【グラブル】何取るサプチケ!古戦場に向けて人気になりそうな火属性キャラ評価&現行人気のサプ可能キャラ&召喚石まとめ

2018年10月14日(日)19時より「サプライズ!!スペシャルガチャセットキャンペーン」が開催されています!

今回は11月古戦場に向けて火属性キャラが特に人気になりそうなサプチケ、火属性キャラを中心に、人気になっているor人気になりそうなサプチケ交換候補をまとめてみました

火古戦場用に向けて人気になりそうな交換可能な火属性キャラクター

※性質上、多分に個人の感想も含みます

★特に人気になりそうな第一候補

マギサ(最終上限解放可能)

●主な特徴と不安要素

・2018年9月のキャラクターバランス調整で大幅強化

・ミスト互換(両面)の攻防デバフを所持

・大正義マウントアビリティ持ち

・オメガウェポンを使った得意武器染めにはちょっと迷う杖得意

・防御デバフ安定には指輪で弱体成功率+10%を引いてくる必要あり

代名詞のマウント効果だけでボス次第では編成に入るマギサさん。

2018年9月のキャラクターバランス調整で大幅な強化も行われた。ただし最終上限解放までの強化がかなり必須。

1アビのデバフ効果はミスト互換の攻防25%のデバフになり非常に便利に。

ただしデバフ成功率を安定させるには弱体成功率に+10%の底上げが必要。(※指輪の弱体成功率UPは最大15、他にクラリスで+5%の底上げが可能)

攻撃性能にも優れており、4アビのモラクス召喚中はDA以上が確定/全体攻撃/別枠30%のバフがつくと非常に強力。

スリップダメージは最大HPの7%/ターン。LBサポアビを★3までふれば99%はスリップでは倒れなくなる。灼熱効果は自身のクリティカルに役立つだけではなく、メイン装備する事が多いイフ斧との相性もよかったりする。

ガンダゴウザのキャラ評価(最終上限解放可能)

●主な特徴と不安要素

・格闘染め編成では中心になりそうな強力バッファー

・キャラ解放武器もメイン装備として優秀

・アニラとの相性は非常に良好

・エッセルやテレーズなど格闘キャラ以外にも使いたいキャラは多い

・コンセプト次第ではそれアニラだけでよくね?というオチも

格闘染め編成の中心となりそうなバッファー

最終上限解放時にもまとめましたが、元々格闘キャラの中心になるバッファーといった立ち位置。同じ格闘得意のアニラのバフと共存可能、CT、効果ターン数も同一という事から相性がいいとの評価は高い。

ただし、エッセル、テレーズといった強力な火属性のアタッカーは多い、またDA確定部分も詰めていくとそれアニラだけでよくね?ってなってしまい事もある。

個人的な火の格闘染め評価ですが格闘染めは強いからやるんじゃない、やりたいからやるんだという評価。

好きな人ならやった分だけ楽しめる価値はあると思う。

キャラ解放武器「梵天添甲」もメイン武器として非常に優秀

キャラ解放武器「梵天添甲」も最終上限解放が可能。

元々攻刃(大)+先制スキルと優秀なスキルだが、4凸でメイン装備時格闘キャラのDAUP(15%)が追加される。

この効果を活用して格闘キャラ染め編成では確定DAに持っていく方法も存在。

W攻刃と表現される事もあるが先制スキルは正しくは8T限定のバフ扱い。加護は適用されない、ディスペルで消える点には注意が必要。

テレーズのキャラ評価

●主な特徴と不安要素

・2アビがTA+100%/8割追撃(2T)効果と非常に強力

・シヴァともサンとも非常に相性が良好

・大正義剣得意

・最大HPを消費するアビリティ持ち、長期戦の生存能力には不安

・ドラアサや別枠バフなど無いため、地力次第では他のアタッカーに劣る事も

3アビ(CT7)は奥義ゲージ全消費だが、1%でもゲージがあれば発動が可能。

TA確定+8割追撃が、開幕から最大4ターン継続が可能と短期戦の鬼。召喚石サンとシヴァ、どちらとも相性が良いというのが最大の特徴。ただし2アビは最大HPの消費アビリティであること、1アビを使うと敵対心が上がることから生存能力には不安あり。

ただし1アビを使わなければそこまで脆さが気になるスペックではない、逆に使って鉄砲玉にするといったターゲットコントロールとしての活用も可能。

水着ベアとの比較はよく出ますが、大きく違うのは背水の立ち上がりとドラアサと追撃の有無。

他のアタッカーと比べると追撃とTAは持っているが、ダメージが出せる環境(装備やバフなど)があってはじめて強さが実感出来るキャラだと思う。

★続いて人気になりそうな第二候補グループ

グレアのキャラ評価

●主な特徴と不安要素

・格闘得意

・ディスペル所持

・テレーズと同様に2Tの確定TA持ち、追撃効果は20%

・アタッカーの中では安定してるが、瞬間火力などの突き抜けた要素は少なめ

ぱっと見たスペックでテレーズと比べると追撃量の差に目がいってしまいがちですが、ドラグフォース状態の的に対しての別枠バフ(50%)が非常に強力。

瞬発力では他のアタッカーに劣る事はあるものの別枠バフとクリティカルのおかげで、アタッカー陣の中では一番万能タイプという立ち位置。

ボス次第でディスペルが輝く可能性や、ガンダゴウザやアニラと絡めて格闘染めPTするのであればもう1段階評価も上げていいかもしれない。

パーシヴァルのキャラ評価(最終上限解放可能)

●主な特徴と不安要素

・大正義剣得意

・3アビのストレングスバフ効果で背水編成でも強い

・恐怖さえ決まれば・・・

候補に上げたキャラでは古参組、最終上限解放もかなり前のアプデだが、なーんだかんだで未だに編成に入ってるという人も多い。

最終上限解放により3アビは属性バフ(60%※30%+自身のサポアビで+30%)、と20%の追撃効果が追加。

背水頼りになる事が多い火属性編成だが、3アビのおかげで開幕も強いし、背水エンジンかかってきたらそれはそれで強いと万能である。

問題は古戦場に恐怖が決まる気がしないこと、防御デバフを考えると25%の属性デバフを持つ水着パー様がライバルになる点。最大の敵は自分自身だった。

★他にも評価の高いキャラはたくさん

もちろん他にもサプ候補はたくさん存在。火属性には十天衆がエッセル1人しかいないことから、編成枠も多い。

特に個別に取り上げるか迷ったのは追撃8割効果を持つメーテラと、万能性の高いユエルの2人。

その他にもデバフ兼杖得意のクラリス、奥義性能強化の入ったアギエルバ、フレアと属性バフなどが便利なザルハメリナなど一芸に優れたキャラはたくさんいる。

オメガ武器に合わせて縛り編成をするなら大幅に評価を変えていいキャラも多い。

サプ交換可能な召喚石評価

召喚石をサプについての総評

●基本的には強い人が交換するもの

大昔はアテナ、マキュラといった3凸で80%になる属性加護を持つ召喚石がサプ候補でしたが、今はサプ不可のシヴァ、グリームニルといった140%の属性加護石が存在。

最終的には神石編成か140属性石編成になることから、メインはとりあえずマグナにして強い石は引けなければ借りればいいじゃない、というのが主流になっています。

そんな事情もあって現在交換が人気になっているのは、加護効果ではなく召喚効果がメインの召喚石ばかり。

今回紹介する石もいずれも便利で強い性能ですが、活躍するのは中級者以降の高難易度HLだったり、性能的には強い人が使ってますます強くなる、という評価が多くて人気になっている事は注意が必要だと思います。

トール ※最終上限解放可能

3凸で召喚効果にディスペル効果が追加、4凸で召喚効果に光属性追撃効果が追加(50%/2T)

いわゆるアルバハHLで人権と呼ばれるトールさん。現状のアルバハHLでは6人中3人(強ければ2人)持っていればという感じですが、野良を始めなら持ってたほうが参加しやすいというのは事実。

アルバハHL以外でも性能的にも優秀で、ソロ戦闘で2回以上デバフを入れる(3分以上戦う)場合などは非常に安定する。無凸でも使えるが、3凸、4凸の恩恵もそれなりに大きい。2枚並べるケースもゼロではないが基本3凸、4凸して損はない。

テュポーン ※最終上限解放可能

※画像は3凸、4凸で召喚効果に味方全体に奥義ゲージ+100%の効果が追加。

ボスのチャージターンをリセットする強力な効果でかつてはトールと並んでのアルバハHL攻略必須アイテムでしたが、こちらは現在はほぼほぼ使われる事はなくなりました。

じゃあいらない子になったのかと言うと召喚効果自体は引き続き強力、特にソロ戦闘なら属性問わずに活用出来る機会は多い。4凸効果も奥義ゲージ+100%となんちゃってカツウォヌスの様な使い方も可能に。ひょっとしたら闇古戦場で活躍する可能性は微レ存。

カツウォヌス ※最終上限解放可能(必須前提)

水古戦場では大活躍を見せたカツウォヌス。下手すると上位人気になってるかもしれない。

4凸する事で、初回限定で奥義ゲージ+200%が確定発動。ヴァジラや主人公剣豪などの200%奥義が開幕発動可能になることからメカニック奥義編成より強力。メカより操作量は増えるが時間はちょっと早い。必殺スキルが増えた水属性では、普通に最強クラスの活用が出来る。

最近は水属性限定だけでもなくシナリオイベントでの出張編成、アーカルムのアビリティ禁止対策など恒常的な使用率も非常に増えている。

また、究極的にはテュロスビネット5つ(orテュロスビネット3個+ブルースフィア3個)という段階まで育てればカツオ召喚だけでどこでも1550万が可能になったりする。なーんて超強い人の評価もあって人気になっているというバイアスは忘れてはいけない。

水パが強くなる点とアーカルムで便利なとこ以外はメカニックポンバで済むといえば大体済む。

フレイ

※画像は無凸、3凸で召喚効果にマウント効果が追加

再召喚不可能だが、バフ効果は非常に強力。ダメージ上限10%の効果を始め奥義周りの効果が特に強力。

風属性なら開幕から召喚が可能。効果ターンは2Tあるので水ならカトルで延長は可能。とてもとても強い石だが、これがあれば倒せないボスが倒せるようになるという性質ではない。

強い人が欲しがってるからというバイアスがかかっているのはカツウォヌス同様。

高級鞄(今回はプロメテウス)※最終上限解放可能

※画像は無凸 3凸で有利属性バフ50%/弱点属性カット50%/4凸で有利属性バフ70%/弱点属性カット60%に

有利属性バフ+弱点属性カットと一挙両得な高級鞄シリーズ。

古戦場の高LvHELLでは非常に強力で、とりあえず高級鞄召喚まで耐えれば後は何とかなるレベル。ただ本当に有利属性特化の召喚石なので、他の召喚石とは違い汎用性は皆無。

また高級鞄が確定する高級鞄スターレジェンドガチャが不定期ながら開催されている事から、1/6で引けるチャンスはある。

金剛とサプの価値は割と人次第ですが1凸、2凸の状態を持ってて完成させる為にサプするのは有り寄りの有りだと思います。

サプチケ候補定番の便利キャラクター

ヨダルラーハ(SSR/水属性)

ご存知ヨダルラーハおじいちゃん。固有ステータスの三幕が最大の状態で奥義を発動すれば99万9999の無属性固定ダメージが発生。

序盤はヨダ爺がいるかどうかだけでグラブルは別ゲーになると言われるくらい変わる。序盤のボス撃破のお供になるのはもちろん、共闘のスライムなど無属性しか通らない硬い敵にも倒せる。

ヨダ爺に頼らなくても良くなったら初心者卒業とも言われる、具体的には十天衆のサラーサが取れるようになるまで。

ルナール(SSR/闇属性)

ヨダ爺以来久しぶりに便利キャラクターで評価の高いルナール先生のSSRver。

SSR版のファクシミリは、模写可能なアビリティなら確定で模写が発動。

主にコピー出来るアビリティは

・主人公:トレハン、アローレイン、エーテルブラスト

・エッセル1アビ(確定トレハン)

・グラウンドゼロ(サラーサ)

などが存在、さらにターンやWAVEをまたいでのコピーが可能になっています。

参考:グラブルwiki(ミラー):ファクシミリ能否一覧

主人公のトレハンは浄瑠璃で全体化したトレハンもコピー可能、エッセル1アビなら確定トレハンがコピー可能。

トレハンコピーしてもよし、全体ダメージアビリティをコピーしてもよしと、アーカルムの転世を始めとした周回系の雑魚狩りには唯一無二の働きが可能になる。

●主に周回が便利になる(こともある)シチュエーション

・アーカルムの転世

・周回系クエスト(ヘイロー/討滅戦/土日スライム/極光の試練など)

・シナリオイベントVH周回(2体ボス)

・共闘のデイリー消化

クリスマスラカム→サラーサグラゼロ→ルナールグラゼロのアビポチのみ周回が有名。倒せる敵なら両面カグヤ編成などでも周回なのが大きい。

ただしアーカルムEX周回などは最終サラーサが前提になっている想定のものも多い点は注意が必要。

※各種ツッコミ、補足、異なる使い方などありましたらどしどしコメントお寄せください!