書も対応召喚石マルチ、高級鞄HL、撃滅戦でドロップするようになっています。

召喚石マルチ(土ならメドゥーサ)で書を集めるのはちょっと苦行過ぎてオススメできませんが、討滅戦EX周回、または撃滅戦周回まで出来るようになればPの言う通り、共闘に通わずともクラス4の作成は十分可能なはず。共闘苦手な人はこの機会にこちらのルートを目指してみても。