【火属性古戦場準備】防御デバフ下限の組み合わせ例/火パの重要アビリティ所持キャラまとめ(2018年11月開催版)

■火古戦場キャラ編成準備特集、防御デバフまとめ/各種アビリティ持ちキャラまとめ

2018年11月開催古戦場、火属性キャラ防御デバフ準備編

グラブル火属性編成の防御デバフまとめ

デバフ下限(効果上限)と効果枠について

●防御デバフは効果枠が異なると共存(複数の防御デバフが同時に発動)

●効果値の下限50%が最大

下限を超えた防御デバフは敵の防御バフと相殺が可能。

レアケではあるものの、過去には防御バフを、防御デバフでゴリ押せたボスも存在(ケツァルカトルなど)

●効果枠が同一のデバフの処理

・効果量が低い=NOEFFECT表記

効果量が同じ=相互上書き

効果量が高い=上書き

※例外ケースが存在

殆どは上記のルールで覚えて大丈夫ですが一部例外が存在。。

システム的な考察としては上書きの判定を「効果値」で判定しているわけではなく、アビリティ毎に設定された「上書き強度」(ユーザー間命名、マスクデータ)を元に判定しているのでは?と推測されています。

代表的な効果としては主人公の奥義効果に多く、他のキャラクターの奥義効果で上書きされるものが多くなっています。

※参考Tweet

開幕に下限+安定に持っていくのはかなり限られる?

●開幕確定で入らない主なケース

・弱体成功率にボーナスを持たない主人公のミストorアマブレ=マスボ込みで92%、クラリス入りで97%

・マギサ1アビ=10%以上の補強が必要

・クラリス1アビ=片面は安定、属性部分が+5%の補強が必要

※キャラクターLBなどは全て振っている前提

※ボスが累積耐性、デバフ耐性を持っていない場合

●主な弱体成功率を上げる方法

・指輪LBで弱体成功率アップを引いてくる

・スーパースター(エリュシオン)でソウルピルファー

・コスモスPC武器(特殊タイプ限定)

※火パで割と現実的な方法に限った場合

基本的にグラブルのデバフは「開幕」「確定で」入らないと評価されない傾向がとても強い。クラリスちゃんは奥義効果で弱体耐性ダウンのデバフを持ってるが全く評価されないのはその辺り。

●結局は用途と目的次第

ターンキルを目指すEX+犬、1550万選手権などでは安定して入れるのは大前提になる。犬狩りなどは肉集めに3桁以上の回数周回するきくうしさまもたくさん。

主人公の97%が信用出来るかと言われるととても怖い。

逆にHELLボス攻略は割とひとそれぞれ。

例えばマギサさんは、奥義効果を含めれば両面25%+属性10%と35%カバー出来る。後はコロマグ召喚すれば確定は可能。

どうせ背水エンジンが暖まらないとダメージが出ない…といった編成なら別にそこまで開幕確定にこだわる必要もない。

主人公のデバフミスったらコロマグ召喚して開幕はお茶にごしたろ!くらいでもそこまで大きなロスにならなかったりもする(かもしれない)

ということでケースバイケースで編成とキャラを選びましょうというすごい無難な結論に。

★デバフの仕組みは公式動画でも簡単な解説あり

公式動画「今日からはじまるグラブル」中級者編第三回「アビリティと召喚石その①」でも簡単な防御デバフ解説回が登場したので、まずはここから見てみるのをおすすめ。見終わったら戻ってきて!

ボスの行動対策準備

今回のHELLボスは「フレイ」

今回の固有HELLボスは風属性SSR召喚石からフレイがボスとして登場。

召喚効果のイメージからとりあえず何かやっかいなバフを打ってくるんだろうなぁという予想が多め。

という事でディスペル班は非常に重要になりそうな気配はある。ただ強力なデバフ持ちは厄介な敵が多いのですが、やっかいなバフ持ちは割と無視してコロコロされるケースもあったりはする。

代表的な一芸班まとめ

ディスペル班

+

・ディスペル(主人公EXアビリティ)

・フォーススナッチ(ホークアイリミットアビリティ)

・クラリス

・グレア(SSR)

・シャリオス17世(神バハBD特典、奥義効果)

・召喚石:ミカエル、トール(3凸以上)、ゼピュロス
※他にSSR召喚石「孤独の竜姫」(敵味方ディスペル、ロボミ互換石)などが存在。

デバッファー兼任のクラリスちゃん、アタッカー兼任のグレアが所持しておりボス次第では採用優先度上がりそう。そして実装されたばかりのミカエル様が召喚効果でディスペル持ち。

ボスがフレイというダブルの要素もあってやっぱりディスペルは重要になる気はしてならない。

その他、バランス調整もあって義賊がディスペル、マウント両方使えるのも注目ポイント。

義賊はブレアサ持ちで、最終エッセルさんの強襲効果とも非常に相性が良い。思わぬ主力ジョブになる可能性も。

マウント班

・ベール(主人公ビショップ)

・ホワイトスモーク(主人公義賊)

・マギサ(SSR)

・Aqours三年生チーム

・召喚石アポロン(4凸)、フレイ(3凸)

そしてボスがフレイならこっちもフレイを使えばいいじゃない。

キャラクターは二人揃ってデバフ、マウント持ちととても便利。

三年生チームは両面デバフ、マウント、奥義で属性バフ持ちと本当に古戦場に刺さる性能してる。

これで最終上限解放に選ばれていれば・・・って思ったけど仮に選ばれてても結局解放が間に合ってなかったわガハハ。

クリア班

・ユエル ※クリアヒール

・サーヤ(SR)

・赤城みりあ(SR)※奥義効果で対象が全体に

・バアル(召喚石)

SSRではユエルさんオンリーロンリー。

行動阻害班

+

・アニラ(十二神将):スロウ

・メーテラ(火属性ver):スロウ/魅了

・パーシヴァル、ツバサ:恐怖

・パーシヴァル(水着):心酔

・ダヌア(ハロウィン):恐怖(ターン制)/睡眠

・ガンダゴウザ:日暈(暗闇上位)2ターン

・エッセル(十天衆):天蓋花(暗闇上位)180秒

・イルザ(水着):命中率ダウン、麻痺(2ターン)

・ミカエル(召喚石):スロウ

恐怖だったり、スロウ持ちが豊富だったりと以外と特殊技封じは強い火属性編成。

心酔(魅了上位)、日暈(暗闇上位)は効果時間こそ短いものの発動率は非常に高く、疑似麻痺のような感覚で用いることが可能。

火パはカットとにかく防御面が脆いので重要になる可能性は高い。逆に背水エンジンの邪魔になる点には注意。

カット班

+

・イオ(水着):風属性30%カット/効果3T/CT7T

・ソシエ(火):60%カット/CT6

・ノイシュ(火):20%カット/風属性20%カット/5

・ザルハメリナ:風属性20%カット/効果5T/CT6

・召喚石:プロメテウス(風属性60%カット)※4凸/アテナ(30%カット)

まともなカットは実質火ソシエだけと手薄い。流石火属性火力はパワーだぜ。

かばう班

・アギエルバ

・アリーザ

・スーテラ(SR/火)

アギエルバさんはバランス調整で奥義で80%の軽減効果がついたりと、対多段攻撃にはすこぶる優秀なおとたんになってます。

バッファー班

+

・ザルハメリナ:属性バフ(20%)/背水(サポアビ)/フレア

・ソシエ(火):連続攻撃UP(演舞Lv1~Lv5に応じて変動:DA30%~80%?/TA5%~30%?(独自バフ枠))

・ユエル(火):属性バフ(20%)/全体追撃(20%)

・アニラ:味方全体の奥義ゲージ上昇量UP(50%)/弱体耐性UP/攻撃力UP(50%)/ダブルアタック確率UP(30%)/クリティカル確率UP(30%/発動率30%)/ストレングス

・ガンダゴウザ:属性バフ(20%)/DAUP(30%)/格闘キャラ限定でDA10%UP

・イオ(水着):追撃(30%)+属性バフ(単体)

・アオイドス:テンションUP

・アンスリア:高揚/回避成功時にテンションアップ(効果3T)

・ツバサ:属性バフ(25%)/奥義性能UP(奥義ダメ30%/上限10%)/DA&TAUP(100%/20%)

・Aqours三年生チーム:属性バフ(15%)

・エッセル:アビリティダメージ上限上昇(20%)/強襲効果(いつでもブレイク扱い) ※他に4アビ効果あり

・イルザ(水着):属性バフ(サポアビ累積3%/最大30%)

・赤城みりあ(SR):みりあもやるー!(サポアビで稀に発動)(攻撃バフ(10%))※サブ可

・プロメテウス(召喚石):属性バフ(70%)※4凸

パット見ると満遍なく揃ってそうだが、オメガ縛りで多そうな剣縛りをすると属性バフがとてもきつくなったりする。

アニラのバフは通常攻刃枠でどちらかというとマグナ編成向き。

※フレアの効果時間について

ブリザードと違い高倍率は後半に集中している。アビ発動からの時間経過を逆算して狙って撃つのはちょっと非現実的。

●連続攻撃バフの上限と効果枠について

★スキルの連撃上限

装備スキルの二手、三手などの上限は通常スキル、方陣スキルそれぞれで50%が上限。実用性はほぼないものの、方陣二手+通常二手などを組み合わせて100%到達も可能ではある。

オメガ闘争スキルは加護効果は受けませんが、スキル枠としては通常スキル枠扱い。

★キャラクター固有DA、TA率、リミットボーナスはスキル上限制限外

主人公LB、キャラクターLB、指輪、キャラクター毎に設定されている固有DA/TA率(マスクデータ)などは全てスキル上限には引っかからず発揮されます。

※主人公はジョブ毎に固有DA/TA率が存在

★連撃バフと効果枠について

連続攻撃バフにも効果枠が存在しておりアビ枠、特殊強化枠、奥義枠、召喚枠などが存在。

効果枠が異なれば共存可能なのはデバフなどと同じ。

ただし上限は存在せず確定DA、TAも可能。

★効果の高い主な連撃バフ(主人公)

オメガ武器:DA30%:奥義枠

四天刃、イフ斧:DA30/TA30:奥義枠

四天刃最終段階:DA35/TA35:奥義枠

コール・オブ・アビス(エリュシオン):DA80/TA30:アビ枠

★ガンダゴウザorアニラで確定DA編成は到達も容易?

・オメガ武器、闘争ガフスキー:得意武器一致キャラのDA20%/TA20%:通常スキル枠
※加護は受けないがスキル上限的には通常スキル枠

・オメガ武器奥義効果:DA30%(4T) 奥義枠

・4凸梵天添甲(ガンダゴウザ解放武器)メイン装備時効果:格闘キャラのDAアップ(15%)

・アニラ(最終)3アビ:DA30%(CT7/5T) 独自強化枠※通常アビ枠と共存可能

・ガンダゴウザ3アビ:DA30%(CT7/5T):アビ枠

・ガンダゴウザ、サポアビ:得意武器「格闘」キャラ限定でDA10%

・ツバサ:DA確定/TA20%(CT6/2T):アビ枠

・ブラフマンシミター(シヴァ剣):無双スキル(DAアップ Slv15時片面編成で11%、両面編成で17%)

・召喚石ハールート・マールートのサブ編成時効果:DA5%UP→3凸で10%UP

アニラ、ガンダゴウザのバフは効果5T/CT7Tと非常に優秀でしかも共存可能。

確定TAは難しいが確定DAでターンの大部分を回す事は割と現実的だったりする。

キャラクター得意武器まとめ

ガンダゴウザを始めとした格闘得意キャラで染めようとすると編成をするとバフは豊富だが追撃が少ない。

剣パ染めをしようとすると今度は一転して属性バフの手段が薄くなる。

今回注目されそうなエッセル(銃)、マギサ(杖)、アニラ(格闘)は得意武器が全部バラバラ。

と何がハマるかはかなーり本番次第なところある。

古戦場専用のオメガ武器作ろうとしてたけど悩みすぎて武器種まだ決まってませんわ。

キャラ編成については装備編成を含めた戦法がかなり多様してきたこともあり、一つの記事で全部抑えるのはちょっと大変(というか出来てない)感じになってきました。

情報抜けの補足、間違いご指摘、これだけは抑えてなどいったものがありましたらどしどしコメントお寄せください。

●古戦場特集ページ設置中!

装備編成、デバフまとめから1550万選手権まで、古戦場攻略に役立つ各種情報を特集形式でまとめております!