【土古戦場準備編】半額中のマルチ周回先考察、ドロップ入手可能な主な土属性装備まとめ

恒常マルチボス(属性ごと)のうま味比較

●ひとことメモ&ロビー連戦事情

★マグナ

まずはここから。溶けるので基本的に連戦は組まれない

★マグナHL

5周年アプデで本体のHPが1億程度まで弱体化された。

・・・お蔭で非常に狩りやすくなったが30連戦にも耐えられなくなった。ロビー募集の際は10~15連位が限度じゃなかろうか。エサ的には実は一番の完全栄養食。半額中は消化ペースも上がるので個人的にはおすすめ

★旧召喚石マルチ/新召喚石マルチ

基本的にはグランデ/アルバハNのトリガー集めに通うマルチといった立ち位置。

エサ的には非常に美味しくない、武器はちょっとニッチな性能なので武器目的に拘泥して通うのはおすすめしない。自発消化を日課にするのが個人的には大正義。

★召喚石HL

5周年アプデでヒヒイロカネドロップが削除となった。

マグナ武器4凸の必須トレジャーのプシュケーが入手可能。基本プシュケー目的で行くところ。参戦人数が18人HLとなりかなり気軽に参戦はしやすくなった。とはいえ、この辺のボスからは一応行動表とかも見たほうがいいゾ

★高級鞄HL

自発クリアが高級鞄(召喚石)の4凸条件。6人HLなので予習はしっかりしてから。

★マグナ2

マグナ2武器は赤箱、青箱からしか落ちないので、青箱を取れる火力が必須条件になる。

周回事情(対ゴブロ):半額効果&風古戦場でみんな風パが育ちまくったこともあって、非常に消化速度は早い。

青箱のドロップ率については、稼いだ貢献度の割合で比例すると見られています。青箱貢献度が足りないと嘆く人はATブッパなどで回転数上げるのも手かもしれない。

恒常マルチボス(その他)のうま味比較

※ルシファーNと天司HLのトリガーが逆になっていたのを訂正しました。

★よわバハ

トリガー:真なるマグナアニマから作成

主な目的:バハムートウェポン作成、つよバハトリガー入手

消化事情:猛者がつよバハトリガー狙いで狩りまくってるので消化速度は早い。野良救援でも殆ど倒してもらえる。たまたま30人初心者が集まってしまったら泣こう。

★つよバハ

トリガー:よわバハから入手

主な目的:バハムートウェポン(フツルス作成)、ヒヒイロカネ掘り、紫電角集め

紫電角はセラフィックウェポン4凸、終末武器で用途が増えたので需要急増中。

消化事情:猛者が延々とヒヒイロカネ掘りに勤しんでいる。ただし、自発箱のヒヒイロカネ欲しさに自発する人もたくさんいるので、自発募集は取り合いになっている。背水での高速消化を狙って、ヒール、クリア禁止といったいわゆる環境部屋もあったりする。基本的にはダメって言われることしなきゃ大丈夫。

◆つよバハ自発の難しさについて

つよバハ自発クリアはアーカーシャHLの自発条件となっていますが、ヒヒイロカネは自発赤箱の比重が大きく、ロビー連戦は基本的に自発募集の激しい奪い合いになっています。

アーカーシャの自発トリガーがめんどくさい(マリス・フラグメント×3)事から、つよバハ→アーカーシャといった2連戦募集すると比較的埋まりやすい…時期があったのですが、そろそろこれも通用しなくなる時期かも。

今となっては麻痺延長があれば5,6人強い人がいれば攻略自体は出来るので、どうしても困ってるなら団の人や先輩諸兄にお願いして見るのも手。

★ジ・オーダー・グランデ

トリガー:旧召喚石マルチのアニマから作成

主な目的:銀天の輝き、コスモス武器

銀天の輝き不足の頃は延々と通うことになる。

消化事情:今となっては大した難易度でもないが、需要的につよバハと違って猛者は基本的には来ることがない。

ロビー連戦、団内救援など、真面目に殴ってくれる人に来てくれる努力はした方がよさげ。団内ディールにルールがある場合はちゃんと守ろうな!

★黄竜、黒麒麟、黄竜・黒麒麟HL

トリガー:四象金印×1(HLは×2)

主な目的:黄竜、黒麒麟武器(入手、4凸、5凸)、黄竜、黒麒麟召喚石、黄竜、黒麒麟のアニマ(天司武器4凸素材)

消化事情:黄竜、黒麒麟のマグナアニマがセラフィックウェポン4凸で必要に。マグナアニマは圧倒的にHLの方が出やすいので、ロビー連戦も基本的にはもうHLに偏っている。光、闇の複合ボスなので基本的には得意な方の属性で挑もう。

30人マルチなので30連戦となるが、消化時間でも野良なら40分~1時間程度と早め。というか凄まじいM争奪戦になる。

金印トリガーの都合上、四象降臨イベント後しか募集は立たない。

★四大天司HL

トリガー:天司の羽根4種×1

主な目的:セラフィックウェポン4凸

消化事情:野良ロビーの18連戦で60分~90分程度。

6属性の4凸に必要な光輪は各24個ずつ。

朝令暮改で天司の光輪は青箱から確定、通常箱からは1個は落ちやすくなったが順位箱(金箱)からは落ちなくなった。

という事で青箱を取るのがとにもかくにも重要、青箱の安定ラインは約60万とみられる。

現状、光輪を集め終わるあと通う必要がなくなるので、時間が立てば立つほど強い人は減っていく。自然、青箱率は上がるかもしれないが消化時間も長くなる可能性は非常に高い。

・セラフィックウェポンの必要素材

セラフィックウェポン4凸には対応の属性エレメント500個と黄竜or黒麒麟のマグナアニマが必要。

終末武器、セラフィックウェポン、マグナ2武器4凸、いずれも属性エレメントのコストは非常に高い。

祝福スキルの効果は1.2倍→1.23倍とそこまで高くはない。いずれを優先するかはしっかり考えておきたいところ。

★アルバハN

トリガー:新召喚石マルチのアニマから作成

主な目的:無垢なる竜の武器、アルバハHL自発トリガー

消化事情:野良ロビーでは40分~2時間オーバーコースまである。強い人はアルバハHLトリガー目的で毎日の様に通っているが、所要時間もかかるボスなのでロビーだとRANK制限が厳しく設定されがち。そしてRANK制限が緩いルームだと所要時間も長くなりがち。1戦5分かかってしまうと150分=2時間半コースなのでまぁちょっと覚悟はしておけ。

銀天、天司アニマなども落ちるので、末永く通っているとこの辺の在庫は気にならなくなる。

★アルバハHL

トリガー:アルバハNから入手

主な目的:オメガウェポン、ヒヒイロカネ

ご存知、旧最難関コンテンツ。今でこそ猛者が遊び感覚で倒しているが、難易度的には非常に高い。じっくりねっとり予習と準備をして単発自発募集から始めましょう。

★ティアマト・マリス

トリガー:緑星or黒星の輝き

主な目的:ティアマトマリス武器/アーカーシャHL自発トリガー

同じ6人HLの高級鞄HLよりも1段階は強い難易度と見たほうがいい。予習必須。

★アーカーシャHL

トリガー:ティアマト・マリスから入手

主な目的:虚空武器/●●の銀片/カギ(虚空武器必要素材、終末武器5凸)

消化事情:ロビー18連戦なら1時間~2時間(それ以上)は覚悟した方がいいかもしれない。アルバハNと同じ理由で募集RANKはかなり高めになりがち。

★ダーク・ラプチャー(ルシファー)

トリガー:天司のアニマ4種類×1

主な目的:終末武器(4凸まで)/ルシファーH自発トリガー

消化事情:ロビー連戦だと40分程度の高速消化も多いが、実は極悪ボス。

30連戦ならフルチェイン2連発で終わったりするが、これはみんなでふっ飛ばしてるからできてる事であって攻撃性能やトリガーは実は極悪。単発野良流しは危険。

★終末武器作成難易度

Nの30連戦は比較的潜り込みやすく、ルシファーNのトレジャーを集めるだけなら難易度はそこまで高くない。交換→4凸まではルシファーNで達成も可能。

ただし交換に属性エレメント500個、スキルレベルはバハ武器と同一レートと非常にコストが高い。

★ダーク・ラプチャーH(ルシファーH)

トリガー:ルシファーNから入手

主な目的:終末武器(5凸まで)

5周年で登場した最高難易度バトル。開幕3万無属性ダメージ、1000万ダメージ試練(ルシファーHの防御は20と普通のボスの2倍の硬さ)など強烈な足切りラインも存在。

よほど装備が整っている人でも無い限りは、基本的にはRANK210(全体HPLB)以降の世界と思っていい。

5凸の必要素材はこんな感じ。

必須素材は対応属性でのクリア称号(1回目、5回目)

その他、ヒヒイロカネ、紫電角(つよバハ)、虚ろなる鍵(アーカーシャHL)、オメガユニット(つよバハ)、アスタロトのアニマ(共闘6-2)と、これでもかってほどすべての上位マルチの攻略が必要になる。

15→20までのスキルエサも尋常でない量が必要となっており、古戦場までに間に合わせるだけでも一苦労。

土古戦場向け、ドロップ入手可能な土属性武器紹介

★土のマグナ武器シリーズ

ゆぐ剣:攻刃のみだが攻撃目的だけなら最後まで入る。最終的にはクリンゲとどちらを強化するかで悩む事に。

ゆぐ弓:極端な背水が効いた頃は活用方法もあったが今はかなり空気。極端な背水する時に1本欲しくなったりはする。

ゆぐ杖:攻刃&守護と基本的にはつなぎ性能。マグナ2でクリンゲが存在するので基本的にはお別れする

★土のマグナ2武器シリーズ

 

ニーベルン・ホルン(ゴブロ斧):ご存知渾身、技巧武器、基本的にはグリム琴と同じ使い方になる。現状土マグナの主力。4凸3本両面マグナ編成で技巧が100%発動になるので、ここが目標になる。お肉集めの片面編成を想定するなら5本まで。

ニーベルン・クリンゲ(ゴブロ刀):ゆぐ剣5凸には攻撃力は劣るがゴブロ斧と合わせた場合、守護が輝く。実用編成では2~3本程度は入る。ルシファーH編成ならそれ以上入ることも。

ニーベルン・メッサー(ゴブロ短剣):メッサ落ちる。基本いらない子扱いだがイクシード持ち。極端な背水や、十分なバフがあればお肉集めで輝く可能性はある。メッサー2本、水ゾ、オクトー、ジンさんとか。

★土の旧召喚石武器シリーズ

ペルセウス:ダイヤモンドから夢を放てない方

オールド・ペルセウス:ダイヤモンドから夢を放つ方。W攻刃なのでお肉集めで3凸1~2本持っておくと輝く。

ただしオールド武器は基本落ちない、これでもかってほど落ちない。このためだけにメドゥーサ周回するのは泥沼にハマるのでおすすめしません。基本はマグナ2、アーカルムの副産物で集めよう。

★土の新召喚石武器シリーズ

いずれも通常攻刃なのでティターン編成用の武器

ソロモンドライブ:攻刃&背水武器、背水効かせる場合は候補に入る、なおライバルというか上位互換にストゥラトゥムバンカー(ユーステス開放武器)が存在

マイムールヴィジョン:暴君が気にはなるが、一応優秀なスキル構成、リミ武器が足りない内は入ることもあるかも。4凸可能な銃なのでメカニックのメイン装備の候補でもある。

★土の高級鞄武器シリーズ

メッサーと同じくイクシード持ち。肉集めならマグナでも使える可能性はある。がやはりイクシード目的で編成に入れると逆に奥義ダメージ上限に届かない現象も発生しやすい。

★六道武器 ※ゼノ・撃滅戦イベント武器

ぐらぶるTVちゃんねるっ!にて5月10日よりゼノ・ウォフマナフ撃滅戦の開催が発表

裁考天の鳴弦(ウォフ琴):最近はエリュシオンが空気なの。

ラスト・シャフレワル(ウォフ剣):なにわ無くとも土剣。奥義は攻撃バフに加えて属性転換と珍しい効果。古戦場では意味がないが、高難易度コンテンツで評価は上がってたりする。

◆EX装備枠考察

ブレイブグラウンドの開催が絶望的になったので、古戦場のEX装備枠は虚空武器or六道武器といった感じになる。EX装備枠は育成段階にもよるが1~多くて3枠。

マグナ2装備の進捗などがやばそうならここで装備枠を埋められるチャンスでもある。逆に虚空武器を使うつもりなら1本も入らないこともある・・・かもしれない。

★撃滅戦を周回できればクラス4入手も簡単に!

ってKMRが言ってたので急遽追加。

共闘素材で必要となっていた、5k換金トレジャーは削除。

残るパンデモニウムEX素材は討滅戦/撃滅戦で入手が可能。

EX素材の書(土なら巨人の書)は共闘以外では、メドゥーサマルチ、ギルガメッシュマルチ、そして撃滅戦で入手が可能。

メドゥーサで巨人の書30個集めるのはちょっと無理ゲーですが、撃滅戦周回できれば巨人の書30個は集めることは確かに可能。という事で共闘アレルギーの人もがんばればクラス4は達成可能だ!

クラス4と撃滅戦EX初撃破どっちが難易度高いかって言われたら微妙なところだがな!

これ、後になって思ったんですが、わざわざこういう事を書くと言うことは新米騎空士さんがかなーり詰まってるor脱落ポイントになっちゃってるってデータがある感じなんでしょうかね…

実際ワイも共闘は昔から苦手(今もですが)だったりしましたが、強さの幅がこれだけ広がってしまった中、自分ひとりじゃ倒せないパンデモ2~3層のボス相手に人を集める、部屋に入るってのは相当精神的なハードルが高い気はする。

言うてもその先にアスタロトとか言うものがあるから共闘無くても何とかなります路線は割と早々に壁にぶち当たるのでやっぱり掘り下げられないゾ