【グラブル】アーカルム10賢者、カイム(ザ・ハングドマンの契約者)、ロベリア(ザ・タワーの契約者) 現時点でのキャラクター性能評価、運用考察

徐々に取得者も出てきたアーカルム10賢者!

今回は土属性の賢者「カイム」「ロベリア」2人の紹介をお届け!

引用元:「アーカルムの十賢者」紹介!

★10賢者取得までの必要素材についてはこちらで!

●10賢者共通の特徴

サポートアビリティにはサブ編成にいる場合に常時発動するアビリティと、バトルメンバーとして登場する時に発動するサポートアビリティの2種類が存在。

公式記事では「戦闘不能になった場合」という表現ですが、公式ヘルプでは吹き飛ばし効果などの効果でも適用されるとなっております。チェンジ、タクティクスコマンドといったアビリティの入れ替えでは発動しないとも明記あり。

この辺、細かい条件についてはまだまだユーザー間での検証中だったりします。

カイム[ザ・ハングドマンの契約者]キャラクター性能&評価

年齢:10歳
身長:128cm
種族:ヒューマン
趣味:シミュレーション(趣味というより契約者としての唯一の目的)
好き:特にない
苦手:愚かな者(苦手というより嫌悪)

グラブルでは貴重なショタ属性。

カイム[ザ・ハングドマンの契約者]実装時点の性能評価

カイム[ザ・ハングドマンの契約者](CV:國立幸)
SSR 土属性 全てのタイプ ヒューマン※ 得意武器:短剣、格闘※
◆アビリティ情報◆
ダブルディール 土属性キャラの次に使用したアビリティが再度使用可能になる
◆再使用不可
【Lv55で使用可能ターン短縮】
使用可能:4ターン後→3ターン後
ビギニング・オブ・ジョーカー 仲間のアビリティを模倣する
◆次のこのアビリティが「エンド・オブ・ジョーカー」に変化
【Lv75でターン短縮】
使用間隔:8ターン→7T
【B.O.J使用後】

エンド・オブ・ジョーカー

土属性キャラにさまざまな強化効果
◆次のこのアビリティが「ビギニング・オブ・ジョーカー」に変化
【Lv75でターン短縮】
使用間隔:8ターン→7T 効果時間:3ターン
ブランクフェイス バトルメンバーが最初に使用したアビリティの種類に応じてアビリティ内容が変化
使用間隔:5ターン
【攻撃アビリティ使用後】

スペードトリック「♠」

ターン経過なしで通常攻撃を実行/自分のスペードランクが1上昇(最大4)
◆スペードランクに応じて攻撃UP/慧眼効果
使用間隔:5ターン★彗眼効果=相手ボス属性にかかわらず有利属性攻撃扱い
【回復アビリティ使用後】

ハートトリック「❤」

味方全体のHPを回復/自分のハートランクが1上昇(最大4)
◆ハートランクに応じて回復性能UP/吸収効果
使用間隔:5ターン
【強化アビリティ使用後】

ダイヤトリック「◆」

味方全体の奥義ゲージUP(15%)/自分のダイヤランクが1上昇(最大4)
◆ダイヤランクに応じて防御UP/変転効果
使用間隔:5ターン★変転効果:被ダメージを有利な属性(水属性攻撃)として適用
【弱体アビリティ使用後】

クラブトリック「♣」

敵全体にスロウ効果/攻防DOWN(累積)/自分のクラブランクが1上昇(最大4)
◆クラブランクに応じて弱体成功率UP/土属性追撃効果
使用間隔:5ターン 効果時間:180秒
◆奥義◆
ゴールデンドーン 土属性ダメージ(特大)/自分の3番目のアビリティがブランクフェイスに変化(3アビの状態を初期化)
◆サポートアビリティ◆
ワイルドカード 武器スキルの得意武器/タイプ/種族の発動条件を全て満たす
刑死者の逆位置(サブメンバー時効果) 装備している武器が全て異なる時、土属性キャラの攻撃UP/防御UP/ダメージ上限UP
愚者の正位置(バトルメンバー登場時効果) スペードランク、ハートランク、ダイヤランク、クラブランクがランダムで上昇
◆再発動不可

基本的には見ての通り。うん…見ての通り。意味わがんにゃい・・・

となりそうなスペックしてますが、読み込んでみると思ったよりもシンプルな使い所が沢山思い浮かぶ。

というわけでひとつひとつ見ていこう。

●ダブルディール

公式記事にも「ツープラトン」に適用可能とあるように、これだけでも相当使い道がありそうなアビリティ。

2連発という特性は黒麒麟召喚効果のCT即復活とはまた違う使い方になりそう。

土パでツープラトンというイメージはなかったのですが、地味に土パも環境が変わりつつあるので、虚空斧を使うなど、今までにない新たな戦術が生まれる可能性はありそう。

ちなみにこれ、自身のアビにも適用が可能な模様。

つまり1アビ→2アビ→2アビというコンボが可能に。

●ビギニング・オブ・ジョーカー

ビギニング・オブ・ジョーカーの効果自体はルナールのファクシミリが持つ模倣と同様の効果。

サラーサとのグラゼロ2連発はもちろん、土パならジークさんのマニガンス等も模倣が可能。

引用元:グラブルwiki:ファクシミリ能否一覧

ルナールと違い、土パ運用がそのまま出来るという点でボス戦でも面白い使い方はできそう。

エンド・オブ・ジョーカー

公式ページの説明文では以下の通り。

「エンド・オブ・ジョーカー」はアーカルム召喚石「ザ・ハングドマン」の召喚効果の一つである「土属性キャラにランダムで強化効果」の強化効果を全て付与できる強力な効果です!
ダメージ上限UPや弱体効果無効(1回)といった強力な強化効果を含む9つの効果を土属性の味方全体に付与する、

まるで強化の宝石箱のような効果です!

最後に軽く発作起こしちゃうの好き。

召喚石ザ・ハングドマンの強化効果はこんな感じ

★ハングドマン召喚効果(4凸時)
攻撃力UP
防御力UP
TAUP
バリア効果
活性(500/奥義ゲージ10%)
高揚効果(奥義ゲージ15%)
マウント
テンションUP
ダメージ上限上昇

ふぇぇヤバそう。

最短の発動ターンは14Tになりそうに見えますが、1アビの2連発効果が2アビに適応が可能な模様(1アビ→2アビBOJ発動(模倣は失敗)→2アビEOJ発動)

このコンボを駆使すれば4T目にブッパできることから、歩くフレイくんみたいな使い方が出来そう。

●ブランクフェイス

リーシャの号令の様に、最初に使われたアビリティの効果種類で4つの効果に変動するタイプ。

それぞれ「♠」「❤」「◆」「♣」のトランプの4種類のカードと「J(Lv1)」「Q(Lv2)」「K(Lv3)」「A(Lv4)」の4段階のLvが存在。

普段使いとしてはダイヤトリック、クラブトリックは便利そう。

ただし何を仕込んでおくかという部分で開幕、カイム奥義でブランクになった状態で判断する必要はある。

思った通りの運用が出来るかどうかはこりゃ使ってみないとわからんちん。

●サポアビ効果「ワイルドカード」

ワイルドカードの効果は「武器スキルの得意武器/タイプ/種族の発動条件を全て満たす」

こちらはカイムくん自身がワイルドカードとしての恩恵を受けられるという感じの模様。

オメガ武器、虚空武器、バハといった「合致タイプ」の武器はそれだけで入れ得ですが、テスカトリポカみたいな召喚石の場合はどうなんでしょうかね。ヒューマン2人並べたら都合よく解釈してくれるんだろうか。

●サポアビ「刑死者の逆位置(サブメンバー時効果)」

「装備している武器が全て異なる時、土属性キャラの攻撃UP/防御UP/ダメージ上限UP」

めっちゃロマンに溢れた効果。どちらかというとティターン編成向きの効果…になりそうか。

ウリエルの召喚効果など組み合わせれば、装備に関わらずダメージ上限UPがえげつない形で効く可能性はありそう。

ただこれカイムくんが出てきた時点で台無しになっちゃうのが怖いところ。

●サポアビ「愚者の正位置(バトルメンバー登場時効果)」

各カードランクの効果量次第ではかなり美味しい効果になるかもしれない。

土パはサラーサ、アイルなど、落とそうとすれば落としやすいキャラが多いので、ある程度狙って飛び出ささせる事は出来そう。

この辺は運用の想定に入れてもよさそうな気はする。

●まとめ

ややこしそうに見えて1アビの2連発効果、2アビの模倣or強力バフなど、非常にシンプルな使い勝手も思い浮かぶ子。

召喚石「ザ・ハングドマン」性能情報

メイン加護効果は”キャラ攻撃力アップ”。デビル同様属性石ではない点に注意。

ただし、カイムのサポアビを活かして色んなEX武器を並べてハングドマン×ゴブロとかいう編成案が産まれる可能性はある。

召喚効果にクリアがあるのが実は地味に大きい。取得、強化を進めることでバアルさんがエレメントになってくれる。

ロベリア(ザ・タワーの契約者)実装時点の性能評価

年齢:22歳
身長:181cm
種族:ヒューマン
趣味:『音』鑑賞
好き:『音』を聴くこと、雑談
苦手:黙っていること、何かを教えること

音を使った魔術に長けた青年「禍殃なる魔術師」ロベリア。

10賢者随一となりそうな問題児。壊れた吉良吉影みたいな人。

音楽好きだからニオたそとは趣味があいそうだね!

ロベリア(ザ・タワーの契約者)実装時点の性能評価

ベリア(ザ・タワーの契約者)(CV:野島健児)
SSR 土属性 攻撃タイプ ヒューマン 得意武器:杖、格闘
◆アビリティ情報◆
【リンクアビリティ】

デストラクティヴ・アージ

敵に土属性ダメージ/自分のトリプルアタック確率UP(100%/1回)/土属性追撃効果(1回) 
◆魔術刻印を1追加
【Lv55で性能強化】
使用間隔:1ターン(リンクアビリティで連動)
【リンクアビリティ】

ウォーブリンガー

敵全体に9倍土属性ダメージ/土属性キャラのアビリティ再使用間隔を3ターン短縮
◆魔術刻印を5消費
【Lv75で性能強化】
使用間隔:1ターン(リンクアビリティで連動)
【リンクアビリティ】

レネゲイド・ファイアブランド

土属性キャラに災禍の雷槌効果
◆魔術刻印を10消費
使用間隔:1ターン(リンクアビリティで連動)災禍の雷槌=土属性キャラの攻撃力とアビリティ命中率がアップ/アビリティを使用するたびに5倍土属性ダメージの追加効果が発生効果ターン:永続
◆奥義◆
ラ・ドゥルール・オーヴァーチュア 土属性ダメージ(特大)/追加ダメージ
◆サポートアビリティ◆
バベラスフィスト 3ターン毎に敵全体に土属性ダメージ
◆使用する度に効果UP(最大3回)/魔術刻印を1追加(最大10)
塔の逆位置(サブメンバー時効果) 土属性キャラがアビリティを使用時にアビリティダメージ上限UP(累積/最大5回)
魔術師の正位置(バトルメンバー登場時効果) 魔術刻印を10追加
◆再発動不可

●基本は毎ターン1アビポチって戦うマンだが・・・?

全てのアビリティがCT1のリンクアビリティとなっていますが、2アビ、3アビは使用に魔術刻印が必要。

基本的な運用としては毎ターン1アビ使いながら魔術刻印を貯めていく…という運用にはなりそう。ただし、サポアビの魔術師の正位置発動で魔術刻印が10追加と、ガラッと運用を変える事も可能。

1アビ効果もアビダメ+確定TA+追撃効果と強力。

●2アビはCT3短縮と使い所次第では面白い

2アビのウォーブリンガーは魔術刻印を5個使用。

コストを重いと見るかは意見が分かれそうですが、4~5T毎にPT全体のCT3短縮は相当でっかいと思うの。

いやこれカイムくんと合わせて使ってみてえなぁ・・・

●ロマンに溢れた3アビ「災禍の雷槌」効果

3アビのレネゲイド・ファイアブランドは魔術刻印を10個使用。

災禍の雷槌効果は全てのアビリティ発動時に、追加ダメージが発生する状態。永続消去不可能の特性持ち。

最近流行りの自動発動型アビリティの頂点に立ちそうな効果。

クビラちゃんの運用でも軽く気配はありましたが、アビポチを押すだけの元を取れるか、という部分では大きく感覚をぶっ壊しそうな気配はある。

●サポアビ「バベラスフィスト」タワーの召喚効果に似た効果

第一サポアビのバベラスフィストは3ターン毎に自動発動するアビダメ効果か。魔術刻印も1貯まる。

●サポアビ「塔の逆位置(サブメンバー時効果)」

こちらはフロントのアビダメ上限がアップ(累積)

一番恩恵がもらいたいのはロベリア自身ってところが、うーん。採用するなら前に出したい。

●サポアビ「魔術師の正位置(バトルメンバー登場時効果)」

魔術刻印10持った状態で登場出来る。

3アビの恩恵からしても、初期に登場を確定させるコンボを組む価値は全キャラの中でも一番ありそう。

オクトーさんが毎ターン奥義ゲージ振りまく度に追加ダメージが発生する姿を想像するだけでもちょっとおもしろい。

※追記訂正あり:

ちなみに開幕即落ちしてくれる子としてはこんな子がいる。開幕アンデッドなのでキュアポでダウン。

※追記:ポーションの使用条件がHPが減っていること、が条件の為にリタ単体では上記戦法は不可能とのご指摘をいただきました。

セレスト相手に試してみましたが

回復アビ:HP満タンでも押せる
キュアポ:対象キャラのHPが減ってないと押せない
オルポ:誰か一人でもHPが減っていると押せる

となっていました。という事でこの戦法を無理矢理やるなら

・主人公他心陣などで一人のHP減らしてからオルポ→リタにキュアポ
・回復アビリティ(メディク)を積むor回復アビキャラを入れておく→リタにキュアポ

ともうちょっと面倒な前提が入っちゃいそうです。うーん元取れるかは微妙な手数に。

ただし取得条件は神バハバージンソウルBD第二巻特典orリンクスチケと取得難易度は滅茶苦茶高い。

●まとめ

キャラの中身も性能もやばそう、ただし既存の土パの運用をゼロから考え直す必要が出てくるかもしれない。

召喚石「ザ・タワー」性能情報

加護効果はメインが土のセスランス、サブ編成時がHPアップ(5凸で30%)

召喚効果の塔効果は3T毎に自動発動する攻撃。3回目が最大ダメージ。グリムの召喚効果のようなものと言いたいがこちらが元祖。ただし他の多くのアーカルム石と異なり、5凸でも開幕召喚は不可能。

土はキャラパワーが高い事から、ハングドマンに人気が集中している感は強い。

面白い性能はしてるんですが、カイムくんも面白い性能してるんですよねぇ・・・

古戦場スケジュール的には土パが一番熱いかもしれない

次回古戦場は4月風有利古戦場が開催、周期的には本来は土有利が来てもいい順番だった・・・という事で、次の次は流石に土有利でしょというのが大方の見解。

賢者取得に必要なアストラ200個は風古戦場に間に合わない人も多そうですが、土古戦場であれば間に合う人も出てくる可能性がある。