【グラブル】福原DによるディレクターレターVol.2が登場!今年は恒例イベントなどのお約束が崩れる宣言、高難易度コンテンツ実装が多めになる予告も!

グラブル公式NEWSページにて、福原Dによる今年のグラブル展望を語る「ディレクターレターVol.2」が登場しています。

昨年2018年の1月以来となるディレクターレター。今年も2019年全体のグラブルの展望、構想などについても語られています。

引用元:ディレクターレター Vol.2

■ディレクターレターVol.2 注目ポイントまとめ

今年のシナリオイベントはお約束が崩れる

2019年の豊富として、お約束になっていたシナリオイベントなどのパターンを今年は崩す宣言が登場。

四騎士月間、年越し恒例の組織イベントなどが具体例として挙げられています。

赤字で注釈も入っていますが主役のシナリオがなくなるわけじゃないよ!との事。人気所だからそこは心配しなくてもよさそう。お約束崩れる分、水着の季節にどっちかやったりとかそういう事も可能性が出るのかもしれない。

また月末最終日開催が恒例となっていたシナリオイベントについても5月~6月のタイミングで25日前後に前倒しになる予定であることも発表されています。

これ、直接触れられてはいませんが、ガチャスケジュールにも影響するかもしれない変更なので覚えておきたいところ。

曜日クエスト、討滅戦などが常設化予定

曜日クエストという概念も、もう6~7年前のトレンドですからね……

ということで、現在日替わり、ローテーション開催になっている曜日クエスト、討滅戦などについては5周年アップデート近辺のタイミングで常設化する予定があるとのこと。

今年は高難易度コンテンツの追加が多め?

グラブルフェス2018ステージでは5周年でアルバハHLより上の6人HLの実装予告もありましたが、今年は例年に比べて、高難易度コンテンツの実装が多めになるとの予告が出ています。

年末にはアーカーシャHLの実装もありましたが、現状最高難易度のマルチバトルは「アルバハHL」のまま。こちらの実装は2017年7月28日実装となっており、確かに結構間隔が開いてる感じあったり。

今年の掘り下げフラグ候補

2018年にスポットがあたらなかったキャラにチャンスあり?

ディレクターレター一番の見所である今年のフラグ。

2年続いて、一部キャラは名指しが行われるなどもあった今年の掘り下げ候補ですが・・・

今年はかなーりアバウトな表現となっていました。

2018年にあまりスポットの当たらなかった面々を活躍~ということなので…誰になるんだ。

人気どころ・・・というところではもう一つの三姉妹であるルカ、ネモネ、メルゥ褐色姉妹、ジャンヌダルクにレ・フィーエさん、ゲームだと露出あんまりないマリー、カルバとかがぱっと思い浮かんだ候補。

2016年に切り株実装、2017年にパンプキン実装と着実にステップアップを踏んで2018年はハブだったミムルメモルさん。2019年こそSSR化だな!

他の星晶獣たちも続く・・・?

2018年は水着マキュラ追加、加護有能120石シリーズとしてアナト、ポセイドン、シルフ。キャラでは先日アテナがプレイアブルで実装された星晶獣ですが、こちらもまだまだ続いて登場しそうな文言も。

「マルチバトルではおなじみだった」ということで人気どころの召喚石を考えてみる。

こうしてみると1/3近くはキャラ化だったり別ver登場してたりするんですねぇ。

イケメンならバアルさん、かわいこちゃんならガルーダちゃんなどが候補か。ガルーダちゃんバレンタイン色紙滅茶苦茶可愛かったのよ・・・

幼マキュラ実装も引き続きお待ちしております。

あとマルチボスではないですが個人的に一番美人だと思うマモーナスさんもお待ちしております。

リリィの最終上限解放が正式決定

「氷晶宮でミックスパイを」を復刻するタイミングがあれば~といってたリリィちゃんの最終上限解放ですが、2019年内に実装することが発表されています。成田さん大歓喜。

反応早かった。

復刻時期は明言されていませんが、追加のエクストラストーリーもあるとのこと。

天司イベ予告、コンシューマー2タイトルについての豊富も!

その他、グラブルフェスでも最終章と予告のあった、どうして空は蒼いのかpart3では「天司3部作の最終章」という表現を使っての予告が登場。

コンシューマー向けタイトルとして発表された「グランブルーファンタジーヴァーサス」「グランブルーファンタジー Relink」についても開発状況についての近況なども語られています。