【光属性古戦場特集】目指せ光有利古戦場!装備編成完成までの道のり【後編】マグナ2集めるか、それともゼウスに移行するか/最後はキャラ編成踏まえたパターン作りが重要になるか

2018年4月22日(日)からは闇属性ボス/光属性有利で第37回「決戦!星の古戦場」が開催されます。

グラブル4周年アップデート後の初となる古戦場イベント。

前回に続いて光古戦場に向けての装備編成特集、今回は後編としてマグナ4凸以降+ゼウス編成の装備編成の考察をお届け。

マグナ4凸以降と高レベル想定の為、オメガウェポン、最終ソーンなどもかなり前提に入れた内容になっています。

◆前編(マグナ3凸~シュヴァ剣集め)はこちら

光属性マグナ4凸以降の装備編成考察

※前提、計算機画像について

◆装備画像について

掲載している画像については、「グラブル装備シミュレータ」様「元カレ計算機」様をお借りして作成しています。

今回は技巧スキルを考慮する為に今回は主に「元カレ計算機」様のデータをお借りして作成しています。

マグナ4凸以降の編成を想定している為、召喚石についてはシュヴァマグ4凸、ルシフェル4凸を想定。

引用元:グラブル装備シミュレータ

引用元:元カレ計算機

【序】シュヴァ剣染めの先を目指す意味

光、闇のマグナ2武器が実装された時点の考察記事より。

まず大前提としてシュヴァ剣染めが完成していれば最終ソーンさんなどを入れた前提では一応ダメージ減衰には届く。

じゃあ何のためにマグナ2装備を集めたりゼウスに移行を考えるか、というとソーンさんのバフに頼らずにダメージを上げるのはもちろんのことボスの特徴に対応する為、編成の幅を広げるというのが大きな要素になってくる。

ただしマグナ2もゼウスも渾身が主力になることから編成の自由度が広がるというよりも、ボスにハマりそうなパターンを何種類用意しておけるかって感じにもなってきている。

また、最終的に天司武器がない事から減衰に引っかかりやすく、最終的に頑張った割に差がつきにくいという悲しみもある。まぁちょと覚悟はしておけ。

シュヴァ剣染めと最小本数考察

まずはシュヴァ剣染め編成を出して、ここから先の比較の起点にしてみる。

オメガ剣、バハ剣、コスモス剣全て使って最小本数を目指した場合はメイン四天刃で4本、オメガかコロゥ剣メインで5本。

ただしそれぞれ編成に縛りが発生するため、シュヴァ剣を増やせば増やすほど編成面の自由は効く。

四天刃を選ばない場合だと、連続攻撃を補うためには

・オメガウェポンをメイン装備する

・エリュシオンをする

・黒猫道士をする

・個々のキャラパワーでなんとかする

等などの方法はあるが、他属性と比べるとかなーり四天刃やオメガ武器に対する依存度は高め。

マグナ2装備「ミトロンシリーズ」

採用候補となるのは渾身、技巧持ちのミトロンの弓がメインで次いで背水持ちのミトロンの宝剣。

篭手くんは・・・まぁレスラーメイン装備で使ったらひょっとしたら面白い位じゃないかな・・・

ミトロンの弓もミトロンの宝剣も光属性にとっては待望の別枠スキルではあるものの「方陣攻刃スキル」が付いていない点が重要。※宝剣は攻刃(小)持ち

この点でエデンともティア銃とも装備枠への採用の考え方は大きく変わってくる。

ミトロン弓編成考察

★属性xマグナ/HP100%

とりあえず片面、HP100%で何本入りそうか見てみる。思いの外、渾身スキルだけではなく技巧スキル頼りになりそう、という事で続いて両面マグナ編成を見てみる

★マグナxマグナ/HP90%時点

HP90%の時点で、剣染めに対してアドバンテージが殆どなくなってしまった。

しかしそこは両面編成。今度は属性バフの恩恵を活かして黄龍刀バフ(最大の属性50%)を前提に含んで計算してみる

★マグナxマグナ/HP90%時点/属性バフ50%

この状態であればシュヴァ剣染めよりアドバンテージは取れそう。HP70%程度でシュヴァ剣染め(属性バフ無し)と大体互角になる。

★属性xマグナ/HP100%時点/ミトロン弓2本編成

古戦場までに一番ありえそうな編成。この状態であれば75%程度でシュヴァ剣染めと並ぶ。

ミトロンの宝剣考察

とここで今度はHP75%時点での装備計算をしてみる。

★属性xマグナ/HP75%時点/※ミトロン弓&短剣本数無制限

背水が効きはじめてミトロン宝剣がどんどん入ってくる。こっちも行ってみよう

★マグナxマグナ/HP75%時点/※ミトロン弓&短剣本数無制限

※ミトロン弓3本編成VSミトロン短剣6本編成

なんか考えたくない計算結果とグラフが出てきた。

思いの外、ミトロンの宝剣が強い。実際運用してみると初速がクッソひどかった時代の火とか風を思い出してイヤになりそうなのはさておき、数字上は強い。

ボスと戦ってみてどの程度のHPラインを想定するかによるが、1本ずつといったハイブリッドな編成も成立してきそうである。

この辺は・・・もう各自で計算してと言うしかなさそう。

実際渾身維持はどうするの?

シュヴァ剣量が多ければ片面でもHP的には十分なHP量が確保出来そう。

※自石ルシ持ちの人でもサブに編成すればフレンドルシと組み合わせてのルシ2枚編成が可能。

ヴァルナ編成に比べると防御面が乏しく感じるかもしれないが光はフュンフ、リミイオ等の超回復キャラをはじめ、ルシフェルの回復効果など回復手段の手数は豊富。

食らった分は回復して維持をするといった立ち回りが可能になる。この場合、むしろ高HPは仇になってくるのでゼウス編成の方が維持しやすいまである。もちろんボス次第ではあるが。

5凸の価値は

鬼の様に光エレメントを使う5凸。やる価値はあるのかどうか。

Lv150から200のステの伸びはかなり低く、スキル効果もかなり低め

★スキル伸び率比較

方陣・攻刃Ⅱ(大)
Slv10:15.0%
Slv15:18.0%
Slv20:20.0%

方陣神威(攻刃:小/守護:小)
Slv10:10.0%
Slv15:12.0%
Slv20:12.5%

攻刃(小)
Slv10:10.0%
Slv15:12.0%
Slv20:13.0%

※追記:Lv20の性能が神威と攻刃で逆になっておりました。お詫びして訂正。

シュヴァ剣は両方足して24%(Lv150)→25.5%(Lv200)と伸びは非常に微妙なものの、だからといってシュヴァ銃が取って代わるという事はなさそう。無尽蔵に光エレメント余ってる人ならともかく、新マグナ武器を編成に入れるべく頑張ってる人なら5凸は当面後回しでいい伸び。

ただし4凸→5凸で奥義効果のダメージ倍率が上昇するため、メカニックメイン装備の場合で5凸効果が輝くケースもある。

1550万選手権など開幕シヴァ召喚する場合はダメージ倍率が伸びても意味がほぼないため、複数回の奥義打つメカニック編成に今の所限定されそうな気もする。って書いてみたけどそんな編成はAT古戦場とか黒麒麟編成しかない気もするな!ゼウス編成でアニマ余裕ある人はこっち1本作っておいてもいいかもしれない。

ゼウス編成移行についての考察

こちらも発想の起点にするのはシュヴァ剣染め編成。

シュヴァ剣染めのまま移行出来なくもない

シュヴァ剣染めからそのまま片面編成に移行してみたの図。HPは大差ついてるが攻撃力では誤差だよ誤差。

エデンは一本からでもいいのよ

★属性x神石/HP100%時点 エデン1本編成

とりあえず1本入れてみた。つよい(確信)

抜けたバハ武器の通常攻刃枠を殆どカバーした上に渾身持ってんだもん。そりゃ強い。

シュヴァ剣染めと比較してもHP50%まで減らしても十分強い。

※参考 ★属性x神石/HP50%時点 エデン2本編成

2本編成でもHP25%切るまでは延々入ってきたりする。

★属性x神石/エデン、ガンバンテイン無制限

無制限にして片面両面、色々試してみましたが、オメガを入れる前提ならガンバンが3本より増える事はなさそう。

エデンについては計算機上は5本目までは一本足す度にどっかんどっかん数値は増えていく、5→6で急激に緩やかになる。実用面で考えるとエデン3本目から増やそうとすると他の編成枠圧迫して入れたいものが入れられなくなる・・・はず。

※この辺、光の強い人にも聞き込みしてきましたが大枠については間違ってはいないはず。

エデン1本で目指すシュヴァ剣最小本数

黄龍槍、黄龍刀も採用すればシュヴァ剣4本で形になる。

無凸のイーリアスボウ(ヘクトル武器)、クリスタルルーン(水着ヘルエス解放武器)など、詰め込める武器はかなり多い。シュヴァ剣交換在庫は8本(4凸2本分)あるので、エデン1本あればかなり急造ゼウスマンでも戦っていけそう。

編成パターン案あれこれ

ほぼほぼ前回記事からの延長線上のお話。

渾身などの別枠スキルに頼らずに減衰ダメージを捻出するには最終ソーンの奥義バフの比重が非常に高い事、光パが全体的に連撃バフが乏しいという点が大前提にあります。

●コロゥ剣メインベルセルク剣パ

個人的にはこれが一番オススメだったりする。連撃の弱い部分はほぼキャラ任せにしちゃう編成。

主人公はランページⅡでDA以上確定(3/6T)、セルエルは2アビでDA確定(3/8)。ビリビリおじさんことアルベールはステこそ低いが常時DA確定、奥義効果で2割の追撃効果持ち。

ソーンさんの連撃はどうしようもないが、メインバッファー、さらに2アビの弱体耐性ダウン効果がソロ前提だと重要でなんやかんや外せない。

運がよければ2T目からソーンさん奥義が発動可能。

渾身スキルへの依存度もかなり低いので、シュヴァ剣の高HPを活かして適当に立ち回れる気楽さは大きい。

ただしこの編成案、コロゥ剣をメイン装備にした場合はキャラの入れ替え要素がほぼ皆無。

オメガ剣の場合は多少融通は効くが、セルエル外してサンダルフォン、ヴェリトールといった剣キャラを検討する程度。

ぶっちゃけ麻痺が入るならこの編成で最初から最後まで行ける。ただどうしてだろう、絶対無効化される気がしてならない。

ちなみにベルセジータちゃんにしてコスモスATにするとこうなる。

HELLボスの痛さ次第ではあるもののセルエル、アルベールともに攻撃タイプなのでネタでなく検討する価値はあると思う。

●2T目ソーンさん奥義確定編成

アップリフト、セルエルで2T目にソーンさん奥義が確定する編成。剣3人染めもしやすく、麻痺耐性がガバガバな敵だったら非常に便利。

●レスラーxフェリxリミヴィーラorクリマリー砲

必須:フェリ、リミヴィーラorクリスマスマリー※クラリスちゃんはデバフ要員

リミヴィーラ(orクリスマスマリー)の1ターン確定TAを活かして、開幕ツープラトンで奥義ゲージを100%に。2T目からフェリの3アビを着火する作戦。これで5Tで合計6回の確定TAが叩き込まれる強力コンボ。

ただし光の主軸となる奥義バフが使えない事から装備がかなりものをいう。

ゼウスマンだとエデンの暴力が一番目に見えて出てくる編成。逆にガンバンテインが一切いらなくなっちゃうのはご愛嬌。

5Tで4000万ダメージ(HELL90のHP)にはちょっと届きそうにないものの、ゼウスマンが一番大暴れできそうな編成だと思う。

 

5Tの間に敵が酷いことしてこない限りは。

 

●アプサラス槍パ編成

水パの為に作ったオメガ槍などが流用出来る編成。

槍得意キャラのジュリエットは回復アビ2つ持ちなので、合わせて黄龍刀バフも使いやすいという事でジュリエットが基本軸。

曼珠沙華の渾身バフはかなり強力で、ソーンの奥義バフと交互に展開すれば減衰近いダメージを維持し続ける事も出来そう。

★楽しそうだが悩ましいヘルムヴィーゲ

英雄武器「ロムルスの槍」の最終形態「ヘルムヴィーゲ」は槍と斧のアビリティ効果が同時発動するとかなり面白い効果になっている。

水鳥を使っての渾身維持はもちろん、奥義の回転速度もかなり早いので高火力の出せるエデン編成なら4番手は渾身維持とダメージ上限目的にリミイオの採用も狙える。

ただし英雄武器の作成には属性を決めて作成が必要な上に、エンブレムも素材的に付け替えは楽にはできない。

エンブレムは水鳥の歌詠を使うなら天聖、狂信演舞を使うなら魔極で行きたいところだが、どちらがささるかは装備編成とボス次第な部分もあり一長一短。アビリティバフなどを駆使すればソーン頼りにならない編成も組めそう。

どれがハマるかは本番次第、悩む指輪候補

この他にも黒猫道士杖パ(槍パ)連撃の弱い光パはどうしてもオメガ武器(得意武器)を軸にキャラ編成が選びたくなる。

HELL90まではとりあえず剣パが入れば何とでもなりそうだが、後半の高レベル相手には槍キャラが活躍しそうな予感もあり、指輪を渡したい候補はかなり多い。逆にめちゃくちゃ痛い敵なら光グローリーが活躍する可能性も結構ある。

という事で出来る限り、編成のパターン数を広げておいて、実装後に行けそうな編成のキャラに指輪をあげる・・・というのが一番正しいとは思うのですが、ひゃー我慢できねぇ!って人はもう今の時点で剣か槍か杖かである程度決め打ちして編成作るのも手。