【火古戦場準備編】半額期間を使いこなそう!火属性ボスドロップ情報、周回事情特集!ドロップ内容は一番美味しいマグナHL、マグナ2HLは背伸びする価値はあり?

前回の火属性古戦場準備特集からのつづき!

今回は半額が来たらどこをどう回ると美味しいかなどを中心に、火属性の各種ボスのドロップ情報、うま味情報を紹介、考察していきます!

★半額CPは14日(日)17時から開幕!

【半額関連開催期間】
開催期間:2018年10月14日(日)17:00 ~ 10月26日(金)20:59

※武勲、栄誉上限2倍は15日(月)5時スタート

恒常火属性ボス、自発条件、基本情報まとめ

※消費AP、BP、トリガーなどは半額を適用していない場合の数値を記載

コロッサス・マグナ
トリガー コロッサスのマグナアニマ
自発コスト AP30/BP3(1日/3回)
赤箱ライン 3位

●主な周回目的

・マグナ武器、マグナ召喚石の入手

コロッサス・マグナHL
自発条件 プロトバハムート(弱バハ)の自発撃破
トリガー プロミネンス・リアクター
自発コスト AP50/BP3(1日/2回)
赤箱 6位
青箱安定ライン 約75万※

※コロマグHLのHPは約1.7億+片腕の約1億。約30%の貢献度が必要

●主な周回目的

・マグナ武器、マグナ召喚石の入手

・マグナ武器の4凸必要素材、赤星の輝きの入手

・シヴァHLの自発トリガー、火のクリスタルの入手

フラム=グラス
トリガー ファイアジーン×50/赤竜鱗×50
自発コスト AP40/BP3(1日/2回)
赤箱ライン 6位

●主な周回目的

・エッケザックス(神石向け武器)/オールド・エッケザックス(方陣武器)の入手

・グランデ自発素材、フラム=グラスのアニマ(マグナアニマ)の入手

アテナ
自発条件 フラム=グラスの自発撃破
トリガー ファイアジーン×50/赤竜鱗×50
自発コスト AP40/BP3(1日/2回)
赤箱ライン 6位

●主な周回目的

・パラスの剣(アテナ剣)、エリクトニオス(アテナ槍)の入手(どちらも神石向き)

・アルバハN自発素材、アテナのアニマ(マグナアニマ)の入手

フラム=グラスHL
自発条件 Rank101↑
トリガー 真なる火のアニマ
自発コスト AP80/BP5(1日/1回)
赤箱 3位

●主な周回目的

・マグナ4凸素材、火のプシュケーの入手

周回目的ではありませんが、フラムHLのクリアがプロメテウスHLの自発条件となっている点にも注目。

プロメテウス
自発条件 フラム=グラスHLの自発撃破
トリガー 真なる火のアニマ
自発コスト AP80/BP5(1日/1回)
赤箱 3位

●主な周回目的

・マグナ4凸素材、火のプシュケーの入手

・高級鞄武器「ファイア・オブ・プロメテウス」の入手

プロメテ杖は2つの攻刃スキルを持つ貴重なW攻刃武器、また味方全体に毎ターンHP5%のスリップダメージを受ける珍しいスキルを持っています。

攻撃性能敵には神石編成向けの装備ではありますが、背水のスピードアップの為にマグナ編成でも採用候補に挙がることも。

シヴァ
自発条件 87章到達/前提フリクエをクリア/Rank120↑
トリガー 火のクリスタル
自発コスト AP30/BP3(1日/3回)
赤箱 6位
青箱 75万~80万?

●主な周回目的

・マグナ2武器の入手

・各種4凸、5凸に必要なシヴァのアニマ(マグナアニマ)の入手

グラブル火属性ボス、ドロップアイテム比較

◎=確定のドロップ枠が存在
※1.M=マグナ/M2=マグナ2/A=アテナ武器/F=フラム武器/P=プロメテウス武器
※2.シヴァHLはSRスキルは出ないがSSR武器ドロの枠が多め/赤、青箱からエレメントのドロップが存在
※3.箱1が未確定箱かつ、当たりが入っているので準M以上の人は特に恩恵が大きい
※4.基本入れ得ではあるものの、クリスタル的にはトレハン無い方が微粒子レベルで期待値が上がる可能性がある、トレハン禁止部屋が立つ可能性は皆無では無いことに留意。

フラグメントで考える周囲先

序盤~中盤はとにかく枯渇するマグナ・フラグメント。

対象のボスの内、フラグメントが確定出現するのはマグナ、マグナHLの2つ。バハ武器作成のよばバハ自発、銀天集めのグランデマルチなどを行ってる世代の人はフラムばっかりやってるとすぐ枯渇する。

また十天衆最終上限解放の色変え40箱(44箱)コースでも多量の真なるアニマを消費したりする点も注意。

ただし真なるアニマについてはマグナ2周回まで到達出来れば直ドロが見込めので、最後の最後には解決する時期はやってくる(相当遠いですが)

武器育成には非常に不向きな召喚石マルチ

引用元:泥検証部スプレッドシート

フラム、アテナの新、旧召喚石マルチともにスキル上げ素材となるSRスキル武器はドロップが存在しない。またアクエン武器も確定でのドロップ枠が存在しないことから武器の育成には非常に不向きなマルチになっている。

マグナ武器は4凸でSlv上限は15に、武器Lv上限も150まで拡大される。

武器Lvはヘイローの並走で割と何とかなるが、スキル上げが詰まっている人はフラムに拘泥しすぎると痛い目見ることに注意が必要。

うま味完備、完全栄養食のコロマグHLだが・・・?

引用元:泥検証部スプレッドシート

うーまーあーじー

・スキル上げのエサは出る

・アクエンも出る

・エレメント用のコロマグ召喚石も出る

・+強化アイテムのウェポンミラージュも出る

・シヴァHL自発トリガーのクリスタルが出る

と装備育成にはいたれりつくせり完全栄養食といってもいい内容ですが・・・

まーずーあーじー

・1戦あたりの戦闘時間が長い

・救援に中々来てもらえない

野良流しではTwitter救援でも時間帯やタイミングによっては集まりが悪い場合も発生する。運がいいとカツオ剣豪がふっ飛ばしてくれるが、運が悪いと10分以上経過した救援を見ることもしばしば。

青箱が存在するボスなのに、HPが多ければ多いほど入ってきてくれない印象すらある。

という事でどうにかこうにかうまいことさっくり処理するのが重要になるが、救援に入ってもらうコツは結局、HP削ってこれちゃんと終わるマルチですよ!ってアピールするのが一番になる。

ただしボス性能も2体構成、お供の「右腕」はOD時の特殊技で次元断の2連発を打ってくるので事故要素も多く、少人数だったり適当にやると事故率もそれなりに高い。世知辛いね!

その他、栄誉の輝きが入手可能なマルチなので団内救援を活発にするのも一つの手。真面目に殴ってくれれば2,3人くらいでもあっさり撃破は可能。10人のワンパンマンより1人の団員である。

マグナHLボスは大正義半額ロビー連戦

そんなわけで1戦当たりの消費時間を一気に解決してくれるのがロビー連戦。

問題は募集に人が集まってくれるかだが半額中なら集まるペースも一気に加速する、はず。

●ロビー連戦事情(私見)

◆マグナHLは青箱狙いより回転数重視の人が多め

マグナHLの青箱については確定貢献度が非常に高いこと、金箱からシヴァHLのクリスタルが落ちる事から、貢献度量より試行回数(回転速度)を重視する人が多い傾向。

一応は片腕から倒した方がみんなの貢献度的には幸せにはなれるが、30連戦の場合はそんなことより回転率だとか、いちいち右腕ターゲットするのがめんどくせえ!という感じで本体からボコられてるケースも多い。

とはいえ最近はカツオ剣豪始め、水パは奥義が非常に強力になったことからAT中などはあまりにも早すぎる可能性がある。そんな場合は15~20連戦と人数を減らしての募集が出るかもしれない。

コロマグHLの本体のHPは約1.7億。多く感じるがロビーなら15人くらいのフルチェで吹っ飛んでしまうHP。ワンパンしようにも回線遅い人なら張り付いてもても本気で殴れない可能性がある点には注意。

背伸びしてマグナ2に行く意味はあるか? ※追記訂正あり

青箱と貢献度の関係

・マグナHLは総貢献度の約30%、マグナ2ボスは総貢献度の約10%が安定ドロップライン

・どれだけ稼いでも確定ではドロップはしない?

・安定ラインに満たない場合の青箱ドロップ率は貢献度に応じてほぼ比例する

★マグナ2ボスは調整履歴あり

2018/4/19のアップデートで15%→10%に一度調整が入っています。検索で情報が割れているのはこの影響。

安定ラインに満たない場合の青箱ドロップ率

泥検証部の報告を元にしたデータ(※5月時点なので総数はそんなに多くない点に注意)では、多少の波はあるものの、ほぼほぼ稼いだ貢献度に比例してドロップ率が変わっていくデータが出ています。

AT中、もしくはカツオ剣豪などで瞬間的に20万程度の貢献度が稼げる人なら、それだけでも約50%の青箱は見込めると考えていい。試行回数で攻める派の人なら十二分に見返りはありそう。

逆に本当に貢献度を稼がないワンパンでは、どれだけ試行回数を重ねてもほぼほぼ期待はできなさそう。

追記:青箱安定ラインはマグナHLが約30%

泥検証部管理人さんが、現行の報告を受けての新たな集計結果を発表されおられます。
マグナHLの安定ラインは30%と非常に高め。

 

準MVPの赤箱の確率

準MVP(2位~3位or6位)でドロップする準MVP箱は一定の確率で赤箱に変化。箱の中身についてはMVP箱と同一。赤箱率については2位が約40%。3位から6位についてはおそらく差がなく、いずれも20%と推測されています。

マグナ2武器目的なら背伸びは禁物。ただし自発箱は美味しい

引用元:泥検証部スプレッドシート

マグナ2武器が入っているのは青箱、赤箱(MVP箱)、赤箱(自発)のみ、

青箱の入手難易度もあって、水パの実力がない限りは武器を集めるのは本当に難しい。

ただしコロマグ4凸、アーカルム召喚石の4凸などでもシヴァのマグナアニマは必要になることから、アニマ目当てと割り切って一定数通うというのは十分にありだとは思う。

ロビー連戦についても実力不足だけど大丈夫かしら・・・?と不安に思うかもしれませんが、大体は良い獲物、もといカモが来たと歓迎してくれる。

また他のマルチ同様、大正義自発赤箱は健在。まだまだ水パが実力不足の人でもコロマグHL連戦で入手したトリガーを使ってコツコツ自発するのは有り有りの有り。

救援についても野良orTwitter救援でよほどの事がない限りワッシワッシ入ってきてくれる。こちらはHPが多ければ多いほど来る。カツオ抱えて剣豪がやってくる。

実はめちゃくちゃ入手RANK、EXPポイントが多いゾ

RANKポイントは満額で約6000。EXPは約7500ptが入手可能。

半額時の1.5倍CP、軌跡の雫サポートなどを含めると1戦1万以上のEXPも入手可能。スラ爆もビビる勢いでRANKとキャラLBが上がっていく。

いわゆるRANK詐欺状態にビビる人は気にしてしまいそうですが、なぁにRANKなんて飾りだ、追加の主人公LBを考えると上げてしまって困る事はない。キャラLBも上げても上げても終わらない世界だ。気にせずモリモリ上げればいいと思う。どうせ最後は210まで上げたくなる。

プシュケー集めの立ち回り、プロメテウスHLは古戦場特需の内が狙い目

マグナ武器の4凸の最大の壁となるプシュケーがドロップする6人HL。火属性はフラム=グラスHLとプロメテウスHLの二種類が存在。プシュケーは1戦で1個の確定ドロップ枠が存在。

人気には大きな偏りがあり、難易度的にもドロップ的にもプロメテウスHLに人気が集中している。

フラム=グラスHLは過去の調整でマシになったもののHPに応じて火属性→水属性→火属性と形態変化したり、45%でトリガー通過のスタンプ確認、HP25%トリガー、HP10%トリガーで100%カットが必要だったりと6人HLに不慣れは人にはかなりハードルが高いボスになっており、マウントとクリアの枚数だけ用意しておけば割となんとでもなるプロメテウスの方が圧倒的に簡単になっている。

ドロップ事情的にもフラムHLからはディール含めて一応はオールド武器が期待出来るものの、高級鞄武器のプロメテ杖が背水編成で使える(かもしれない)事から人気は相当偏っているのが現状。

6人HLという事から基本的にはマルチロビーなども活用したいが、常時募集が出るマルチではない。半額、古戦場前の特需期間の内になるべく頑張りたいところ。

最大の問題はプロメテウスの自発はフラム=グラスHLの自発クリアが条件になっている点。

プロメテのロビー募集も、時期的には6連戦の募集が増えそうなことから、まとまった数集めるなら何とかフラムHLをクリアしておきたいところ。ここでもやはり頼りになるのは団で頼むとかイベント化してしまうこと。活発じゃないなら・・・mimumedon来てみるのもいいんじゃないかな!

召喚石マルチの自発トリガー問題、ジーンか鱗か、基本ジーンが大安定

召喚石マルチの自発トリガーは「ジーン」か「鱗」の二種類から選択が可能・・・可能だが鱗自発だけはやめておけ鱗自発だけはやめておけ鱗自発だけはやめておけ。

ただしジーンも1回50個とかなり必要量は多く、とりあえずアテナもフラムも~っといった具合に日課的に自発しているとあっという間に枯渇する。

ジーン時代はヘイロー周回で延々と集めることにはなるのだが、一度枯渇すると中々たまらない。ジーンは十天衆最終上限解放などでも多量に使うこともあったりするので、在庫状況には注意しておこう

アテナは大正義自発、オールド武器は運ゲー

色んな記事で何度も書いてますが、オールド武器は本当に落ちません。

エッケザックスとオールド・エッケザックスは本当に偏りがあり、控えめに言ってもエッケ5:オッケ1くらいの偏りがある。個人的経験では9:1くらいある

一方でアテナ武器は槍と剣の二種しかない事からかなり収束しやすい。大正義自発。

火属性有利古戦場は11月16日から開幕!

次回の火属性有利古戦場は11月16日から開催予定!

今回も特集ページでは装備編成、デバフ情報、1550万選手権などの古戦場特集を随時お届け予定!

●記事内ドロップ情報、参考資料、引用元

各種ドロップ情報詳細:泥検証部スプレッドシート

各種ドロップ情報詳細:グラブルwiki:マルチバトル一覧