【グラブル】アーカルム10賢者、ニーア(デスの契約者)、ガイゼンボーガ(ザ・スターの契約者) 現時点でのキャラクター性能評価、運用考察

5周年大型アップデートにて実装された、アーカルムの転世にて入手が可能になった10賢者。

ここまで2人ずつ紹介してきましたが今回でラスト!最後は闇属性の賢者「ニーア」光属性の賢者「ガイゼンボーガ」の2人の紹介をお届け!

引用元:「アーカルムの十賢者」紹介!

★10賢者取得までの必要素材についてはこちらで!

光と闇の賢者についてはそれぞれ1人ずつしかいませんが、光と闇のアストラの入手機会が4属性に比べると少なくなっています。

どの賢者も最初に取得を目指すのはそれなりに覚悟がいりますが、中でもこの2属性はハードルがさらに上がりそうな感じです。

●10賢者共通の特徴

サポートアビリティにはサブ編成にいる場合に常時発動するアビリティと、バトルメンバーとして登場する時に発動するサポートアビリティの2種類が存在。

公式記事では「戦闘不能になった場合」という表現ですが、公式ヘルプでは吹き飛ばし効果などの効果でも適用されるとなっております。チェンジ、タクティクスコマンドといったアビリティの入れ替えでは発動しないとも明記あり。

この辺、細かい条件についてはまだまだユーザー間での検証中だったりします。

ニーア[デスの契約者]キャラクター性能&評価

年齢:17歳
身長:156cm
種族:エル―ン
趣味:本の執筆
好き:読書、空想
苦手:拒絶

実装前のイラストから期待を裏切らない雰囲気の私を愛しての言葉。

中の人は下屋則子さん。Fateでは間桐桜を担当。…なるほどね!

ニーア[デスの契約者]実装時点の性能評価

ニーア[デスの契約者](CV:下屋則子)
SSR 闇属性 特殊タイプ エルーン 得意武器:斧、短剣
◆アビリティ情報◆
死ト愛ノ世界 フィールドを死ト愛ノ世界に染め上げる(個別フィールド効果)
【Lv55でターン短縮】
使用間隔:使用間隔:7ターン→6ターン 効果時間:3ターン★死ト愛ノ世界=敵味方の攻撃がアップし、さらに味方全体に闇属性追撃効果を付与★個別フィールド効果=個人デバフと同様、発動した自PTとボスのみに有効の効果フィールド枠は別枠(全体2フィールド+個人1フィールドは展開可能)
愛シイ人 闇属性キャラ単体と自分が効果中必ずトリプルアタック/被ダメージを50%軽減

 

◆愛ノ救イが2減少/味方一人にのみ付与可能

【Lv75でターン短縮】
使用間隔:6ターン→5ターン 効果時間:4ターン

終焉ノ愛 闇属性キャラ単体の奥義が2回発動(1回)
◆愛ノ救イが1減少
使用間隔:4ターン
◆奥義◆
クラ―ゲン・トーテンタンツ 闇属性ダメージ(特大)/愛ノ救イが少ないほど奥義性能UP
◆サポートアビリティ◆
愛ヲノゾム意志 自分に愛ノ救イ効果(バトル開始時13/毎ターン2減少し、0になったターン終了時に戦闘不能になる/被ダメ9割軽減)

 

◆この効果以外で戦闘不能になった時、敵と味方全体に弱体効果

※消去不可

 

蘇生時も13カウント状態で復帰

死の逆位置(サブメンバー時効果) 闇属性の主人公が瀕死状態ではない時、そのターン中不死身状態
恋人の正位置(バトルメンバー登場時効果) 闇属性キャラに渇望効果(自動復活効果/被ダメージ吸収効果)
◆再発動不可

●最長7T目で落ちる人生背水性能

サポアビ「愛ヲノゾム意志」による固有ステータス「愛ノ救イ」は13カウント。

毎ターン2消費する他、アビリティでも消費、カウントが尽きるとニーアも戦闘不能になる。と、稼働限界が決まっている珍しい子。

さらにこの効果以外で戦闘不能になった場合は4T消去不可能のどぎついデバフがかかる模様、敵味方共になので逆に使える可能性もある。

軽減9割と鉄壁なのにこの効果以外で落ちることあるの?って思うが、水ゾの背水運用で割とさっくり落ちるケースはありそう。この辺は注意しないとダメかもしれない。あとあれだ、デス召喚が出来なくなるやんけ!

一方、カウント尽きて落ちる分にはデメリットは発生しない。主人公のリヴァイヴ、エウロペ召喚効果などを使えば1戦闘の間に蘇生出来る機会は割と多い、フロント復帰には・・・なるほどここでデスを使えばいいのか。

いっそサブ無し編成ならリヴァイブ+エウロペで20Tで程度の稼働は見込めそう、意外と長持ち、ただしこの戦法だと正位置発動出来ないの。

●その分、アビ効果も強力

フィールド効果は敵味方ともに攻撃力が上昇、追撃効果は味方だけ特権。

2アビは効果4Tのツーマンセルタイプのバフ。3アビも奥義2連発バフとかなり強力。

2アビ効果はTA確定、ニーア自身も格闘斧得意ということもあって虚空武器との相性は良好。

奥義2連発は奥義効果的にはルナール、ターニャ(SSR)がちょっと面白い性能してますが、もう一声欲しいところ。

後22日のアプデで「グラディエーター」「クリュサオル」って二刀流の面白そうなジョブも追加されるのでここも見逃せない。後なにかヤバそうな奥義効果ないかなぁとか思ったらカドゥケウスが見つかったけど見なかったことにする。

ニーア自身が愛ノ救イが少ないほど奥義性能UP効果を持っているので、効果量次第では最後にド派手に散ってくれるかもしれない。

●サポアビ「死の逆位置(サブメンバー時効果)」

“闇属性の主人公が瀕死状態ではない時、そのターン中不死身状態”

これのせいで暴君スキルと敵対心減少スキルに上限が設定されちゃったでござる。不死身効果は闇ジャンヌと同様の効果なので、多段攻撃でもそのターンは戦闘不能にならないはず。

●サポアビ「恋人の正位置(バトルメンバー登場時効果)」

渇望効果は「自動復活効果/被ダメージ吸収効果」の2つの効果。

ニーア自身にも付与が行われ、カウント0からの自動復活はデバフが発生しないまま13カウントに戻る模様。

2アビを使っても12T前後は活動出来る感じになる。3T目くらいに出て来たと考えると、15Tまで生存可能、古戦場のLv95~100でもギリギリ何とかなりそうなターン数。

なお闇パならデスの召喚効果で開幕確定でニーアの呼び出しは可能。ここはニーアちゃん特権。

●まとめ

一見制約がかなり厳しそうには見えるが、その条件下でもやっていけそうな運用は思いつくキャラ。

意外とアラナンの次くらいには確固たる役割を持ち始めそうな気がする。

召喚石「デス」性能情報

メイン加護効果はこちらも”キャラ攻撃力アップ”、デビルなどと同様属性石ではない点に注意。4凸まではHP-30%の効果があったがついに消去されている。

召喚効果のTAUPは+100%、4T(4凸↑)と非常に強力。ニーアがいる時使うのは怖いが、逆にニーアを確定で呼び出せる存在でもある。

ガイゼンボーガ(ザ・スターの契約者)実装時点の性能評価

年齢:34歳
身長:205cm
種族:ドラフ
趣味:戦争
好き:凱旋祝賀の酒一献
苦手:敗北の地と土の味

趣味が戦争とかいうやべー人。

ただ一番常識人な模様、でも一番不憫。

ガイゼンボーガ(ザ・スターの契約者)実装時点の性能評価

ガイゼンボーガ[ザ・スターの契約者](CV:てらそままさき)
SSR 光属性 攻撃タイプ ドラフ 得意武器:格闘
◆アビリティ情報◆
パンツァーファウスト ターゲットに関わらず17回ダメージ/自分の敵対心UP(累積)/鉄腕Lvが1上昇(最大3)
【Lv55でターン短縮】
使用間隔:6ターン→5ターン★鉄腕効果=通常攻撃とカウンターによる与ダメージが上昇
ドレッドノート 自分にかばう効果(全体)/カウンター効果(被ダメージ/3回)
【Lv75でターン短縮】
使用間隔:8ターン→7ターン 効果時間:1ターン
アイル・ベット・マイ・ソウル 自分に不落の孤城効果/効果終了時に戦闘不能

◆光属性キャラから回復や強化アビリティを受けると効果時間を延長
使用間隔:15ターン 効果時間:5ターン

 

不落の孤城効果

・致死ダメージでもHP1で耐える不死身効果
・敵の弱体効果にかかりづらくなる弱体耐性UP効果
・自分の残りHPが少ないほど攻撃がUPする逆境効果

◆奥義◆
ハルマステール・フィスト 光属性ダメージ(特大)/自分に天来効果

 

★天来効果=TA上昇/防御ダウン(被ダメ2倍相当)

◆サポートアビリティ◆
闘争求む重鎧 奥義ゲージが溜まりにくいが通常攻撃の与ダメージが高い
◆鉄腕Lvに応じて効果UP
星の逆位置(サブメンバー時効果) 光属性キャラが敵から受ける闇属性ダメージの最大値を10000に固定する
戦車の正位置(バトルメンバー登場時効果) 自分に傾星の鎧拳効果(天来効果中必ずクアドラプルアタック/カウンター(被ダメージ/1回))
◆再発動不可

●カタログスペックと実際の使用感に大きく乖離がありそうで評価するのが怖いキャラです

他のキャラも大体そうではあるんですが、この人はほんと実際使ってみると全然使用感違いそうで書くの怖い。

基本的には不落の孤城効果で不死身になって、相手の攻撃を吸いまくってどかーんって感じはしますが…

というかお前さんも稼働限界あるのかい・・・

回復アビや強化アビを使って効果を延長してる部分はフュンフが相方だとかなり楽ではある。

15Tの間に10発アビを入れればぐるぐる回せる計算だが、これは流石に無駄打ちになりそう。

●ハマれば相当ロマンのあるキャラ

奥義の天来効果は召喚石スターも持つ効果。TA上昇は確定でもないのに防御ダウン効果は実質被ダメ2倍相当とどぎついデバフ。

ただしガイゼンボーガは持ち前の耐久力で入れ得になりそうな雰囲気はある、サポアビ正位置効果時ならTAを上回るクアドラプルアタック。しかも与ダメアップも持ってると超楽しそう。

問題は奥義が溜まりにくいと言うことで、効果ターンが気になるところですが…

召喚効果が3T(4凸時)公式説明文見る限りも天来効果は3Tありそうで回せそうな感じはします。

●3アビなしでも使えるかどうか

3アビを打たずに回せるかどうかでも運用は変わりそう。

ゼウス編成ならサティフィケイトの防御バフで、天来効果もある程度は相殺も出来る。ただしゼウス編成は基本渾身。

うーんどうだろう。これが運用出来るなら虚空斧編成で相当面白いパーティ組める様な気もする。

●サポアビ「星の逆位置(サブメンバー時効果)」

“光属性キャラが敵から受ける闇属性ダメージの最大値を10000に固定する”

よわバハ、つよバハの破局ですら10000で受けられると言うことか。

●サポアビ「戦車の正位置(バトルメンバー登場時効果)」

天来効果中は必ずクアドラプルアタックと、ガイゼンボーガを使うならまず発動させたい効果。

ただ光パに限定するとパパっと落ちてくれるキャラはロザミアくらいなものというのが悩むところ。

●まとめ

色々不安な部分はありますが1回使って見てえなぁ…

召喚石「ザ・スター」性能情報

加護効果は完全にサブ装備用の効果。

召喚効果の天来効果は、ガイゼンボーガの評価でも書きましたが確定しないTAバフなのに被ダメ2倍クラスの防御ダウンと、メリットに対してデメリットがきっついの。召喚演出だけは楽しいドララララァ