【闇属性古戦場特集】防御デバフ下限の組み合わせ例/闇パの重要アビリティ所持キャラ、編成例まとめ

いよいよ来週2月14日からは皆様ご存知!クラスの女子も男子もそわそわする恒例のイベント!

決戦!星の古戦場が開催されます!チョコとか知らねぇよ肉をよこすんだよ肉を!

そんなわけで今回も闇有利古戦場特集のキャラ編成編をお届け!

定番の防御デバフを下限まで持っていく為のデバフ性能まとめから、色んな一芸持ちをまとめて紹介。

現状の手持ちで作れる編成、敵の行動次第での編成などチャートの準備をちゃんとする作業にお役に立てれば幸い。

◆闇属性装備の入手方、装備編成の基本の考え方はこちらで

関連記事:【闇属性古戦場特集】目指せ闇有利古戦場!マグナ編成の装備編成完成までの道のりとハデス編成の移行考察


古戦場、キャラ編成準備

・防御デバフ準備編

・代表的な一芸班まとめ

・オメガ武器など特定条件の編成事情

◆記事追記、修正点

2/08 バッファーキャラにフォルテを追加

2/09 水着ゾーイの累積防御DOWNの値を5%→10%に訂正しました


■防御デバフ準備編

●闇属性の防御デバフまとめ

※Rキャラについては省略


●デバフ効果のおさらい

◆デバフの種類と効果枠について

★たくさんあるよ効果枠

通常デバフは「アビリティ片面枠」/「アビリティ両面枠」/「アビリティ累積枠」/「奥義枠」/「召喚枠」/が存在

属性デバフについてはアビリティ枠、奥義枠といった効果の枠は存在せず、「属性デバフ」という一つの枠しか存在しません。

★効果枠が違うと加算されて発揮する

効果枠が違えばそれぞれ効果は加算されて発揮されます。

例:片面15%+両面25%=40%

ちなみに属性デバフには枠の概念が存在しませんが、属性バフの方は効果枠が存在します。ややこしいね!

★まとめ

・効果枠が一緒の場合は「効果値の高いもので上書き」※同一の場合は相互上書き

・効果枠が異なる場合は全て加算されて発揮

・下限は50% ※一部例外あり、下限を突破した分は無効にはなっておらず、相手の防御バフと相殺が可能。

★公式動画でも簡単な解説あり

何言ってるか全くわっかんねーぜ!という人は

公式動画「今日からはじまるグラブル」中級者編第三回「アビリティと召喚石その①」でも簡単な防御デバフ解説回が登場したので、まずはここから見てみるのをおすすめ。見終わったら戻ってきて!


◆デバフ効果の上限値について

防御デバフ=通常防御デバフ、属性防御デバフで上限を共有する。合計で50%が最大

攻撃デバフ=通常攻撃デバフ、属性攻撃デバフで上限を共有しない。通常攻撃デバフは50%で最大

★属性攻撃デバフの効果について

属性攻撃デバフについては検証が進んだ結果「上限値を共有しない」のではなく「計算式の補正にかかる部分が異なる」というのが実際には正しいようで、属性相性部分に補正がかかっているようです。また、属性攻撃デバフには効果枠は存在しません。


◆同枠アビリティを使用した際の処理

・効果が高いもので上書き

・同値の場合は相互上書き

・効果が低い場合はNOEFFECT

※一部例外的な存在もあり

主な例外:主人公の奥義効果はデバフ効果量に関わらず、他のキャラクターの奥義効果で必ず上書きされる。(三寅斧など)

システム上は上書きの判定を「効果値」で判定しているわけではなく、アビリティ毎に設定された「上書き強度」(ユーザー間命名、マスクデータ)を元に判定しているのでは?と推測されています。


●防御デバフ下限の組み合わせ例

強力な片面枠を持つレディ・グレイ、ジャンヌダルクのお陰で下限を目指すのはかなり楽ではあるが、パターンとしてはかなり少なめ。

主人公がメカニック、レスラーなどの弱体成功率に補正のないジョブを選択した場合、ミストやアマブレが確定で成功しないことからキャラクターで完結させたくなるがその場合、一気にアザゼルさんが人権キャラと化す。ただし闇ゼタさんも15%持っている事から45%に敷居を下げるとかなり幅は広がる。

◆ジャンヌ1アビデメリット「不浄効果」について

自身にスリップダメージ(10%/最大1000)と奥義ゲージ-10のデメリットが発動する(3T)

自傷効果については背水パにとってはメリットにも出来るが、コンジャクションと重ねると2T目にあっさり落ちる事もあるので注意が必要。

奥義ゲージ-10%は並び順に気をつけないと、意図せぬチェイン漏れが発生する事もあるのでこちらも気をつけて。

◆主人公のデバフ確定問題

・主要な主人公の防御デバフの基礎成功率は80% ※ミゼラブルミスト、アーマーブレイク(アーマーブレイクⅡ)など

・マスターボーナス +7%(全取得時)

・弱体成功率LB★3 +5%

弱体成功率の補正が何もない場合「92%」がミスト、アマブレの基礎成功値となる。

※エリュシオンやカオスルーダーはさらに弱体成功率の補正が存在するため、容易に100%を超える事が可能

★安定して周回出来るラインを考える

92%が2回とも成功する確率=84.64%

87%が2回とも成功する確率=75.69%

完全に主人公任せだと大分きちゅい、大分きちゅいの。

★シャローム・ボウおりゅ?

パープル・スケールのイベント報酬「シャローム・ボウ」

紫水の至恩は闇属性の弱体成功率UP、メイン装備する必要はなく複数本の装備も可能。

2017/10/2に修正が入り、スキル効果はslvに関わらず2.5%(上限30%)

これさえ持ってれば主人公デバフが94.5%に・・・・!って全然安心出来る数字にならないやんけ!

一応3本積めば99.5%にはなるが、そこまでするならもうカオルにした方が早そう。

うううーーんそれでも犬狩りなどでどうしても主人公デバフが避けられない場合、倉庫から掘り出してくる価値はあるかもしれない。


◆弱体成功率について詳しく知りたい人向け

ポキールさんがTwitterで公開されておられる、グラブル弱体耐性効果量一覧のスプレッドシートが非常に参考になります。

100%入る状態を調べてみたい!といった細かい前提を知りたい人は必見の内容となっております。


★弱体成功率を踏まえての主なキャラクターのおすすめLB

弱体成功率LBの効果値:★1=5%/★2=8%/★3=10%

・レディグレイ:★3で確定※

・ジャンヌダルク:開幕の確定だけなら振る必要はなし※

・闇ゼタ:★3で確定※

・ヴィーラ:基礎75%なので★3振っても85%止まり※

※有利属性、ボスにデバフ耐性が存在しない場合

・アザゼル:★2x2

アザゼルさんの闇属性デバフ自体は100%だが、暗闇、毒の成功率が85%となっているため、サポアビ発動を確定させるためにも★2x2(16%)振るのがおすすめ。

ただし上記は全て有利属性、開幕時の初弾のみを想定している為、中~長期戦、他属性出張を考えるなら事情は変わってくる。属性出張が多い使い方をしている人ならジャンヌさんも★3振って損はなし。


敵の行動対策準備編

◆とはいっても誰が来るかはわかりません

HELLボスについては毎回一新されているためどんなボスが来るかは蓋を開けてみないとわからない感じになっています。

恐らく2/10公開のぐらぶるちゃんねるっ!で名前だけはわかりそうな感じですが…


⬛代表的な一芸班まとめ

◆マウント班

・ヴィーラ(SSR)

・アポロン(SSR/召喚石/4凸)

闇のマウントと言えばご存知ヴィーラさん。


◆クリア班

・カリオストロ(ハロウィンSSR)

・カタリナ(特典SSR/グラブルアニメBD第一巻特典)

・ロゼッタ(クリスマスSSR)

・カリオストロ(イベントSR)

・バアル(SSR/召喚石)

SSRでは限定キャラしか持っていないクリアオール。

マウントもヴィーラさんだけという事で、仮にデバフの厳しいボスだった場合は・・・今から胃が痛いのう。


◆スロウ班

 + 

・オリヴィエ(リミテッドSSR)

・黒騎士(リミテッドSSR)

・ヴァンピィ(SSR)

・レディグレイ(SSR)

・ナルメア(SSR)

・ヴァンピィ(SR)

・エリーゼ(SR)

・オリヴィエ(SSR/召喚石)

行動阻害の中でもスロウ班だけ格別に多かったので独立してまとめてみた。

その気になれば無限にスロウ出来そうなのが闇パ。


◆行動阻害班

・ヴァンピィ(SSR):魅了/スロウ

・黒騎士(リミテッドSSR):恐怖/スロウ

・オリヴィエ(リミテッドSSR):宵闇の恐怖/スロウ

・アザゼル(SSR):暗闇/毒

・ケルベロス(SSR):魅了/暗闇/灼熱/弱体耐性DOWN

オリヴィエの独自デバフ効果「宵闇の恐怖」はアップデートが予告されておりHPトリガー行動も含めた特殊技阻害するウーマンに。

引用元:これからの「グランブルーファンタジー」2018年2月号


◆ディスペル班

・ロゼッタ(クリスマスSSR)

・ヴァンピィ(SSR)

・黒騎士(リミテッドSSR)

こうして見ると本当にヴァンピィちゃん何でも出来るのを実感する。


●盾要員

◆カット班

・ザザ(SR):40%

・カタリナ(SSR):25%

・ジャンヌダルク(SSR):光属性20%(奥義効果、奥義ターン含めて3T)

・ダヌア(SR):反射(自身60%/全体20%)

お馴染み頼れるザザ兄貴、というかほんとに兄貴以外まともな壁がいない。


◆かばう班

・ザザ(SR)

・ベス(SR) ※防御型

・デリフォード(SR)

・スタン(SR) ※選択した単体キャラのみかばう

スタンくんだけキャラ選択しての単体かばう性能。ちょっと小物っぽいな

でもこういう人なのでしょうがないね!


◆奥義班

★ポンバアビリティ持ち

・存在せず

★奥義ダメージ上限UP効果持ち

アビリティポンバ持ちがいない事から、AT外のポンバは最近流行中のメカニック編成が中心になる。デバフに犬狩り編成にかなりアザゼルさんの大活躍待ったなし。

ちなみにヴァイトくんが持ってるのは奥義ダメージアップで上限アップ効果はなし、この辺についてはまた後日、1550万選手権記事にて解説予定。


◆バッファー班

 

・ジャンヌダルク:属性バフ(奥義効果、奥義ターン含めて3T)

・カリオストロ(ハロウィンSSR):攻防UP、連続攻撃確率UP(DA10%/TA5%)

・カリオストロ(恒常SSR闇ガチャver):全体クリティカル、全体攻防バフ、属性バフ、被回復量アップ

・フォルテ:属性バフ

・水着ゾーイ:コンジャクション

自傷アビリティはバフだって誰かが言ってたから水ゾちゃんはここに。

カリおっさんは全体再生持ちという事で、日頃の背水編成としてはあまり使われていないが、バッファーとしては破格の性能。

HELL後半は特に背水維持も厳しくなりそうな事から育てておいて損はなさそうな性能はしている。

全体の連続攻撃確率UPバフはハロおっさんしか持ってない上にしょぼいが、闇キャラは自己強化で持っているキャラが非常に多い。

※追記 フォルテちゃん漏れていたのを追加しました


●オメガ武器など特定条件の編成事情

◆古戦場名物ゾンビアタック

蘇生薬の効果はHP25%での蘇生。

背水で低HP維持して戦うのが難しい?逆に考えるんだ。死んじゃってもいいさと


●オメガウェポン編成

◆SSRキャラクター得意武器まとめ

◆無垢/オメガの作成制限について

・無垢武器の作成に必要な「オメガの器」はアルバハN、アルバハHLの初回自発報酬としてそれぞれ1個ずつ入手が可能=現状は1人2本までが所持上限

・武器をエレメント化する事で、オメガの器が返却されるので作り直しは可能

・ガフスキー/ガフスキーΩは上書きで差し替えが可能

追加スキル部分は後からでも任意に差し替えが可能、ガフスキーΩの方はアルバハHL周回勢なら状況に応じて差し替えも出来そうな感じ。

ただし属性や武器種を変えたい場合は作り直しが必要。

オメガウェポンの作成には武器と属性エレメントがそれぞれ500個、プシュケー30個などかなり重い事から作り直しについては容易ではなく、それなりに覚悟は必要。

★闇パおすすめオメガ編成

水ゾも得意な大正義剣編成、対抗はシスたそ、アザゼルなどの強キャラの多い格闘編成が対抗。


★オマケの小ネタ、ナルメアさん2アビの上書き関係

◆0状態(7%)はSR闇おっさん(片面10%)と相互上書き。

◆1状態(14%)でSR闇おっさんはノーエフェクトになり、ヴィーラ(片面15%)とは相互上書き

◆2状態(21%)でヴィーラもノーエフェクトになる

デバフの上書き関係は厳密には効果値ではなくて、アビ毎に上書き強度っぽい数値が設定されていて、そこで判定している~、という説の良い例になるかもしれない。


古戦場開幕まで追加、修正を予定しております。

取り上げ漏れのあるキャラクター、内容の誤りなどありましたら突っ込みどしどしお願いします。