【グラブル】新verのミムルメモルは笛をなくしたやさぐれメモル…解放後もやさぐれとるって事は…続編フラグやな!

公式ページ、新キャラ追加日恒例の17時更新が入りました。キャラクターのプロフィール情報、アビリティの詳細情報等が掲載されています。

引用元:新キャラクター紹介!「メリッサベル」「ミムルメモル&切り株」

 

■プロフィール&アビリティ情報

●ミムルメモル&切り株(CV:小林由美子)

m2_246333z (1)

年齢:不明
身長:不明
種族:ハーヴィン
趣味:謎
好き:謎
苦手:謎

※クロニクルVol07より

ss003394

公開情報一切増えとらん!

不思議な笛吹き少女、ミムルメモル。大きな笛も切り株も、そこにある理由は全て謎に包まれている。無表情で多くを語らず、演奏を通して周囲との意思疎通をはかる。
たまたま知り合った主人公達と、なんだかわからないが同行することになった。彼女なりの動機はあるのだろうが、特には語らず、気ままに空の旅路を楽しんでいた。

だがそんな中、彼女は笛を失くしてしまい、塞ぎ込んでしまう。
そこで切り株は決意した、彼女を救おうと。いつからか自我が芽生えた切り株は、いわゆる精霊的存在。たまたま通りかかったミムルメモルに、台座として有効利用されることにより、第二の人生を歩み出すことになった。
切り株は人間と意思疎通する術はないが、それでもミムルメモルを「お嬢」と呼んで大切に思い、陰ながら支えている。もちろん、ミムルメモルはそのことを知る由もない。

※「ミムルメモル&切り株」と「ミムルメモル」は、同一パーティに編成することができません。

 

杏ちゃんキャラだと思ったら巴ちゃんキャラだった。

攻撃タイプ、脳筋アビになってしまった理由は笛をなくしてしまったからという事で、上限解放後の画像もやさぐれたまま。

って多分、笛が見つかる事は今回のキャラ追加ではないままの模様。

つまりこれはさらなる続編が出るフラグ。

 

2017年SSRミムメモ追加にご期待ください!

病みメモちゃん可愛いすぎる。抱きしめたい、ああもう切り株くんになりたい。

 

◆アクションアビリティ◆
ロードランナバウト 敵に風属性ダメージ
◆オーバーヒート累積値に応じて性能UP
【Lv45で性能強化・ターン短縮】
使用間隔:6ターン→5ターン

ミムルメモル、というか切り株は各アビリティを使用する度に「オーバーヒート」効果が累積していきます。「オーバーヒート」は毎ターン終了時にダメージを受けるというものです。(サンクション状態のマギサと同じです)
「ロードランナバウト」に関しては、そのオーバーヒートの累積具合に比例してダメージが上昇するというものになっています。なので、できるだけオーバーヒートしてから発動するのがおすすめです。

バックファイア 自分の奥義ダメージUP(1回/累積)/オーバーヒート(累積)
【Lv65で性能強化・ターン短縮】
使用間隔:4ターン→3ターン

こちらはオーバーヒートと同時に奥義ダメージUP効果が累積します。奥義を発動させるとオーバーヒートは解除されるので、積極的に使っていきたいアビリティです。

シフトアップ 自分の攻撃UP(累積)/オーバーヒート(累積)
使用間隔:3ターン  効果時間:5ターン

こちらはオーバーヒートと同時に攻撃UP効果が累積します。「ロードランナバウト」にも奥義にも影響してくるので、これまた積極的に使っていきたいアビリティです。

◆奥義◆
gran-matome_002_246333z-480x279

???? 風属性ダメージ(大)/オーバーヒート解除

切り株が「車輪パァァンチ!!」と叫びながら車輪で殴りかかるんですが、そのあとも色々あり……というところでこんな奥義名になりました。何が起こるかはぜひ見てみていただければ……

◆サポートアビリティ◆
爆走キリカブ 攻撃UP

攻撃力がUPします。

 

 

通常verはDAアップ、デュレーション、ブレイク延長と対ゆぐまぐ絶対殺すマンとして超絶優良性能のSRキャラでしたがこっちは相当ピーキーな性能。

とことんオーバーヒートさせてからの爆走キリカブ。うーん楽しそう。

メリッサベルもだけど、地味にリーシャとの兼ね合いが意識されてる感はちょっとある。

 


 

●メリッサベル(CV:三上枝織)
m_246333z
年齢:23歳
身長:98cm
種族:ハーヴィン
趣味:家族、とうもろこし
好き:髪の毛のお手入れ、森林浴
苦手:鋏

メリッサベルは、とうもろこしで栄える小さな国の姫として生まれる。代々この一族には、数百年に一度、髪の長い姫が生まれ、その姫の髪に宿る力は、不治の病を治し、この世の幸福を手にすることができると信じられてきた。伝承でしかなかった「髪長姫」だったが、彼女が生まれたことで伝承は現実であると考えられ、その髪を狙う輩が現れ、国に争いが生まれ、姫は危機に見舞われることになるのだが、姫はその争いを終わらせるために一人行方を暗まし、人目を避けて一人きりで生きてきた。
実家には伝書鳩ならぬ伝書梟がおり、メリッサベルが主人公一行と出会うまでは梟のビアンコだけが話し相手だった。
栄養をほぼ髪に持っていかれる為、常に空腹状態。とうもろこしが髪に溜められている“ぱわー”の源である。

切り株の精霊じゃなかった!後ミムメモの関係者でもなかった。

実際かなりの美人さんではございますが今日は日が悪い、またにしてくれ。

 

◆アクションアビリティ◆
コンティニュウム 自分が即座に奥義発動可能
◆最大HPの20%を消費
【Lv55で自分のクリティカル確率UP効果追加】
使用間隔:11ターン

HPを消費しますが、奥義ゲージが100%になります。奥義の追加効果に「アビリティ再使用間隔を2ターン短縮」があるため、見かけよりは短い間隔で再使用が可能です。

ライトセイヴィアー ターゲットに関わらず5回単体ダメージ
◆使用する度に攻撃回数UP(最大10回)
【Lv75でターン短縮】
使用間隔:7ターン→6ターン

 

レフトセイヴィアー ターゲットに関わらず6回単体ダメージ
◆使用する度に攻撃回数UP(最大10回)
使用間隔:6ターン

 

使用する度に攻撃回数が増加するアビリティです。複数の敵に対してはダメージが分散しますが、敵が1体だけの場合は全てヒットし、奥義に匹敵するようなダメージを出すことができます。
Lv45で出現するフェイトエピソードをクリアすることで習得できる「レフトセイヴィアー」は、「ライトセイヴィアー」よりも初期状態のヒット回数が1回分多い上に使用間隔も短いので、メリッサベルが真価を発揮するのは「レフトセイヴィアー」を使えるようになってからかと思います。

◆奥義◆
001_246333z

五月乱髪 風属性ダメージ(特大)/自分のアビリティ再使用間隔を2ターン短縮

 

◆サポートアビリティ◆
自動迎撃毛刃 残りHPが少ないほどカウンター確率UP

 

黄金の艶めき 被ダメージ時に稀にアビリティ再使用間隔を1ターン短縮

アビリティでHPが削れるのはデメリットばかりではありません。カウンター発生確率が上昇するようになりますが、被ダメージを受けた場合でも確率でアビリティ再使用間隔短縮が発動する場合もあります。
つねにちょっとHPが減ってる状態くらいがメリッサベルは丁度いいかもしれません。