【風古戦場編成準備】2019年4月風パ1550万選手権準備編、ミリン、サビルバラなど今回もSR勢が大活躍、召喚石フレイがあれば到達はかなり楽。どこまで重要になるかは新EX+犬次第

2019年4月開催「第43回決戦!星の古戦場」注目ポイント

●2019年4月開催、第44回古戦場イベントスケジュール

【イベント期間】2019年4月16日(火)19:00~4月23日(火)23:59

【イベント属性】土属性ボス/風属性有利イベント

●「第43回決戦!星の古戦場」注目ポイント

・肉集めボスに新難易度が追加

・既存の立ち犬はこれまで通りの約1550万HP

これグラ3月号、4月号で、目玉~犬までの難易度の再編が発表。

既存の1550万犬を1ターン撃破することで出現する、新EX+犬が登場する予告が出ています。

第43回古戦場、風パ1550万選手権一言メモ

●個人的結論メモ書き

・フレイ、シヴァの召喚石パワーで到達はかなり楽な分類

・AT0ポチ、非AT0ポチ1召喚、非AT2ポチも可能

・片面加護編成の場合は琴編成に要注意

・極限まで詰める場合は指輪もかなり重要に

・新EX+犬、団単位の肉シェアの流れもあって、重要度は大幅に下がる可能性も

・アーカルム石「ジャッジメント」はあれば楽だが必須級ではない

・召喚石「ラファエル」はなくても1550万には何の影響もなし

今回はポチ数にこだわらなければ相当楽な分類。

ただし最終シエテ、召喚石フレイ、背水なら水ゾなど、戦法によっては特定キャラ、特定召喚石が大前提にはなっています。

琴5本とかいうぶっ飛んだ編成もありますが、AT0ポチ、非AT2ポチなら琴3本でも到達は可能。

●ゼピュロスマンへのお詫び

神石編成の採用武器で、奥義関連に影響があるのはハツオイイルハル(イクシード/背水)くらい。

別枠スキルについても背水スキルが中心(ゲイアサイル、ハツオイイルハル)。

この様な事情もあって、ゼピュロス編成ならではの短ポチ手数というのは余りなく、ポチ数短縮を目指す場合にも、出来ることを考えるとほぼほぼリミ武器増やしてという話にしかなりませんでした。

という事で今回もほとんどカットだすまぬ。

ただし、出来ないかというとそういう訳でもなく、リミ武器4本くらい(エタラブ×3+リユニオン×1)など揃えた状態であればメカニック2ポチ編成などが出来る事は確認しております。

※追記:到達確認した装備編成

再現してもらってきた画像。風ヴィーラ解放武器は秘奥スキル。風では唯一の秘奥スキル。一応他の武器でも届きはするハズ。また、メインをオメガ銃にするならもう1本リミ武器減らせる…かもしれない。

風古戦場1550万選手権、最短パターンの実践例

●実践例の撮影時の条件

騎空団サポート、風船、風炉ありの状態で撮影しております。

メカニック2ポチ編成

・2ポチ到達はグリム琴3本がライン

・ポチ数にこだわらなければ手段は豊富

※追記 画像訂正、コメ指摘であったようにフレイ召喚を加えた状態の画像を掲載していました、メカ2ポチのみの画像に直しております

●キャラクター、装備編成

召喚石はWマグナ召喚石。

ミリンの200%奥義を達成するために、サブメンバーにはSRアーサーor水最終シャルロッテが必須(開幕奥義+5%)

両面マグナ編成の場合は、グリム琴3本で、方陣技巧のクリティカルは確定発動する。

実践例のダメージ的にはまだ余裕があるので、この装備からまだまだ妥協は可能。

アーカルム石ジャッジメントについてはなくても到達は可能、エタラヴの部分もバハ銃で十分代用が可能。

コスモス琴(AT)は奥義ダメージ底上げに採用、こちらも必須ではなさそうですが、他に1本武器用意するより楽だとは思うの。

逆に2ポチを目指す場合、必ず欲しいのはメイン武器としてのティア銃5凸。デバフを省略する場合は優先度はかなり高い。逆にデバフなどを入れるなら優先度は高くない。

ベルセルクAT0ポチ編成

・最終十天衆の比重高め

・グリム琴3本で到達は可能

●キャラクター、装備編成

召喚石はWティアマグ。

ブレイブグラウンド武器のヴィントホーゼを2本採用。実践例のダメージを見ての通り、この装備で結構ギリギリの状態。

ジャッジメントはSSR段階(7%)

ヴィントホーゼがない場合ですが、オメガ剣(チェンバアップ)採用すれば届く方法はあるかもしれない(未確認)

クリュサオル黄龍、否AT2ポチ編成

・メカ2ポチよりほんのり早い

・安定運用にはグリム琴5本が必須

黄龍加護効果+アーセガルで開幕フルチェインが可能、デュアルアーツの奥義2連発でさらに奥義ダメを稼ぐ戦法。

 

追記:装備編成、コスモスATが入っていましたが、編成的に不要でした(オールドナラクーバラに差し替え)

実践例ではコンパニオン武器にはオメガ刀(チェンバUP)を採用していますが、最適解ではありません(変わりがなかった)

自石黄龍と片面編成になるので、必要になるグリム琴は5本。

メカ2ポチよりほんのり早いが、黄龍召喚石にグリム琴5本が必要になる。ネタかガチか迷うレベルの編成ではある。

片面カツウォヌス編成

・0ポチ1召喚にはグリム琴5本が必要

・風オメガ刀もほぼ必須

・指輪厳選もライン高め

召喚石はカツウォヌス×ティアマグの片面編成

オメガ刀はカツオ編成ではおなじみになってきた渾身+チェンバ。

装備的に妥協出来るのはエタラブ→バハ武器くらいかもしれない、一応指輪を厳選すればジャッジメントの省略も可能か。

指輪の厳選についても、この編成だけは奥義ダメージ上限への到達が遠く、他の編成では奥義ダメ上限に届きやすいシエテ、ミリンも奥義ダメ上限に届かない事が多い。

足りない場合は他心陣+烈刀一閃の採用が一番楽。

これだけの為に琴5本とか正気ですか?って思うかもしれませんが、一応このままゴブロ突撃編成に流用は可能。一発20万貢献度は稼げる。

届かない場合の改善ポイント

まずはバフ、デバフを入れた状態でのダメージを調べてみる

アビポチの取捨選択、装備調整、指輪厳選など、全てにおいて重要になるポイント。デバフの成功率はひとまずおいておいて、ひとまずバフ、デバフを理想の状態に持っていったままでダメージを確認してみよう。

それでも足りない場合の解決策は、アビリティダメージを増やしてダメージを底上げするか、奥義ダメージそのものを更に上昇させるかの2つ。

届かないダメージを底上げしたい場合に、奥義ダメージ上昇が必要になるか、奥義ダメージ上限上昇が必要になるかは、ここの把握が出来ていないと出来ない。4凸バハなどを持っている人ならばサブ編成に入れてターン回して4凸バハ召喚してからやってみるとわかりやすい。

風パは召喚石フレイが入れば割となんとでもなる

SR勢縛りで6ポチ1召喚。

●召喚石フレイのここがすごい

・風パなら無凸でも開幕召喚可能

・山盛りバフでデバフ要らずで奥義ダメージ捻出が可能

・弱体成功率が上がるので主人公デバフが確定に

★召喚石フレイ召喚効果

攻撃性能UP:通常攻刃50%、ダメージ上限10%UP、アビリティダメージ80%UP、DA/TA率30~40%UP
防御性能UP:防御50%UP、回避率UP
奥義ダメージ20%UP
チェインバースト性能UP:ダメージ30%UP、ダメージ上限20%UP
弱体成功率UP:20%UP ※アビリティ、奥義とは別枠加算

引用元:グラブルwiki:召喚石/フレイ (SSR)

うーんずるい。この他3凸でマウント効果も追加。

攻撃面の大幅アップで奥義ダメージの上限に非常に届きやすくなる。

また、弱体成功率+20%のおかげで主人公デバフも確実に入れる事が可能に。

という事で、足りない場合にフレイ持ってるならまずはフレイ呼ぶところから始めてみよう。

ルリアによるフレイ&シヴァ召喚戦法と注意点

ルリアの特技は「1ターンに2回召喚」

フレンドシヴァを借りて、フレイ召喚→シヴァ召喚というコンボが可能。

ただしこの場合はティアマグ片面編成となるので、グリム琴を採用すると技巧の関係でダメージは大きくブレる。片面で確定クリティカルにはグリム琴5本が必要と楽するつもりが本末転倒になりかねない。という事で、グリム琴の採用には要注意。

計算機さんに聞いて見る場合、ラストストームハープの技巧スキルを削除してみると分かりやすい。拳の所持数次第だが、大体1~2本の採用に落ち着くはず。

トライアルで試す場合は技巧のブレも考慮して、ちゃんとブレなく届いているかは何度か試して確認する必要あり。

その様な事情で、フレンドシヴァ戦法の場合はグリム琴より、背水スキルのティア銃編成の方が相性はよさそう。

既存の装備がまだまだティア銃が主力の場合、水ゾ採用した背水編成に振り切った方が楽な場合も多い。

琴が足りないなら背水の方が楽ではある

フレイによるダメージ底上げも、シヴァによる底上げも、琴が足りていない技巧の不安定を何とか出来る要素は薄い。

かといって琴以外の装備となるとティア拳、ティア銃、六道武器などが候補になるが、いずれも奥義ダメを伸ばしやすいタイプの武器ではない。このためだけにティア拳の本数を増やすのも、エレメント量を考えるとコスパは悪い。

グリム琴足りない場合は背水での到達を狙ったほうが楽な感じはする。ただしこれはこれで水ゾ必須感が増えてしまうのですが…

一応魔鯛が引けていれば開幕召喚することで25%被ダメは可能。

今回は苦戦しそうな水カツオ出張編成

・1550万犬のダメージ耐性は15%

・トライアルなら1830万ダメージが目安

・前回までの光闇古戦場と違って、水船の選択肢はなさそう

・新EX+犬にはさらなる属性耐性が予告

編成案、水着グレアがいる場合はヨダ爺→水着グレアも。

カツウォヌス召喚だけで届かない場合、主人公他心陣+烈刀一閃などで底上げは可能。

前回、前々回の光闇古戦場では、闇船、光船が無かったことから水船、水炉のサポートを選択する団もありましたが、今回は流石にどこも風船になりそう、また水炉をわざわざ導入する団もほとんどなさそう。

編成例で出した画像では到達は不可能。ブルースフィア+テュロスビネットの数が5本からようやく土俵という感じはする。

採用候補キャラクター紹介とLBの振り方

★シエテ(最終前/最終後)

さすがの頭目。いるだけで味方全体の奥義ダメ+50%、最終後は上限も+10%になる。

★ニオ

昏睡効果はダメ1.5倍効果。指輪で6%引けば犬には安定して入れる事が可能。

奥義にアビダメ追加効果があり奥義ダメ自体も高い。

サポアビ効果にアビリティ命中率アップがあることから、主人公のデバフも安定運用が可能になる点が大きい。

★ミリン(SR)

ご存知奥義ゲージ200%のミリンちゃん。

奥義ゲージ200%時は非常に奥義倍率が高く、SRキャラなのにダメ上限に届きやすく、さらに奥義ダメ上限も非常に高い。指輪も奥義ダメ上限を狙っていける。200%奥義ダメージも一発扱いになるのでシヴァとの相性も良好。

3番手で奥義200%を打つ場合のLB構成。

★サビルバラ(SR)

同じく奥義200%だが、ミリンと違い奥義倍率の壁が厚い。

指輪効果による奥義ダメの厳選をしないと、奥義2連発打っても他の候補にダメージ負けする事もしばしば。

また、シヴァ召喚と組み合わせる場合は2回目に乗らない事から相性は悪い。

★ルリア(イベSR)

W召喚を目指すなら軸候補に。

奥義ダメ上限もSSRキャラより高く、奥義効果に防御デバフも持っている。

ただしアビリティダメージを持たないことから足りない場合の底上げには向かない。

★ユーリ(SR)

部下の数で奥義ダメージUPの特性が輝き、部下が2人いる状態なら奥義ダメ上限に楽々届く。そして奥義ダメ上昇LB持ち。

防御デバフ付きアビダメ持ちなど、実はものすごい優秀。

ただし奥義ダメージの上限自体はルリア、ミリンなどと比べるとそこまで高くはない。この辺はユーリくんの限界。

★ミュオン(イベSR)

イベントSRなので持ってる人はみんな持ってる。

片面防御デバフ、属性バフ持ち、独自ステの加速lv効果で奥義ダメージが伸ばしやすいと、ダメージ届かない人の救世主。

採用する場合は3ポチ不可避なのがネックではある。

★その他SSRキャラ勢について

紹介がほとんどSRキャラになってしまいましたが、SSR勢についても採用出来ないわけではない。

メリッサベルならアビリティダメージの底上げに貢献が出来たり、水着ユエルも無属性99万追加ダメージを持っていたりと、到達を楽にするキャラクターは多い。

ただし、そこまで開幕の奥義ダメージに特化したキャラは少ない。風パについては本当にSR勢のが最適解になっていたりする。

★LBの振り方の参考★

オメガ武器のチェンバアップとヴィントホーゼについて

・チェインバーストダメージ上限上昇効果は最大50%

・ヴィントホーゼSlv15=30%上限上昇

・ガフスキーΔ=50%上限上昇

ヴィントホーゼは2本で上限に届く。

また、チェンバ上限自体の枠は共通なので、チェンバの上限だけを考えるなら両方積む必要はない。

どうなる新EX+、1550万頑張る価値は高くなる?薄くなる?

・新EX+のHP、お肉量次第では団単位で勝ったほうが楽な可能性

・団のお肉シェアが活発な団なら薄い

今回の古戦場から再編が行われる目玉~犬までのボス。

現在の1550万犬は引き続きEX犬として登場。新EX+犬はHPなどについては不明。

新EX+犬の自発には1550万犬のターンキルが条件となるので出来る事に越したことはないが、新EX+が引き続きソロで狩れるレベルなのか、お肉量はどうなるのか、この辺は蓋を開けてみないとにゃんともいえない。新EX+は救援条件は特になく救援に入ることが可能。

正直頑張って用意したけど1回やったら必要なかったわ!というオチになる可能性もなくはない。逆に新EX+犬のHP次第では、新たなる選手権が開催される可能性もある。

最近は上位団でも団内救援でお肉を分け合うムーブの意識が強くなってる印象が高い。1550万犬の戦貨調整を見ても、団内のお肉共有のムーブを加速させたい意図はありそうな気はする。

まぁこの辺は正直蓋開けてみないとにゃんとも言えない。